日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

カメラ入門|F値と絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

 
カメラ入門|F値と絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は『カメラレンズ』における『F値』『絞り』についてご紹介させていただきます。

今回は『絞り』の基本的な役割を学んで、写真撮影で活かせるようにしていきましょう。

絞りとは光の量をコントロールすること

カメラのレンズには、光の量を調整するために『絞り』がついております。

光の量やピントが合う範囲をコントロールすることができることを『絞り』と言います。

この『絞り』『開閉』することで写真の光の量を調整することができる。

肉眼で見るカメラレンズの絞りの開閉

絞りを閉めた状態

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

絞りを開放した状態

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

上記の写真は実際に絞りを開閉した写真になります。

肉眼で見れば一目瞭然ですが、絞れば絞るほど必然的に光を取り込める量は少なくなりますよね。

逆に『開放』した場合は、全開で光を取り込むことができます。

レンズそのものの明るさは『F値』と呼ばれております。

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

F値を変えた写真の違い

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

てつや

なぜスペリオルドラゴン?

レンズの絞りを開放して明るい写真が撮影できます。

F値の大きいほどレンズの絞りを閉じるため、暗い写真になります。

上記の写真はF値を変えて模型を撮影した写真ですが、レンズの絞りを開放すればするほど写真は明るくなります。

明るいレンズって何??

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しようカメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

よくいろんなカメラのサイトや書籍などで、『レンズが明るい』と聞いたことはないでしょうか?

全てのレンズにはそれぞれ個性と特性があります。

そのため『F値』の値も当然異なります。

それは『F値の数値が低い』ことを表し、暗い場所でも明るく写真が撮影できます。

『F値』が低い、『明るいレンズ』の特徴として

背景ボケを活かした写真が撮影できる

  • シャッタースピードを上げることができる(光を多く取り込むことができるため)
  • F値が低いレンズはより多くの光を取り込む優秀なレンズであるため、価格が高い場合が多いです。

価格20万円越え!SONYのGマスターレンズ

F値の低いレンズでボケを活かした写真撮影

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

モデルと背景のボケ味が大きく異なる

別記事でご紹介しますが、低いF値でポートレート写真を撮影してモデルと背景のボケ味を活かした写真を撮影することができます。

『広角レンズ』と『単焦点レンズ』を変えた撮影の違い

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

F値を絞ってモデルと背景にもピントを合わせる

ピントは『点』ではなく『面』で合います

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

ピントと聞くと、特定の一部分にしか合わないと思うかもしれませんが、実は『面』で合っております。

下の写真が実際の例をあげますが、酒屋で撮影した3枚の写真になります。

真正面から撮影|酒棚全部にピントがあっている状態

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

酒棚にピントを合わせて撮影しました。

この場合、カメラとは『面』でピントが合います。

真正面から撮影②|手前のお酒にピントが合っている。

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

同じように正面から撮影した写真ですが、手前にある数本の酒ビンに合わせてあります。奥の酒棚はボケています。

こちらは酒棚にピントが合わせているので、その面全部が撮影できております。

斜めから撮影|ピントが合っているところとそうでない

カメラのF値|絞りの基礎を学んでピント範囲と光の量を自由に調整しよう

こちらは斜めから撮影した写真になります。

奥行きがあるので、ピントが合っているところとそうでないところがありますよね。

まとめ

カメラ初心者で慣れないうちは

  • F値
  • シャッタースピード
  • ISO

などどれをどう組み合わせていいかわからないと思います。

ひとつずつ根本の仕組みから理解することで慣れていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.