Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はMacの映像編集ソフト『Final Cut Pro X』で『映画のような黒枠』をつける方法についてご紹介します。

黒枠をつけると見栄えが変わる!

黒枠のイメージはこんな感じですね。

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

黒枠なし

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

黒枠あり

少しオーバー気味に大きめの黒枠にしております。

黒枠ありとなしだと雰囲気が変わりますよね。

最近は『V-log』と呼ばれるビデオブログが流行ってますので、個人でも『映画』のような雰囲気で映像を作る方が増えてきました。

では黒枠の作り方をご紹介します。

黒枠の作り方ステップ1|黒い画像を作る・探してくる

といってもFinal Cut Pro Xの機能を使って黒枠をつけるわけではありません。

極めて原始的な方法を使います。

グーグルの画像検索で『黒い画面』で検索し、黒い画像を探してきます。

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

そこから『黒い画像』を探してきます。

まあただの黒い画像なので、著作権的なもので突っ込まれることはさすがにないと思いますが、自分で作るのもあります。

MacだったらKeynoteやパワポなんかで作ってもいいと思います。

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

というわけで黒い画像をゲット!

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

ステップ2|Final Cut Pro Xに黒い画像をドロップ&ドロップ!

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

あとはFinal Cut Pro Xに黒い画像を『ドラッグ&ドロップ』します。

そうすると画面全体が黒い画面で覆われます。

黒い画像を両端に移動させる方法

まずは黒い画像をクリックします。

クリックして黄色い枠がつきます。

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

変形ツールで移動させる

下写真の青くなっている部分が変形ツールです。

ここをクリックすると黒い画面を移動させることができます。

Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法 Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

あとはお好みの位置まで移動させるだけです。

黒枠は画像は画面ちょうどの大きさなので、少し大き目に変形してからの方がいいかもしれません。

というわけで完成!

てつや

ちょっと大きさずれてるやつないか?

吉武

バレましたか。Final Cut Pro Xの機能で一発で調整できる方法知ってる方がいましたら教えてください。



スポンサーリンク






Final Cut Pro Xで映画のような『黒枠』をつける方法

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。