キャッシュレス

【AirPay】お店に中国人観光客でも対応可能なキャッシュレス決済の導入方法

【AirPay】お店に中国人観光客でもキャッシュレス決済を導入する方法
吉武編集長
吉武編集長

2020年東京オリンピックに向けて、年々増え続けている外国人観光客。

特に中国から来る観光客は年々ものすごい数が増えております。

元々日本自体、キャッシュレス決済が広まりにくい風土でしたが、東京オリンピックをはじめ、海外から来る観光客は年々増え続けております。

外国人・中国人観光客でもスムーズにお会計ができるシステムを整えておくと、お店側にもお客側にも大きなメリットがあります。

てつや
てつや

今回は、外国人観光客・中国人観光客の方でもスムーズにお会計できるAirPayを紹介するぞ!

【AirPay】ひとつで外国人・中国人観光客に対応できる

「AirPay」とは何か?

サービス名AirPay(エアペイ)
運営会社リクルート
公式URLhttps://airregi.jp/payment/
月額固定費0円
振り込み手数料0円
決済手数料3.24%~3.74%(業界最安値)

公式ページ

Airペイは、iPadかiPhone専用のカードリーダー1台を使って

  • クレジットカード決済
  • スマホ決済
  • 交通系電子マネー
  • 「iD」「QUICPay」など
  • Apple Pay

などの支払いが行える決済システムです。

吉武編集長
吉武編集長
では次にそれぞれ対応しているサービスを紹介します。

必要なもの

【AirPay】外国人・中国人観光客向けキャッシュレス決済
AirPay導入に必要なもの
  • iPad/iPhone
  • 専用のカードリーダー
  • AirPayのアプリ

AirPayに必要なものは上記3種類です。

サービスに申し込むと、専用のカードリーダーが届きますので、店舗用のiPadに専用アプリをインストールすることで簡単に使うことができるようになります。


日本は遅れてる!世界や中国のキャッシュレス事情

キャッシュレス決済はすでに世界中で当たり前の支払い方法になっております。

韓国は約96%、イギリスでは68.4%、中国では約60%と世界中でキャッシュレス決済は当たり前になっております。

日本は先進国でありながら、いまだ20%程度の普及率であり、かなり後れを取っております。

てつや
てつや

海外など現地では日本人が現金でお金を支払おうとすると嫌な顔をされるぞ!

中国ってどんなキャッシュレス決済を使ってるの??

【AirPay】外国人・中国人観光客向けキャッシュレス決済
  • 微信支付:WeChatPay
  • 支付宝:ALIPAY
吉武編集長
吉武編集長
見慣れないロゴだと思いますが、上記2つが中国では超メジャーなキャッシュレス決済サービスの2つになります。

中国国内のキャッシュレス市場シェアは?

【AirPay】外国人・中国人観光客向けキャッシュレス決済

上記の表からわかる通り、中国国内のキャッシュレス決済市場の「9割がALIPAY・WeChatPay」になります。

つまり日本国内でも上記2種類の支払いに対応できる決済システムがあれば、中国人観光客の方もストレスなく買い物をすることができるようになるわけです。

吉武編集長
吉武編集長

ALIPAY・WeChatPayに対応できれば、まずオッケーです!

日本に来る中国人観光客、スマホ決済導入の必要性

【AirPay】外国人・中国人観光客向けキャッシュレス決済 【AirPay】外国人・中国人観光客向けキャッシュレス決済

グラフや数字を見ていただければわかるように、年々訪日中国人は増え続けております。

2017年の中国人観光客の旅行消費金額は「1.7兆円」、一人当たり「23万円」もの金額を使っている計算になります。

店舗や立地などによってはすでに多くの外国人観光客が訪れるお店もあると思いますが、外国人でもスムーズに決済できるAirPayなどを導入する必要があります。

てつや
てつや

別サイトに、中国でなぜここまでキャッシュレス決済が広がったのか、まとめておいたぞ!

なぜ中国ではここまでキャッシュレス決済が進んだのか?4つの理由で解説

「Airペイ」で支払うお客のメリット

  • 現金は管理が手間
  • 両替をする手間が省ける
  • ATMで引きおろす手間が省ける
  • スマホでお金の管理が簡単
  • お店での決済も楽々
吉武編集長
吉武編集長

キャッシュレス決済に慣れると現金は本当に手間に感じます。

お金が足りなくなると、手数料を払ってATMでお金をおろしたり、小銭の管理も本当に面倒です。

「Airペイ」を導入するお店のメリット

  • レジでの時間短縮になる
  • 外国人など言葉が通じなくても会計はできる
吉武編集長
吉武編集長

1番のメリットはレジでのハンドリングコストの削減です。

また外国人など言葉が理解できず、時間や労力がかかってしまうと、その分対応に時間がかかります。

飲食店などピーク時に人員が不要な対応に追われることは避けるべきことと言えるでしょう。

てつや
てつや

これからイレギュラーに増える可能性がある外国人だから、キャッシュレス対応はしておいた方がいいな。

対応クレジットカード

【AirPay】外国人・中国人観光客向けキャッシュレス決済
対応クレジットカード
  • VISA
  • マスターカード
  • アメリカンエクスプレス
  • JCB
  • ダイナーズクラブ
  • DISCOVER

対応スマホ決済

【AirPay】外国人・中国人観光客向けキャッシュレス決済
対応キャッシュレス
  • ALIPAY
  • WeChatPay
  • LINE Pay
  • d払い
  • メルペイ

先に紹介したように「Alipay」「WeChatPay」がほとんど中国人が使用しているスマホ決済サービスになります。

他にも「LINE Pay」や「d払い」のスマホ決済に対応しております。

まとめ

サービス名AirPay(エアペイ)
運営会社リクルート
公式URLhttps://airregi.jp/payment/
月額固定費0円
振り込み手数料0円
決済手数料3.24%~3.74%(業界最安値)

公式ページ

というわけで「AirPay」の紹介と中国の決済事情について簡単に紹介させていただきました。

元々日本自体、キャッシュレス決済が広まりにくい風土でしたが、東京オリンピックをはじめ、海外から来る観光客は年々増え続けております。

外国人・中国人観光客でもスムーズにお会計ができるシステムを整えておくと、お店側にもお客側にも大きなメリットがあります。


2019年お得なキャッシュレス決済の流れはこう!
【2019年消費税10%対策】知らないと損する最強のキャッシュレス決済テクニックキャッシュレス決済の場合は5%バック予定消費税10%にあわせて、日本政府はキャッシュレス決済をする人に対して9か...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。