日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローン入門|ベテランでも忘れがちな飛行前10の安全確認項目

 
DJIドローン入門飛行前10の安全チェック項目【入門者向け】
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローンを飛ばす前には安全点検をしましょう

【東海空中散歩in岐阜】ドローンの飛行会を実施しました。

ドローンの普及に伴って、今では誰でも手軽に入手可能となりました。

価格も安くなり、性能も日々向上し続けております。

当然、安全性能も日々進化しておりますが、それでもドローンの墜落事故というものは絶えないものです。

ドローンを安全に操縦するためには、最低限度必要な知識と技術が必要になってきます。

そこで今回はドローンを安全に操縦するために必要なフライト前の点検事項と飛行環境についてご案内していきます。

ドローンおじさん

10項目に分けて紹介するよ!

1:ドローンのプロペラは正確に装着されているか?

ベテランでも意外と忘れがちなドローンフライト前10の安全チェック項目【入門者向け】

DJIのドローンのプロペラには『黒』『白』の2種類タイプがあります。

プロペラと取り付け部分の色を合わせて正確に設置しましょう。

またプロペラをはめ込む時は一つずつ確実に行いましょう。

吉武

プロペラの取り付けがちゃんとできていないと、始動と同時にタケコプターのように飛んでいってしまいます。

2:プロペラに破損はないかチェックします。

ベテランでも意外と忘れがちなドローンフライト前10の安全チェック項目【入門者向け】

またプロペラにヒビや欠けなどが生じていないかをチェックしておきましょう。

またphantom・Mavic PROなどのドローンのプロペラはプラスチックでできているため半年程度使用を続けていると少しずつ経年劣化し、もろくなっていきます。

プロペラの強度も弱くなっていくため、チェックし違和感があれば交換しましょう。

ドローンおじさん

プロペラは「消耗品」と理解しましょう。

吉武

予備のプロペラは必須ですね

3:送信機とドローンの電源を入れて、ドローン本体そのもののセルフチェックに異常がないかをチェックします。

Mavic PRO(マビック プロ)のIMUキャリブレーション方法を解説。

まず電源を入れる手順は、

送信機➡︎ドローン

の順番で行いましょう。

ドローン本体の電源を先に入れると万が一でも誤動作を行う可能性があるためです。

ドローンおじさん

細かい安全習慣が大事なのじゃ

てつや

コントロールできる方を先に電源いれるべきということだな。

そして電源を入れるとドローンはセルフチェックを自動的に開始します。

その時に異常がないか確認しましょう。

DJIのドローンであれば、異常があれば通常とは違うLED点滅がされるはずです。

4:GPSシグナルの状態を確認します。

ベテランでも意外と忘れがちなドローンフライト前10の安全チェック項目【入門者向け】

GPSシグナルは上記写真の赤丸部分で確認できます。数字はGPSを何個感知しているか示しております。

アンテナが3本以上になっていることを確認しましょう。

またGPSを10個以上感知していることが望ましいです。

ドローンおじさん

GPSの受信数が少ないとはじめはGPSモードでも急に ATTI(完全手動モード)になる可能性があるぞ

5:送信機のバッテリー残量も確認しましょう。

意外と忘れがちなのが、送信機のバッテリー残量になります。

こちらもしっかり充電されていることを確認しておきましょう。

送信機のバッテリー残量はプロポの電源ランプを見ることで確認できます。

さらにタップすることで、バッテリー環境の状態をチェックすることができます。

ベテランでも意外と忘れがちなドローンフライト前10の安全チェック項目【入門者向け】

引用:DJI JAPAN Support

寒冷地などバッテリー温度が低すぎる場合、警告が出ますので、その場合は事前にバッテリーを温めるなどの余熱作業が必要になります。

気温などの環境も大いに作用してきますので、注意しましょう。

6:HD画面をチェックしましょう。

ベテランでも意外と忘れがちなドローンフライト前10の安全チェック項目【入門者向け】

引用:DJI JAPAN SUPPORT

画像転送チャンネルを干渉状態をチェックしましょう。

写真のように画面の大部分が「レッドライン」になっている場合、

「電波の干渉が大きい」ことを意味していますので、ドローンのフライトは控えるようにしましょう。

電波干渉が原因で墜落する事故も増えつつあります。

また電波干渉が原因の場合で事故が行った場合、操縦者が「なぜドローンは墜落したのか?」理解できない場合が多いものです。

この辺りも事前の知識の有無で大きく差が開いてしまいます。

HD画面のチェックもしっかり行うようにしましょう。

吉武

いろんな場所でチェックしてどういう地形や環境が電波が強いのか経験を積みましょう!

7:画面が緑色になっていることを確認しましょう。

ベテランでも意外と忘れがちなドローンフライト前10の安全チェック項目【入門者向け】

吉武

ドローン初心者のうちは必ず『緑色』の状態になっていることを確認しましょう。

てつや

オールクリア!

8:コンパスキャリブレーションを行いましょう。

Mavic PRO(マビック プロ)|ドローンフライト前のチェック事項を解説

コンパスキャリブレーションの実施頻度に関して

  • フライト毎に毎回行う。
  • アプリからの警告に従って行う。
  • 金属などに囲まれた環境に長時間放置した場合に行う。

などプロのドローン操縦士でも意見が分かれるところですが、DJI社ではフライト毎に行うことを推奨しております。

個々人で正確な判断ができない場合は、毎回コンパスキャリブレーションを行うよう習慣付けしたほうが無難と言えるでしょう。

ドローンおじさん

今DJIの最新バージョンでは必要な時、キャリブレーション表示がされるようになりました。

コンパスキャリブレーションの実施方法は以下の記事を参考にしてください。

9:コンパスキャリブレーションに成功した場所をドローンのフライト場所にしましょう。

ドローンプロペラガード

10:ドローンのプロペラの回転を開始、「ホームポイントが更新されました。」音声確認する。

実際にプロポよりドローンの起動を行うと、

「ホームポイントが更新されました。」

を音声でお知らせがあります。

それはホームポイントの更新が成功したことを意味します。

画面上でも表示されますので、しっかり確認していきましょう。

まとめ

GPSの受信状況やバッテリーの温度・電波の干渉状況にまでチェックしている方は意外と少ないような印象です。

特にドローンを始めたばかりの方は、その辺りの理屈なども含めてすぐには理解しづらい部分も大いにあると思います。

始めはしっかりと理屈まで完全に理解することは難しいものですが、日々のフライトよりチェックすることを習慣付けることで理解が深まることでしょう。

ドローンは誰でも気軽に購入し、扱えるようになった今だからこそ基本を忘れずに操作していきたいものです。

DJIの空撮用ドローンの紹介はこちら

飛行前の確認及び飛行環境選択|DJI Japan Supprt

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.