Mavic

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

DJI MINI2を使いこなそう!!

発売元DJI
製品名DJI Mini2(マビックミニ2)
予約開始日2020年11月05日~
価格通常版:59400円(税込)
フライモアコンボ:79200円(税込)
重量日本版:199g
海外版:249g
サイズ(展開時)245×289×56 mm
サイズ(折りたたみ時)138×81×58 mm
カメラセンサーサイズ1/2.3インチCOMS
有効画素数12MP
レンズ画角24mm
絞りF2.8固定
動画性能4K 24/25/30fps
2.7K 24/25/30fps
フルHD  24/25/30/48/50/60fps
カメラジンバル3軸ジンバル
最大飛行時間日本版:18分
最大風速抵抗レベル5(8.5〜10.5 m / s)
Mavic Air2と同じレベル
専用アプリDJI Fly
映像伝送システムOcuSync 2.0
最大伝送距離6km

詳細ページ

吉武編集長
吉武編集長

今回は2020年11月5日に発表されたDJI MINI2についてその使い方を徹底的に紹介していきます。

動画で見たい方は以下のYouTubeを参考にしてください。

【4K】DJI MINI2でこんな絶景が空撮できるぞ!

吉武編集長
吉武編集長

実際の映像はこちら!

空撮用ドローンなので、バッチリ絶景を空撮できます。

【初心者向け】ドローンの事前準備

セット内容の確認

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法
吉武編集長
吉武編集長

まずは入っているセット内容の確認をしましょう。

上記はフライモアコンボになります。

バッテリーの充電方法

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

ドローンを飛ばすためにバッテリーを充電する必要があります。

付属の充電器で充電をしましょう。

それなりに時間がかかるので、余裕を持って充電しておくことをおすすめします。

【これは便利】モバイルバッテリーから充電可能

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法
吉武編集長
吉武編集長

屋外などでは、電源の確保に苦労しますので、助かりますね。

モバイルバッテリーもしっかりと準備しておくと、3コのバッテリーでも余裕を持ってドローンを飛ばすことができますよ。

ドローンを飛ばしている間にすぐに充電しておくと、何度もサイクルを回して飛ばすことができます。

【もう迷わない】アンカーのおすすめモバイルバッテリーベスト5【2019年最新版】
【もう迷わない】アンカーのおすすめモバイルバッテリーベスト5【2020年最新版】アンカーのモバイルバッテリー 売れ筋を全部買ってみた!! ANKERとは?米Google出身メンバーで創...

プロポの充電方法

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

ドローンを操縦するために必要な『プロポ(送信機)』の充電をします。

プロポ本体の下部に『USB-C』の差し込み口がありますので、充電をしましょう。

ドローン本体のバッテリーと同様に忘れずに充電をしておきましょう。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

こちらも事前に充電しておく必要があります。

『DJI Care Refresh』加入のすすめ!

『DJI Care Refresh』とは
  • 操作ミス
  • 水没
  • 落下による破損
  • シグナル干渉
  • RTH時の衝突

などドローンの故障をサポートする独自アフターサービスです。

吉武編集長
吉武編集長

DJI Care Refreshは、購入したドローンが1年以内にの正常使用時に製品の破損が発生した場合、低価格で最大2回まで交換サービスを受けることができるアフターサービスプランになります。

詳しくはDJI公式サイトをご覧ください。

DJI無償付帯保険に登録しよう!

エアロエントリーで保険の加入

『Mavic2PRO(マビック2プロ)』開封・初期設定方法を初心者向けに解説!画像出典:エアロエントリーより
吉武編集長
吉武編集長

DJIのドローンには1年間保険が付いています。

これはドローンの機体保険ではなく、もし第三者や財産に損害を与えた時のための保険になります。

エアロエントリー株式会社が担当してますので、そちらから申し込みください。

【初心者必見】Mavic Mini(マビックミニ)の初期設定方法を丁寧に解説

ドローンを購入したら、必ず『無償付帯保険』に登録しておきましょう!

買ったら自動で保険適用になるわけではなく、自分で申し込む必要があります。

自分専用のコード番号は購入した外箱に記載されております。

スマホに『DJI Fly』のアプリをインストール

専用アプリ『DJI Fly』をインストールしよう!
吉武編集長
吉武編集長

『DJI Fly』というアプリをスマホにインストールしましょう!

DJI MINI2は今までのDJI GO4とは異なるアプリを使います。

事前にお手持ちのスマホに合わせて、アプリをインストールしておきましょう!

いざドローンを飛ばすときにアプリが落ちてないと結構面倒です。

アプリの使い方

吉武編集長
吉武編集長

アプリを使いこなすと、撮影機能をフル活用することができます。

ぜひじっくり覚えましょう!

バッテリーとマイクロSDカードをセットしよう!

バッテリーのセット方法

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

ドローン本体の後方部が開きますので、そこから充電したバッテリーをセットしましょう。

バッテリーの向きもありますよ。

マイクロSDカードのセット方法

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

もうひとつ忘れてはいけないのが『マイクロSDカード』です。

ドローン本体のお尻の部分にマイクロSDカードをセットできます。

ドローンで空撮したデータを保存するのに必要ですので、忘れないようにセットしましょう!

マイクロSDカードを忘れずにセットしよう!

ドローンを飛ばした後に気がつくと、なかなか手間なので忘れないようにしましょう。

サンディスクのマイクロSDカードがおすすめです。

128GBも使わないので、32GBか64GBくらいがコスパがいいです。

【おすすめ】意外と知らない「SDカード&マイクロSDカード」正しい選び方 SDカード マイクロSDカード について分かりやすく紹介していきます。 SDカードとマイクロS...

【空撮入門】DJI MINI2の操縦方法をマスターしよう!

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

では次に、「」の初期設定を行います。

ドローン本体とプロポの電源を入れる

DJI Flyのアプリを起動。

するとアプリ上で初期設定をすることができます。

ドローンの電源を入れる方法|1回短押し2回目長押し

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

ドローン本体もプロポの電源の入れ方も『1回短押し2回目長押し』が基本です。

ドローンは空を飛ぶものですので、簡単に電源が入らないように設計されております。

電源ボタンはドローンの基底部にあります。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

プロポの電源は上記写真を参考にしてくださいね。

ドローンの基本の動きを学ぼう!

ドローン基本の動き
  1. ホバリング:空中静止
  2. エレベーター:前進・後進
  3. スロットル:上昇・下降
  4. エルロン:左右への移動
  5. ラダー:回旋移動

ドローンには、基本の動きがあります。

5つの基本動作を組み合わせることで、ドローンは360度自由に空を飛ぶことができます。

動画で見るドローンの基本動作|エレベーター・スロットル・エルロン・ラダードローンの基本動作を動画にしました。 すでにドローンを持っている、操縦している人から見ればなんてことない基本の...

カメラは上下にチルトします。

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法

ドローンのカメラは機体正面についております。

プロポの左上のダイヤルを回すことで、上下に動かすことができます。

ドローンの操縦方法

ドローンの離陸方法

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

プロポのスティックを写真のように斜めに入れると、プロペラの回転が始まります。

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法
吉武編集長
吉武編集長

この時点では、ドローンは浮き上がらずに地面に着いたまま、プロペラが回転をはじめます。

操縦方法|モード2の場合

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

ドローンの操縦方法は上の写真の通りになります。

DJI推奨で初期設定は「モード2」になっております。

「モード1」「モード2」「モード3」「カスタム」と好みに合わせてモード選択を切り替えることができます。

モード1~モード4まで切り替え可能

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

操縦モードの切り替えは、『DJI Fly』アプリ画面から簡単に変更できます。

好みに合わせて操縦モードを変更しましょう。

【4K】DJI MINI2の空撮作例

吉武編集長
吉武編集長

実際に空撮してみました。

これだけコンパクトでも「4K」映像が撮影できるなんて時代も進化しましたね。

映像作例②|紅葉の絶景

「DJI MINI2」何キロ飛ぶ?飛行時間を検証してみた

DJI MINI2を限界ギリギリまで飛ばしてみました。

結果からいうと、

  • 飛行距離:3880m
  • 飛行時間:約8分
  • 風速:3~5m/s
  • スポーツモード

条件よければ、片道2.0km、トータル5kmくらいは飛ばせると思います。

あくまで性能テストですので、普段の空撮ではおすすめできません。

【初心者でも簡単!】クイックショットを使ってみよう!

  1. ドローニー
  2. ロケット
  3. サークル
  4. ヘリックス

DJI MINI2の撮影機能です。

操縦者など特定の被写体をタップすることで自動で撮影してくれる機能です。

スポーツモードを駆使しよう!

吉武編集長
吉武編集長

空撮する上で、ドローンの飛行速度を変化させることは重要です。

スポーツモードを駆使することでより効率的かつ、映像に変化を与えて撮影することができます。

スポーツモードの切り替え方法

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法
吉武編集長
吉武編集長

スポーツモードへの切り替えは、プロポ中央のボタンで行えます。

ちなみに速度はこちら!

  • Sモード:16m/s・57.6km/h
  • Nモード:10m/s・36km/h
  • Cモード:6 m/s・21.6km/h

【上級者向け】1カット空撮

3分1カットの空撮映像になります。

この1カットでスタートからゴールまで構図にこだわって映像を撮影し続けること。

ドローンの動き・カメラの動きを滑らかにし続けることを意識して撮影します。

かなり難易度は高いので、ある程度熟練してから挑戦してみてください。

吉武編集長
吉武編集長

詳しいコツは以下の記事でまとめております。

【上級編】ドローン空撮上達のコツ「3分1カット空撮」に挑戦しよう!
【上級編】ドローン空撮上達のコツ「3分1カット空撮」に挑戦しよう! 【一筆書き】3分1カット空撮の映像作例 作例①|神威岬 https://www.youtube.com/watch?v=fhRQ...

ドローンの空撮テクニックを身につけよう!

こちらにドローンの空撮を100カットほどまとめてあります。

様々なロケーションでいろんな撮影方法で撮影しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

【小ネタ】フロントLEDを変更する方法

全9色に変更することができます

【初心者~上級者まで】「DJI Mini2」のドローンを120%使う方法
吉武編集長
吉武編集長
お好みで楽しんでください。

【まとめ】

発売元DJI
製品名DJI Mini2(マビックミニ2)
予約開始日2020年11月05日~
価格通常版:59400円(税込)
フライモアコンボ:79200円(税込)
重量日本版:199g
海外版:249g
サイズ(展開時)245×289×56 mm
サイズ(折りたたみ時)138×81×58 mm
カメラセンサーサイズ1/2.3インチCOMS
有効画素数12MP
レンズ画角24mm
絞りF2.8固定
動画性能4K 24/25/30fps
2.7K 24/25/30fps
フルHD  24/25/30/48/50/60fps
カメラジンバル3軸ジンバル
最大飛行時間日本版:18分
最大風速抵抗レベル5(8.5〜10.5 m / s)
Mavic Air2と同じレベル
専用アプリDJI Fly
映像伝送システムOcuSync 2.0
最大伝送距離6km

詳細ページ

とうわけで、「DJI MINI2」の使い方を紹介させていただきました。

同様の機種でMavic Air2と迷う方もいると思いますので、以下の記事に比較レビューを掲載しておきます。

【どっちがおすすめ?】Mavic Air2 VS DJI MINI2徹底比較レビュー
【どっちがおすすめ?】Mavic Air2 VS DJI MINI2徹底比較レビュー 今回はDJIから2020年に発売された新機種である「DJI MINI2」と『Mavic Air2』について、徹底比較していきます...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。