Mavic

【最強の空撮入門機】『DJI Mini2』完全解説!4K・199g・風に強い!!

【最強の空撮入門機】『DJI Mini2』完全解説!4K・199g・風に強い!!
発売元DJI
製品名DJI Mini2(マビックミニ2)
予約開始日2020年11月05日~
価格通常版:59400円(税込)
フライモアコンボ:79200円(税込)
重量日本版:199g
海外版:249g
サイズ(展開時)245×289×56 mm
サイズ(折りたたみ時)138×81×58 mm
カメラセンサーサイズ1/2.3インチCOMS
有効画素数12MP
レンズ画角24mm
絞りF2.8固定
動画性能4K 24/25/30fps
2.7K 24/25/30fps
フルHD  24/25/30/48/50/60fps
カメラジンバル3軸ジンバル
最大飛行時間日本版:18分
最大風速抵抗レベル5(8.5〜10.5 m / s)
Mavic Air2と同じレベル
専用アプリDJI Fly
映像伝送システムOcuSync 2.0
最大伝送距離6km

詳細ページ

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は2020年11月5日に発表されたDJI MINI2についてその性能を紹介していきます。

DJI MINI2の特徴|前モデルと比較

  • 映像:2.7Kから4K30fps撮影可能
  • 飛行時間:18分→18分と変わらず
  • 伝送システム:拡張Wi-Fi→OcuSync 2.0
  • 最大風速抵抗:7.9m/s→8.0〜10.7m/s
  • プロポ:Mavic Air2と同じコントローラー
  • 199gで改正航空法規制対象外はそのまま
  • GoPro並みの価格で買えるドローン
  • 軽くてコンパクトだけど風に強い
吉武編集長
吉武編集長

最大の変化は、4K映像の撮影が可能になったことです。

改正航空法の規制対象外である199gと超コンパクトなサイズながら、4K撮影できるのは胸囲です。

【Q&A】Mavic Mini2の気になるポイント

①|旧Mavic Miniのバッテリーは使えるのか?

使える!!:ただし、200gを超える可能性があるので、事前チェックは必須

②|アクティブトラック(自動追尾機能)はあるのか?

ないです!

③|障害物探知機能はあるのか?

ないです!!

④|旧プロペラガードは使えるのか?

使える!!

⑤|Mavic MiniやMavic Air2のプロポは使えるのか?

旧Mavic Miniのプロポは使えないが、Mavic Air2のプロポは使える。

ただしファームフェアの更新が必要

価格とセット内容

単体の場合

価格

  • 単体:59400円

セット内容

  • DJI MINI2本体
  • 専用バッテリー1コ
  • 専用プロポ(コントローラー)
  • プロペラ予備1セット
  • スティック予備1セット
  • その他コード類

フライモアコンボ

価格

  • 単体:79200円

セット内容

  • DJI MINI2本体
  • 専用バッテリー3コ
  • 専用プロポ(コントローラー)
  • プロペラ予備6セット
  • スティック予備1セット
  • 充電ハブ
  • 専用バッグ
  • その他コード類
吉武編集長
吉武編集長

ドローンのバッテリーは3コは欲しいので、「フライモアコンボ」の方がおすすめです。

【作例】4K映像で撮影した空撮映像たち

吉武編集長
吉武編集長

実際に空撮してみました。

これだけコンパクトでも「4K」映像が撮影できるなんて時代も進化しましたね。

私自身、様々なロケーションでドローンの空撮を行ってきました。

ほとんど4K24fpsで撮影しております。

Mavic Mini2で撮影した映像ではありませんが、ドローンを使って映像が撮影できるんだという参考にしていただければと思います。

【4K】北海道の十勝岳の紅葉

吉武編集長
吉武編集長

11月のこれからは紅葉の絶景が楽しみですね~!

【4K】時が止まる湖|オンネトー

吉武編集長
吉武編集長

神秘的な秘境でも、持ち運びに便利なドローンがあるとかなり便利ですよ。

【比較】Mavicシリーズの性能

  1. Mavic PRO:初代モデル(2016年登場)
  2. Mavic 2 PRO:空撮業務向き・1インチセンサー
  3. Mavic 2 ZOOM:空撮&ズームレンズ搭載
  4. Mavic Air2:空撮コスパ最強
  5. Mavic Mini:趣味より

Mavicシリーズは2016年に始まり、数多く登場しております。

特徴は折りたたみできる空撮用ドローンで現在の主力機です。

吉武編集長
吉武編集長

個人的な一押しがMavic Air2Mavic 2 PROです。

特にMavic Air2のコスパは本当にすさまじいと思います。

【プロが選ぶ】DJIのおすすめドローン ベスト10 価格と性能を徹底比較【2020年最新版】
【プロが選ぶ】DJIのおすすめドローン ベスト10 価格と性能を徹底比較【2020年最新版】人気のDJIドローンを購入する上で 大切な価格と性能を徹底比較するぞ! [blogcard url="https:/...

【Mavic Air2と比較①】飛行性能

上記動画のテストで、DJI MINI2とMavic Air2の明確な線引きが自分の中でできました。

今までMavic Air2やMavic 2 PROで当たり前のように飛ばしていた環境下だと、DJI

MINI2では厳しいことがあります。

DJI MINI2を購入した方は、強風には充分に注意して運用することをおすすめします。

風で流される時は、スポーツモードでもマジで戻ってこれなくなります(^_^;)

【Mavic Air2と比較②】スポットライトが超便利!

吉武編集長
吉武編集長

個人的に一押ししているMavic Air2ですが、この「スポットライト」の機能が空撮ではめちゃくちゃ使えます。

「DJI Mini2」にも搭載してほしい機能ですね。

【日本特別仕様】機体重量199gになるのか?

海外モデルは249gのDJI MINI2ですが、日本版は改正航空法の規制対象外である「199g」です。

これはバッテリー重量を削ることで、ドローンの軽量化に成功しております。

ドローン本体そのものは同じでも、バッテリー容量を削った分、飛行時間が短くなりますね。

今後、日本の改正航空法の規制の変化で199gでも規制の対象になる可能性があります。

2020年11月現在は改正航空法の規制対象外ですが、今後の動向にも充分に注意しましょう。

【サイズ感】手のひらサイズでとってもコンパクト

サイズ感は手のひらに乗るほどコンパクトサイズです。

バッテリーやコントローラーなどを含めてもちょっとしたショルダーバッグに収納できますので、旅に持って行くのに最適です。

さらに大きいMavic Air2でも手のひらサイズ

吉武編集長
吉武編集長

そもそもMavic Air2の570gの時点で充分に手のひらサイズでした。

倍以上の大きさでもとってもコンパクトです。

【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。
【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。 『DJI Mavic Air2』の製品概要 製品名 Mavic Air2 発売元 DJI ...

【カメラ性能】最大4K30fpsで撮影可能

4K 25/30fps
2.7K 25/30fps
フルHD 25/30/50/60fps

吉武編集長
吉武編集長

199gで4K映像を撮影できるようになったことはかなり大きいですね。

旧モデル|Mavic Miniの2.7Kでもこんなに綺麗に撮影できる

吉武編集長
吉武編集長

前モデルMavic Miniで空撮した映像です。

「2.7K」でも充分に綺麗な映像を撮影できることがわかりますね。

【DJI Fly】映像編集はアプリからも楽ちん!

吉武編集長
吉武編集長

ドローンで空撮した映像は、アプリから簡単に編集できます。

数分で編集して、すぐにInstagramなどで公開することができます。

私自身もアプリの編集は多用しております。

パソコンで空撮映像を編集するコツ

  • 【BGM選び】空撮動画編集をざっくり2種類に分けてみる
  • 【一番簡単!】DJI GO4の自動編集にお任せ
  • 【空撮のみで壮大な大自然】壮大なクラシック系のBGMがおすすめ
  • 【空撮+人】アップテンポなボーカル曲がおすすめ
  • ドローンのシンプルなワンカット映像
吉武編集長
吉武編集長

せっかく空撮映像を撮影しても、編集して公開しない人が多いです。

ドローンの映像編集はそこまで難しくありませんので、ぜひ挑戦してみましょう!

【実は簡単!】ドローン空撮、動画編集のコツを様々な作例合わせて紹介するよ!
【実は簡単!】ドローン空撮、動画編集のコツを実際の作例と合わせて紹介!【動画編集は簡単】 そもそも難しく考えてはいけない そしていろんな動画を見ていると「自分には無理かも」としり込みして...

『DJI Mini2』は空撮業務に使えるのか?

吉武編集長
吉武編集長

この性能なら充分に業務活用できます。

前モデルのMavic Miniでも、充分に活躍できる機会はありました。

今回は4K映像とより綺麗な映像で撮影できるので、さらに活躍は期待できるでしょう。

200g未満を活かして、住宅街の屋根の点検など

 

ドローンの重量が199gということで、屋根の点検などに活用すると便利です。

ちょっと上部を点検したい時などに超活躍します。

不動産業務やリフォーム業務をされている方にとって、ドローンをちょっと取り入れてみるのはおすすめです。

室内での空撮に便利

プロペラガードを装着することで、ドローンが壁や窓に万が一接触しても傷をつけづらい設計になっております。

室内などでちょっとした空撮を行いたい時などに、活躍が期待できます。

強風時には注意

ただし、強風の場合は充分に注意してドローンを運用しましょう。

Mavic 2 PROやMavic Air2などと同じ風でも、ドローンが流されてしまう可能性が高いです。

【最大風速抵抗】レベル5(8.5〜10.5 m / s)

最大風速抵抗レベル5
  • 疾風
  • 風速抵抗:8.0〜10.7m/s
  • 葉のある灌木が揺れ始める。
  • 水面に波頭が立つ
  • Mavic Air2やMavic 2 PROと同レベル
吉武編集長
吉武編集長

風に対する抵抗力もアップしてますね。

数値上のスペックはMavic Air2やMavic 2 PROと同レベルになっております。

拡張Wi-Fiでも1km飛行

吉武編集長
吉武編集長

最大風速抵抗は「レベル5(8.5〜10.5 m / s)」となっております。

前モデルのMavic Miniでもここまで飛ばせました。

拡張Wi-Fiでも条件がよければ、「1km飛行」が可能でした。

初心者の方はあまり真似をしないでくださいね。

プロポも変化!Mavic Air2と同じコントローラー

『プロポ(コントローラー)』は右側のMavic Air2と同じプロポになりました。

一回り大きなコントローラーですが、長時間の操縦に向いたプロポだそうです。

私自身、両方とも使ってきておりますが、どちらも慣れれば同じように操縦できます。

微妙にスティックの長さが違いますので、操縦した感覚はすこし異なります。

【映像伝送システム】OcuSync 2.0に進化!

『Mavic Mini(マビックミニ)』【映像伝送システム】拡張Wi-Fi

『Mavic Mini』は『OcuSync 2.0』

最も映像伝送システムが強いのは『Mavic2シリーズ』『オキュシンク2.0』の安定性が高いです。

ドローンを目視できるのは大体300~400mくらいになります。

オキュシンク2.0では1km程度でも比較的安定して映像伝送できますので、かなり助かります。

映像伝送システムについて、詳しくは以下の記事を参考ください。

DJIドローンを操縦する上で知っておくべき『電波』と伝送システムについて
DJIドローンを操縦する上で知っておくべき『電波』と伝送システムについてドローン本体とプロポは『電波』でつながっている 以前『MavicAIR』を購入した時、友人と一緒にドローンのフライトを...

【次の挑戦】『DJI Mini2』を10時間以上操縦しよう!

ドローンを購入したら、まずは『10時間以上の操縦訓練』を目指しましょう!

これは自動車免許でいう『仮免』みたいなものです。

ただ闇雲にドローンを飛ばしても、上達しにくいです。

体系立ててしっかりと、ドローンの操縦技術を養いましょう!

10時間程度操縦訓練を行うと、プロポとドローンでどう飛ばしたいのかが、体感で理解できるようになってきます。

その後はいろんなロケーションで30時間程度空撮も行うと、だんだん思い通りに空撮ができるようになってきます。

【脱初心者】ドローンスクールや講習に通わずに操縦が上達する練習方法を紹介
【脱初心者】ドローンスクールや講習に通わずに操縦が上達する練習方法を紹介ドローン初心者脱却には 10時間以上操縦練習をしましょう! DJI社から出ているphantomなどのドローン...

【操縦から空撮へ!】空撮テクニックを学ぼう!

19の空撮テクニック
  1. 前進
  2. 後進
  3. 横移動
  4. 俯瞰上昇
  5. 俯瞰前進
  6. 固定
  7. 上昇
  8. 下降
  9. パン(回転)
  10. 斜め移動
  11. 円移動
  12. 前進+上昇
  13. 後進+上昇
  14. 下降+チルトアップ
  15. 上昇+チルトダウン
  16. 低空飛行
  17. 対象物通過
  18. 前進+上昇+障害物
  19. リヴィールショット

ドローンの操縦に習熟してきたら、次は空撮に挑戦しましょう。

上記に19コほどドローンの動きを紹介しておきますが、そこまで難しく考えなくても大丈夫です。

大切なことはシンプルな動きでその景色の魅力を最大限に伝えることになります!

【動画】15の操縦技術でドローンの空撮スキルが劇的に上達する方法
【動画有】19の操縦技術でドローンの空撮スキルが劇的に上達する方法空撮のために必要なドローンの操縦技術を学ぼう! https://www.youtube.com/watch?v=nZM85Rm-c...

【まとめ】Mavic Miniは空撮入門機として最強

発売元DJI
製品名DJI Mini2(マビックミニ2)
予約開始日2020年11月05日~
価格通常版:59400円(税込)
フライモアコンボ:79200円(税込)
重量日本版:199g
海外版:249g
サイズ(展開時)245×289×56 mm
サイズ(折りたたみ時)138×81×58 mm
カメラセンサーサイズ1/2.3インチCOMS
有効画素数12MP
レンズ画角24mm
絞りF2.8固定
動画性能4K 24/25/30fps
2.7K 24/25/30fps
フルHD  24/25/30/48/50/60fps
カメラジンバル3軸ジンバル
最大飛行時間日本版:18分
最大風速抵抗レベル5(8.5〜10.5 m / s)
専用アプリDJI Fly
映像伝送システムOcuSync 2.0
最大伝送距離6km

詳細ページ

吉武編集長
吉武編集長

というわけで、Mavic Mini2の紹介をさせていただきました。

ポイントは以下のとおり!

  • 映像:2.7Kから4K30fps撮影可能
  • 飛行時間:18分→18分と変わらず
  • 伝送システム:拡張Wi-Fi→OcuSync 2.0
  • 最大風速抵抗:7.9m/s→8.0〜10.7m/s
  • プロポ:Mavic Air2と同じコントローラー
  • 199gで改正航空法規制対象外はそのまま

これは本当にすごい性能だと思います。

これからドローンをはじめる方におすすめですよ。

おまけ|こいつなんでもう持ってるねん!

10月26日に普通にお店で購入してます。

これ、もうリーク情報ってレベルじゃない気がしますが、すごいですね(^_^;)

ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。