Mavic

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

吉武編集長
吉武編集長

今回はMavic Air2の初フライトまでの使い方を丁寧に紹介していきます。

ドローン初心者でも迷わないようにひとつずつ解説していきますね。

動画や写真の作例などを見たい方は目次から飛んでくださいませ。

『Mavic Air2』の主な特徴とスペック概要

【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。
製品名Mavic Air2
発売元DJI
価格単品:105,600円
フライモアコンボ:132,000円
発売日2020年4月28日予約開始
カメラのセンサー1/2 CMOSセンサー
有効画素数最大48MP
通常12MP
レンズ画角24mm
絞りF2.8固定
動画性能4K 60・50・48・30・25・24fps
2.7K 60・50・48・30・25・24fps
FHD 240・120・60・50・48・30・25・24fps
重量570g
サイズ(展開時)183✕253✕77mm
サイズ(折りたたみ時)180✕97✕84mm
カメラジンバル3軸ジンバル
最大飛行時間34分
飛行速度Sモード:19m/s・68.km/h
Nモード:12m/s・ 43.2km/h
Tモード:5m/s・ 18km/h
最大風速抵抗ビューフォート風力5
風速抵抗:8.0〜10.7m/s
障害物検知前方・後方・下方
専用アプリDJI Fly
バッテリー3セル・3500mAh・11.55V
映像伝送システムOcusync2.0(オキュシンク2.0)

公式ページ

吉武編集長
吉武編集長

Mavic Air2は抜群のコスパと飛行性能・撮影性能を誇る

2020年最新のMavicシリーズになります。

  • Mavicシリーズ初の4K60fps
  • HDR動画撮影はDJI初
  • 飛行時間:34分と最長
  • 静止画:最大48MP
  • アクティブトラックが進化
  • 伝送システムが最強のOcusync2.0
  • 価格と性能のコスパが抜群

Mavic Air2のサイズ感を他のドローンと比較

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。
重量とサイズ
Mavic Air2重量:570g
折りたたみ時:180✕97✕84mm
展開時:183✕253✕77mm
Mavic 2 PRO・ZOOM重量:905g
折りたたみ時:214×91×84 mm
展開時:322×242×84 mm
Mavic Mini重量:199g
折りたたみ時:140×82×57 mm
展開時:245×290×55 mm
Phantom4Pro重量:1388 g
289.5 × 289.5 × 196 mm
Mavic Air(初代)折りたたみ時:168×83×49 mm
展開時:168×184×64 mm
吉武編集長
吉武編集長

見た目のデザインはMavic MiniMavic2 PROと似てますが、並べてみると大きさの違いがわかりますね。

【実機レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較
てつや
てつや

詳細なレビューは次の記事を見てくれよな!

【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。
【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。 『DJI Mavic Air2』の製品概要 製品名 Mavic Air2 発売元 DJI ...

【ステップ⓪】セット内容の確認をしよう!

Mavic Air2単体

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方|初期設定~動画作例まで丁寧に紹介します。画像出典:DJI公式サイト
  • 単品:105,600円
  • Mavic Air2本体
  • 専用バッテリー✕1
  • 専用プロポ✕1
  • プロペラ✕3セット
  • バッテリー充電器
  • 予備プロポ専用スティック✕1
  • 各種ケーブル

フライモアコンボ

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方|初期設定~動画作例まで丁寧に紹介します。画像出典:DJI公式サイト
  • フライモアコンボ:132,000円
  • Mavic Air2本体
  • 専用バッテリー✕3
  • 専用プロポ✕1
  • プロペラセット✕6
  • 専用ショルダーバッグ
  • バッテリー充電器
  • バッテリー充電ハブ
  • バッテリー・パワーバンクアダプター
  • 予備プロポ専用スティック✕1
  • NDフィルターセット(ND16/64/256)
  • 各種ケーブル
吉武編集長
吉武編集長

まずはセット内容をチェックしましょう♪

【ステップ①】バッテリーの充電をしよう!

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

ドローン本体は『リポバッテリー』を使用して飛行します。

事前に家庭のAC電源を使って充電しましょう。

屋外で充電したい場合は『ポータル電源』などがあると便利ですよ。

時間がかかりますので、余裕を持って自宅で充電しておくことをおすすめします。

【ステップ②】プロポ(送信機)の充電をしよう!

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

続いてドローンを操縦するために必要な『プロポ(送信機)』の充電をします。

こちらはプロポ本体の下部に『USB-C』の差し込み口がありますので、充電をしましょう。

ドローン本体のバッテリーと同様に忘れずに充電をしておきましょう。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

【ステップ③】DJI無償付帯保険に登録しよう!

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。画像出典:エアロエントリー株式会社
吉武編集長
吉武編集長

DJIのドローンは1年間保険が付いています。

これはドローンの機体保険ではなく、もし第三者や財産に損害を与えた時のための保険になります。

エアロエントリー株式会社が担当してますので、そちらから申し込みください。

【初心者必見】Mavic Mini(マビックミニ)の初期設定方法を丁寧に解説

『Mavic Air2』を購入したら、必ず『無償付帯保険』に登録しておきましょう!

買ったら自動で保険適用になるわけではなく、自分で申し込む必要があります。

自分専用のコード番号は購入した外箱に記載されております。

『DJI Care Refresh』加入のすすめ!

『DJI Care Refresh』とは
  • 操作ミス
  • 水没
  • 落下による破損
  • シグナル干渉
  • RTH時の衝突

などドローンの故障をサポートする独自アフターサービスです。

吉武編集長
吉武編集長

DJI Care Refreshは、購入したドローンが1年以内にの正常使用時に製品の破損が発生した場合、低価格で最大2回まで交換サービスを受けることができるアフターサービスプランになります。

詳しくはDJI公式サイトをご覧ください。

【ステップ④】専用アプリ『DJI Fly』をインストール

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。
吉武編集長
吉武編集長

『DJI Fly』というアプリをスマホにインストールしましょう!

DJI GO4ではありませんので、ご注意ください。

事前にお手持ちのスマホに合わせて、アプリをインストールしておきましょう!

【ステップ⑤】バッテリーとマイクロSDカードをセットしよう!

プロペラのセット

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

続いてプロペラのセットです。

ドローンは4枚のプロペラで飛行します。

プロペラは2種類ある

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

プロペラは2種類あります。

見分け方は上の写真の印を目印にしてください。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

そしてドローンにプロペラを装着していきます。

プロペラは押し込んで回すことで装着することができます。

バッテリーのセット

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

ドローン本体にしっかりセットしましょう。

マイクロSDカードのセット

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

ドローン本体の『右側』マイクロSDカードの挿入口があります。

マイクロSDカードがないとせっかくの空撮映像を撮影したデータを存分に保存することができないので、忘れずにセットしましょう。

Mavic Air2には、ドローン本体の内蔵メモリとして『8GB』分の容量があります。

もしマイクロSDカードを忘れても、撮影したデータを残すことができるのはありがたいですね。

【ステップ⑥】送信機をセットしよう!

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

従来のMavicシリーズとはデザインが大きく変更になりました。

飛行時間が34分と大きく伸びましたので、より持ちやすい設計にデザインされております。

スマホのセット

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

スマホのセットはプロポ上部を引き上げることができます。

ケーブルを出しましょう。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。iPhoneやアンドロイド用にケーブルがありますので、必要に応じて変更しましょう。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

セットすると上記写真のようになります。

【ステップ⑦】ドローンの初期設定をしよう!

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

では次に、Mavic Air2の初期設定を行います。

ドローン本体とプロポの電源を入れる

DJI Flyのアプリを起動。

するとアプリ上で初期設定をすることができます。

ドローン本体の電源の入れ方

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

プロポの電源の入れ方

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

ドローン本体もプロポの電源の入れ方も『1回短押し2回目長押し』が基本です。

ドローンは空を飛ぶものですので、簡単に電源が入らないように設計されております。

ジンバルカバーを外しておこう!

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

カメラ部分にはジンバルカバーが付属しておりますので、事前に取り外しておきましょう。

【ステップ⑧】アプリから初期設定

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。 日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。 日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。
吉武編集長
吉武編集長

ドローンとプロポの電源を入れ、『DJI Fly』を立ち上げると、アプリ上から初期設定を行うことができます。

アプリの指示に従って初期設定を行いましょう。

【ステップ⑨】初のフライトへ!

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

では実際にフライトさせていきましょう。

まずは電源を入れていきましょう。

  1. DJI Flyのアプリ起動
  2. プロポの電源オン
  3. Mavic Air2本体の電源オン

特に電源を入れる順番はありませんが、コントローラーするプロポを先に電源を入れる習慣を身につけておくことをおすすめします。

すべての電源を入れて、アプリ上にドローンのカメラで撮影した映像がリアルタイムに映ればオッケーです。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。
吉武編集長
吉武編集長

ドローンのカメラで見えている映像がスマホでリアルタイムで確認することができます。

ドローンの操縦方法

ドローンの離陸方法

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

プロポのスティックを写真のように斜めに入れると、プロペラの回転が始まります。

操縦方法|モード2の場合

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

ドローンの操縦方法は上の写真の通りになります。

DJI推奨で初期設定は「モード2」になっております。

「モード1」「モード2」「モード3」「カスタム」と好みに合わせてモード選択を切り替えることができます。

モード1

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

操縦モードの切り替えは、『DJI Fly』アプリ画面から簡単に変更できます。

ドローンの基本の動きを動画で確認

ドローンの各種動きや基本用語を知りたい方は一度動画をチェックしておくことをおすすめします。

【DJI Fly】アプリ画面の見方をチェック

吉武編集長
吉武編集長

こちらが『DJI Fly』のアプリ画面になります。

モニターにはドローンのカメラ映像がリアルタイムで表示されます。

GPSの補足数をチェック

最大高度やRTH高度をチェック

GPSの補足数をチェックしましょう。

初心者の内は最低10以上のGPS補足数であることをおすすめします。

最大高度やRTH高度をチェック

最大高度やRTH高度をチェック

ドローンの『最大高度・最大距離・自動RTH高度』も決めることができます。

日本の改正航空法では、149mまでになりますので、それ以下の数値にしておくことをおすすめします。

また自動RTH(リターントゥーホーム)機能があり、ボタンひとつで離陸ポイントまで戻ってくれる機能があります。

自動で離陸ポイントまで帰還してくれる便利機能ですが、進路に障害物がある場合など注意が必要です。

周囲のロケーションを確認した上で、帰還する高度は高めに設定しておくことをおすすめします。

日本一わかりやすい『Mavic Air2』の使い方と初期設定を丁寧に紹介します。

Mavic Air2は4K60fpsで撮影できる

吉武編集長
吉武編集長

実際にMavic Air2で空撮した映像になります。

設定はAUTOにしてあります。

【動画】15の操縦技術でドローンの空撮スキルが劇的に上達する方法
【動画有】19の操縦技術でドローンの空撮スキルが劇的に上達する方法空撮のために必要なドローンの操縦技術を学ぼう! どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武です。 今...

ハイパーラプス撮影可能

【実機レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較画像出典:DJI公式サイト
【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。
  1. フリー
  2. サークル
  3. コースロック
  4. ウェイポイント

Mavic Air2には、4種類の『ハイパーラプス』機能が搭載されております。

『DJI Fly』のアプリ上から設定~撮影まで行ってくれます。

【写真作例】『Mavic Air2』で空撮した写真

最大「48MP」で撮影

【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。画像出典:DJI公式サイト

拡大してもしっかり写る

【実機レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較画像出典:DJI公式サイト

Mavic Air2のカメラは最大『48MP』でのハイダイナミックレンジでの写真撮影が可能になりました。

拡大しても細部まで綺麗に撮影することができます。

通常は12MP、アプリから48MPに切り替える方法

【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。

Mavic Air2は通常写真を撮影すると『12MP』で撮影できます。

48MPで撮影を行いたい場合は、アプリ画面から撮影モードを切り替えることができます。

空撮写真の作例

【実機レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較 【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。 【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。 【実機レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較

ドローンを使って360度好きなアングルから写真撮影を行うことができます。

今までにない写真構図や撮影方法がありますので、気になる方は以下の記事をご覧ください。

ドローンの空撮写真がもっともっと上達する12のコツ【まとめ】ドローン空撮写真上達術|少しの工夫であなたの写真はもっとよくなる! 使用ドローン&編集環境 ...

パノラマ写真4種の撮影方法

吉武編集長
吉武編集長

Mavic Air2には4種類のパノラマ写真が撮影できます。

アクティブトラックの使い方

ドローンを探す機能

万が一ドローンを見失ってしまった場合、アプリから音やLED点灯などを発信することができます。

ドローン捜索の手助けになります。

【まとめ】

【実機鬼レビュー】新『Mavic Air2』の進化点を歴代ドローンと徹底比較しました。

というわけでMavic Air2の使い方を紹介させていただきました。

総評して非常にパワフルな飛行性能が頼もしく、また映像もとても綺麗です。

『DJI Fly』のアプリもMavic Miniではじめて使用した時より、多機能になっておりいろいろな撮影方法を試してみたくなります。

細かい設定や撮影方法については、さらに検証を行い、随時追記してまいりますのでよろしくお願いします。

【プロが選ぶ】DJIのおすすめドローン ベスト10 価格と性能を徹底比較【2020年最新版】
【プロが選ぶ】DJIのおすすめドローン ベスト10 価格と性能を徹底比較【2020年最新版】人気のDJIドローンを購入する上で 大切な価格と性能を徹底比較するぞ! [blogcard url="https:/...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。