キャッシュレス

【2019年消費税10%対策】知らないと損する最強のキャッシュレス決済テクニック

【2019年消費税10%対策】知らないと損する最強のキャッシュレス決済テクニック
吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローンウォーカー)編集長の吉武穂高です。

2019年10月より消費税が10%に増税されてしまいますよね。

今回はキャッシュレス決済を活用することで消費税増税分をポイントで稼ぐ方法について紹介します。

てつや
てつや

キャッシュレス対応にすることで、増税分どころかさらにお得に買い物をすることができるぞ!

キャッシュレス決済の場合は5%バック予定

クレジットカード
  • 三菱UFJニコスカード
  • 三井住友カード
  • UCカード
  • JCBカード
汎用サービス
  • 楽天
スマホ決済
  • オリガミPay
  • Line Pay
  • PayPay
電子マネー
  • WAON
  • nanaco
  • Suica
  • 楽天Edy
決済代行
  • Coiney
  • Square

消費税10%にあわせて、日本政府はキャッシュレス決済をする人に対して9か月間5%のポイント還元をすると方針を発表しました。

吉武編集長
吉武編集長
現在、経済産業省が示した決済事業者は上記の14事業になります。
てつや
てつや

これは間違いなくキャッシュレス決済の促進を後押しするな。

日本としては、年々増え続ける外国人観光客に対して利便性の高いキャッシュレス決済を推し進めたい意向があります。

2020年には東京オリンピックがありますので、強烈にインバウンド対策をしておきたいのです。

キャッシュレス決済に興味がない方でもこのタイミングまでには、勉強してどんな決済方法があるのか勉強しておきたいですよね。

ここでは、2019年現在、おすすめのキャッシュレス決済の導入方法について紹介していきます。

キャッシュレス決済とは?

【2019年消費税10%対策】最強のキャッシュレス決済テクニック

その名の通り、キャッシュ(現金)なしでお買い物をすることです。

具体的には、クレジットカードやスマホ決済など現金を支払わずにお店でお買い物をすることです。

キャッシュレス決済の種類

【2019年消費税10%対策】最強のキャッシュレス決済テクニック
キャッシュ決済にはいろいろあるぞ
  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • スマホ決済
  • 電子マネー
  • 共通ポイントカード

上記にピックアップしましたが、キャッシュレス決済にはいろいろな種類があります。

そしてそれらの決済方法を組み合わせて活用することで、がっつりポイントを貯めることができるのです。

日本政府の5%ポイントバックに合わせて、キャッシュレス決済それぞれの独自ポイント還元を活用することで、よりお得に買い物をすることができます。

2019年お得なキャッシュレス決済の流れはこれだ!

2019年お得なキャッシュレス決済の流れはこう!
  1. 還元率1%以上のクレジットカード
  2. 還元率2%「Kyash」のプリペイドカード
  3. 還元率0.5%以上のスマホ決済アプリを導入
  4. お店独自の共通カードを利用
吉武編集長
吉武編集長
この4つのキャッシュレス決済を組み合わせることで最大の還元率を得ることができます。
てつや
てつや

ではひとつずつおすすめのカードと特徴を紹介していきます。

クレジットカード

【2019年消費税10%対策】最強のキャッシュレス決済テクニック

クレジットカードは数多くの種類が登場しており、どれを選んでいいかわからないと思います。

各社、必死にポイント還元率を上げておりますが、ひとつの目安が「還元率1%以上」になります。

そもそも還元率が「0.5%」の段階で、クレジットカード会社はギリギリ損益が出るか出ないかのボーダーラインになります。

1%以上の時点で損をする計算なのですが、例えば「楽天」などの場合は、還元したポイントを楽天市場などで活用するような仕組みにしておりますので、そこで利益を挙げられるようにしております。

還元率は多少異なりますが、特徴があります。人それぞれの生活圏に合わせて選べば損をすることはありません。

対応クレジットカード

ここにボックスタイトルを入力
  • 三菱UFJニコスカード
  • 三井住友カード
  • UCカード
  • JCBカード
  • 楽天カード

クレジットカードに迷ったら還元率1%以上で選ぶべし!

吉武編集長
吉武編集長
ベタですが、楽天カード還元率1%で使い勝手がよく、「ヤフーカード」はPayPay(ペイペイ)などと相性がいいです。

プリペイドカード

【2019年消費税10%対策】最強のキャッシュレス決済テクニック
吉武編集長
吉武編集長

お次にプリペイドカードです。

プリペイドカードにクレジットカードで入金することで、ポイントを2重取りすることができます。

そしてスマホ決済とも紐付けすることができますので、最大でポイントの4重どりをすることができるようになるのです。

特におすすめのプリペイドカードは還元率2%「Kyash」になります。

メリット・デメリット

メリット

  • 即日発行できる
  • ポイントがつく
  • 余計な個人情報なしで活用できる
  • 未成年でも持つことができる

デメリット

  • プリペイドカードそのものが使える実店舗が少ない
  • コンビニなど現金チャージで手数料が取れれる
  • チャージすると現金に戻せない
吉武編集長
吉武編集長

『PayPay(ペイペイ)』などスマホ決済に紐付けすることができますので、これでポイント還元率が跳ね上がります。

スマホ決済

【2019年消費税10%対策】最強のキャッシュレス決済テクニック

現在、もっとも盛り上がっているスマホ決済になります。

スマホ決済とは、手持ちのスマホに専用アプリをインストールすることで使うことができます。

各社様々なサービスがありますが、主要な会社は

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天Pay
  • Origami Pay

といったところになります。

大体の基本還元率は「0.5%」になりますが、『PayPay(ペイペイ)』の100億円キャンペーンのように不定期で大型キャンペーンを仕込んできますので、見逃せない決済サービスになります。

クレジットカードや銀行口座を紐付けして活用することができます。

スマホ決済に「プリペイドカード」か「クレジットカード」を登録することで還元率をさらにアップさせることができるのです。

スマホ決済については別記事でまとめてますので、よかったらチェックしてみてください。

【キャッシュレス決済入門】スマホ決済のメリット・デメリットを紹介するよ!
【キャッシュレス決済入門】スマホ決済のメリット・デメリットを紹介するよ! スマホ決済とは?その名の通り、スマホ一つでお金を支払うことができる決済システムになります。財布なしで買い物ができ...

共通ポイントカードを利用する

【2019年消費税10%対策】最強のキャッシュレス決済テクニック

とどめは共通ポイントカードの活用です。

Tポイントカードなどに代表される共通ポイントカードを活用することで、さらにそのポイントを入手することができます。

代表的な共通ポイントサービス
  • 楽天スーパーポイント
  • d pointカード
  • Tポイントカード
  • nanaoカード

など

吉武編集長
吉武編集長

他にもそのお店しか使えないビッグカメラのポイントカードなど高還元のカードがありますので、そちらを合わせてもいいと思います。

まとめ

2019年お得なキャッシュレス決済の流れはこう!
まとめ
  1. 還元率1%以上のクレジットカード
  2. 還元率2%「Kyash」のプリペイドカード
  3. 還元率0.5%以上のスマホ決済アプリを導入
  4. お店独自の共通カードを利用
吉武編集長
吉武編集長

というわけで、2019年から始まる消費税増税に対して、キャッシュレス決済のお得な活用方法を紹介させていただきました。

すべての決済サービスに対してそれぞれ登録する手間暇はありますが、自分のライフスタイルに合わせて賢く活用することで増税分は余裕で取り戻すことができます。

ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。