Phantom

測量業務専用ドローン『Phantom4 RTK』登場!価格はいくら?

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場!

9月のキャンペーン情報

キャンペーンページ(DJI公式)

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

2018年10月15日DJIより新しいドローンの発表がありました。

Phantom4ProRTK

になります。

『Phantom4 RTK』の概要

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場

Phantomシリーズのドローンは、空撮業務やフォトグラファーの間で非常に多くのユーザーが利用していたモデルになりますが、今回は測量業務などに活用できるよう発売されました。

Phantom4 RTK公式ページhttps://www.dji.com/jp/phantom-4-rtk

Phantom4 RTKの価格は?

DJI公式ページに価格は掲載されておりません。

ただ通常のPhantom4proの4倍程度の価格と聞いております。

たぶん70~80万円くらいだと思います。(あくまでまた聞きくらいですが・・・)

問い合わせページから『DJI公式代理店』に見積もりを取る形式になります。

産業用ドローン『マトリス』シリーズと同じで、各代理店の裁量によって異なります。

MATRICE200シリーズ(マトリス)&ZENMUSEカメラを消防・災害現場で活用する方法を考えてみた
MATRICE200シリーズ(マトリス)&ZENMUSEカメラを消防・災害現場で活用する方法を考えてみたMATRICE200シリーズのドローンを 災害現場で活用することを考えてみたhttps://drone-aeria...

『RTK』ってなに??

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場画像出典:国土地理院HPより

『RTK』とは『 Realtime Kinematic(リアルタイムキネマティック)』の略になります。

従来であれば現場に『基地局』を設置する必要があります。

ネットワーク型の『RTK測量』は、現場で衛星データを取得して、周辺の電子基準点の観測データから作成された補正情報を組み合わせ、『リアルタイム』『cm単位』の測量を効率的に行う方式になります。

Phantom4 RTK公式ページhttps://www.dji.com/jp/phantom-4-rtk

RTKモジュール

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場

Phantom 4 RTKに『RTKモジュール』が直接埋め込まれております。

cmレベルの測位データをリアルタイムに提供し、画像メタデータの絶対精度を向上させます。

『RTKモジュール』『GNSSモジュール』を組み合わせてドローンそのものの飛行の安定と

  • 測量
  • マッピング
  • 調査ワークフロー

に対して正確なデータ取得を可能にします。

【TimeSync】cm単位での正確な測量が可能

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場プロポも従来のPhantomシリーズから新しくなりました。

Phantom 4 RTK専用の『TimeSyncシステム』になります。

  • 専用コントローラー
  • カメラスペック
  • RTKモジュール

を調整するシステムで撮影した画像に『cmレベル』のデータを取得することができます。

【GS RTK】専用アプリケーション

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場

こちらも『Phantom4 RTK』専用のアプリケーションになります。

  • ウェイポイント
  • 写真測量

の2つのプランモードを搭載しております。

  • ドローンの飛行経路
  • 高度や飛行速度
  • カメラ設定

を設定することができます。

カメラスペックは『Phantom4Pro』と同じ!

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場!

基本ベースドローンは『Phantom4ProV2.0』と同じなので、

  • 4K60fps
  • 2000万画素
  • 1インチセンサー

のカメラスペックになります。

Phantom4Pro V2.0登場!旧ファントム4プロから進化した2つのポイント
Phantom4Pro V2.0登場!旧ファントム4プロから進化した2つのポイントPhantom4Pro V2.0発売!何が変わったかいまいちわからない方へ何が変わったの?Phantom4Pro V...

Ocyusync2.0で安定した伝送システム

測量業務に使えるドローン『Phantom4 RTK』登場

DJIのドローンは独自の伝送システムを開発しており、機体の特色に応じて異なるシステムになっております。

伝送システムは最近登場した『Mavic2』シリーズと同じ『Ocyusync2.0』になっており、非常に安定しております。

GPSを20個キャッチしたりするので、非常に安心です。

DJIドローンを操縦する上で知っておくべき『電波』と伝送システムについて
DJIドローンを操縦する上で知っておくべき『電波』と伝送システムについてドローン本体とプロポは『電波』でつながっている以前『MavicAIR』を購入した時、友人と一緒にドローンのフライトを...

まとめ

まだ発表直後で実際の業務活用例がわからないですが、DJIならではのドローンの安定性とカメラスペックに測量専用の機材とアプリケーションが加わりますので、非常に期待がもてますね。

実際にドローンを活用して測量業務を行なっている方がいますので、性能上どれだけ使えるかなどお聞きして記事に追記していきたいと思います。

Phantom4 RTK公式ページhttps://www.dji.com/jp/phantom-4-rtk

ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。