Tello

DJIドローンTelloの3つの弱点を『3Dプリンター』製作パーツで克服する

DJIドローンTelloの3つの弱点を『3Dプリンター』製作パーツで克服する
DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)

DJI『Tello』3つの弱点!空撮映像の乱れを改善するために・・・

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

ドローン入門者にとって、非常に定評の高い『DJI社のトイドローンTELLO』

  • 価格が安い:1万円台で購入可能
  • 200g未満で航空法の規制に縛られない
  • 飛行が非常に安定している
  • 空撮写真が撮影できる
  • プログラミング教育とも相性がよい

というわけで、非常に優秀なドローンになります。

このブログを見ていただいている方の中にも、すでにお持ちではないでしょうか?

DJI『Tello』3つの弱点とは??

しかしそんな『Tello』にも弱点があります。

  • まともな空撮映像が撮影できない!!
  • 映像の保存にマイクロSDカードを使っていない
  • 基底部(足)が短い

の3点になります。

空撮写真の場合は、狙いをすませば、なかなかいい画質で撮影することができます。

Telloの説明書!離陸・撮影・アプリ・初期設定・フライトモードを徹底解説Telloで空撮した自撮り写真

facebookやInstagramなどSNSで公開する分には十分に楽しめる画質だと思います。(さすがにプロクラスのカメラ機材とは程遠いですが、)

しかし、空撮映像を撮影する場合は以下の弱点があります。

  • マイクロSDカードでの保存できない
  • 映像の遅延が発生しすぎる

この2つの弱点があるため、余程運がよくない限りいい映像を撮影することは厳しいです。

そんな弱点を改善するため、今回は、3Dプリンターで小型のフルHDカメラを積載できる『ギア』を作成してみました。

では3Dプリンターでのパーツから紹介していきます。

3Dプリンターは瀬戸内DRONE WALKERの技術者『野口』さんが製作

Telloのドローン3つの弱点を『3Dプリンター』で専用パーツで克服する

今回、作成した『Tello専用の3Dプリンターパーツ』は、『瀬戸内DRONE WALKER』の技術者『野口さん』が製作したものを使用しております。

ノッティ3Dプリンター工房

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

3Dプリンターを駆使して、様々なパーツを作成しております。

野口さんが所属する『瀬戸内DRONE WALKER』

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する瀬戸内DRONE WALKERのメンバー(写真左が野口さん)

瀬戸内DRONE WALKERhttps://happydrone.info/

てつや
てつや
編集長も3Dプリンターを持ってなかったか?
吉武編集長
吉武編集長
持ってはいるんですが・・・(⌒-⌒; )

3Dプリンターで製作した『ランディングギア』

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

Telloは足が短いため、砂場など足場が悪いところで離陸はさせづらいです。

3Dプリンターで上記写真のような『ランディングギア』を作成することでその弱点を克服することができます。

高さはおおよそ2〜3cmほどであり、重量も10g以下なので飛行そのものに大きく影響することはありません。

その他DJIのドローンでいえば、

  • MavicPRO
  • MavicAIR

なども足が短いため、『別売りのランディングギア』がおすすめです。

装着は1タッチで簡単

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

ドローン側部に簡単に装着することができます。

3Dプリンターで製作した『カメラ専用ギア』

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

冒頭でも触れましたが、Tello最大の弱点は

まともな空撮映像が撮影できないこと

です。

正直そのまま純正のカメラを使っていては、マイクロSDカードを挿入することもできませんし、画像の遅延もどうすることもできません。

だったら、別で小型の『フルHDカメラ』を装着できるようにすればいいじゃないか!

というわけで開発してくれたのが、上記のパーツになります。

これに以下の小型カメラを装着します!

『フルHDカメラ』|ARRIS  Firefly Micro HD 1080P FPV 

DJI Telloのドローン3つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する
  • 価格:3990円
  • 映像性能:1080p
  • 160度広角カメラ搭載
  • 重量:13.6g
  • 運用時間:1時間
  • 充電時間:2.5時間
  • データ保存:マイクロSDカード

使用したフルHDのカメラはARRISのFPVアクションカメラになります。

小型ながらフルHDで撮影することが可能になってます。

実際どれほどの映像で撮影できるかは使ってみなければ、わかりませんね。

DJI Telloのドローン3つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

Telloの映像面での弱点である『外部SDカード』に未対応であるため、遅延した映像をそのまま読み込んでしまう問題はこちらのカメラを使うことで解消できます。

映像品質もスペック上はこちらの方が上ですね。

実際に『Tello』を飛ばしてみた

DJI Telloのドローン3つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

というわけで、実際にこのドローンを使って映像を撮影してみました。

本日、天候は晴れ、風速は2m程度になります。

フルHDカメラで撮影した映像|室内

思ったほど、綺麗な映像にはならなかったですね。

カメラのセンサーサイズが小さく、室内のためか若干画質が粗めです。

あととにかくこのカメラ撮影できてるかよくわからない!!

操縦した感覚はこれまでのTelloとそこまで変化なし!

一番懸念していたポイントは、小型カメラの装着とランディングギアの装着により、

  • ドローンの機体バランスが崩れる
  • 風の抵抗が大きくなる

ということでした。

実際に操縦した感覚は思った以上にスムーズに操縦が可能で、むしろ重量が増えた分、安定したかのようにも感じました。

映像は小型カメラの使用方法を誤り、うまく録画できませんでしたので、再度撮影を行い公開します。

少々お待ちください。

おまけ|レゴブロックを積載

もう一つおまけで『レゴブロック』を積載できるパーツも作っていただきましたので、飛行動画になります。

『Tello』自体が非常に安定した飛行性能のため、安心して飛ばすことができました。

トイドローンの部類になりますので、こういう遊び心もあっていいと思います。

まとめ|ドローン×3Dプリンターで新しい可能性

DJI Telloのドローン3つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する

DJIのTelloに限らず、今では200g以下のトイドローンで安定した飛行が可能なモデルはどんどん登場しております。

以前ブログで紹介した『Tiny系のマイクロドローン』による映像もプロモーションビデオなどに使用できるレベルになってきました。

  • Tello
  • 小型のフルHDカメラ
  • 3Dプリンター

など単体ごとは別ジャンルごとに素晴らしいツールは、現在たくさんあります。

それらをうまく融合活用することで、新しい視点での映像を撮影できるようになったり、全く畑違いの分野で活躍できるツールになる可能性を秘めております。

DJIのドローンは既製品として元々の完成度が非常に高いので、ついついその性能に依存してしまいがちですが、それだけでは非常に勿体無いですね。

既存の発想に捉われることなく、面白い活用法を編み出していきたいです!

ご協力|瀬戸内DRONE WALKER

DJI Telloのドローン2つの弱点を『3Dプリンター』専用パーツで克服する瀬戸内DRONE WALKERのメンバー(写真左:野口さん、先城さん、岡田さん、土屋さん)

今回はDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)の瀬戸内チームの3Dプリンター職人野口さんに製作していただきました。

もしこの3Dプリンターのパーツについて、気になる方は下記リンク『瀬戸内DRONE WALKER』までご連絡ください。

瀬戸内DRONE WALKERhttps://happydrone.info/

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。