日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

 
【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

【MOTION】を使って動いている画面に映像を合成する方法

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は映像編集ソフト『Final Cut Pro X』と合わせて使用される映像加工ソフト『MOTION』を使って

動いている画面に、別の映像を合成する方法をご紹介します。

【MOTION】を使って動いている画面に映像を合成した映像

ふじこ

すごい!動きに合わせて真ん中の動画の形も変化してる!!

吉武

ちょいと動きの解析が完全にうまくはいかなかったのですが、今回はこんな合成をする方法をご紹介します。

この画面合成を『Final Cut Pro X』で行おうと思うと、非常に難しいですが『MOTION』を使うと比較的簡単に行うことができます。

ステップ①|映像素材をふたつ用意する

今回準備したものは以下の2つです。

  1. スマホに画用紙をつけた映像10秒程度
  2. 全く別の動画

です。

吉武

何も写ってないテレビ画面でもオッケーです。

スマホに彩度の高い画用紙を貼り付けておく

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

今回のように動画を合成する作業を実施する時は『MOTION』がはっきり境界線を判別できるようはっきり色分けされた画用紙を貼り付けておくと便利です。

ステップ②|MOTIONを起動し、ファイルを読み込む

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

Final Cut Pro Xと合わせてあると便利な『MOTION』

まずはアプリケーションから『MOTION』を起動させます。

  • MOTIONプロジェクト
  • プリセット:HD1080
  • フレームレート:30fps
  • 継続時間:10秒 TC

を選びました。

ここら辺の画質や長さやフレームレートなどはお好みで大丈夫です。

  • ファイルを読み込む
  • ファイル
  • 読み込む
  • 準備した2ファイルを選択
  • タイムラインに表示される

ステップ③|スマホ画面の『動きを解析する』

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

解析が正しく実行されれば、追随して動いてくれます。

では次にスマホに貼った黄色画用紙の『動きを解析する』作業に入ります。

  1. 再生部分を『0秒』に合わせる
  2. ライブラリ
  3. ビヘイビア
  4. モーショントラッキング

と選択していきましょう。

『動きを解析』をクリック&ドラッグして『スマホの写った動画』に合わせて配置します。

そうすると画面にカーソルが表示されます。

これをスマホ画面の四隅の一角に合わせていきます。

その後、スマホ全ての四隅に合わせる必要があるので、以下の作業を実施します。

  1. インスペクタ
  2. ビヘイビアを選択
  3. トラック:『追加』 をクリックすると第2点目が選択できるようになります。
  4. 2点目を左下に設置。
  5. 再び『追加』をクリックして3点目を設置
  6. 再び『追加』をクリックして4点目を設置
  7. これでスマホ画面に『黄色画用紙部分』を選択することができました。
  8. これで『動きの解析準備』が整いました。
  9. では、次に『解析』をクリックしましょう。

そうすると、動画の動きに合わせて、先に選択したポイントが動いて解析してくれます。

ステップ④|画像を合成する

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

では次に、用意したもう一つの動画を先のスマホの動画に合成する作業に入ります。

再生位置を『0秒』に持ってきます。

スマホに添付する動画のサイズを小さくする(スミをクリック&ドラッグで大きさを変えれます。)

歪みの調整でスマホの黄色い用紙サイズに合わせる

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

上記のステップで、2つの動画を自由に調整できるようになります。

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

上の写真のようにスマホサイズに動画を歪めていきます。

モーショントラッキングを実施する

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

  • ライブラリを選択
  • ビヘイビアを選択
  • モーショントラッキングを選択
  • 『マッチムーブ』をクリック&ドラッグで動画2のファイル下に移動させます。

上記の写真を参考にしながら作業してみてください。

マッチムーブ後は、

  • インスペクタ
  • ビヘイビア
  • 動きの解析をクリックします

【映像編集】『MOTION』を使って動いている画面に映像を合成する方法

解析が始まると、少し時間がかかりますが、じっくりスマホの動きに合わせて動画の形と大きさが変化します。

完成

というわけで、これで作業完了です。

あとは動画を共有からお好みのファイルサイズに書き出せば終了です。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.