ANAFIはMavicAIRの携帯性とPhantomのカメラを備えた9万円で購入できるドローン

ANAFIはMavicAIRの携帯性とPhantomのカメラを備えた9万円で購入できるドローン

Parrotの新作『ANAFI』!打倒DJIドローンなるか??

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

先日もブログにしましたが、フランスのドローンメーカー『Parrot』から新しいドローンの発表がありました。

Parrot社の新型ドローン『ANAFI』のスペック

  • 映像性能(4K):30fps
  • 映像性能(HDR):60fps
  • 写真画素数:2100万画素
  • 2.8倍ロスレスズーム
  • ISO:100〜3200
  • 静止画の焦点距離:23-69mm
  • 動画の焦点距離:26-78mm
  • カメラはSONY製
  • 1/2.4 CMOS SONYセンサー
  • f値:2.4
  • 180度チルトジンバル:機体真上も撮影可能
  • 3軸スタビライザー
  • 飛行時間;25分
  • 機体重量:320g(MavicAIRは400g)
  • 最高時速:55km/h(スポーツモード)
  • 対風力:最大16.6m・sの風に耐える
  • 価格:89802円

前回もスペックに関しては記載しましたが、ざっくりこんな感じになります。

ANAFIはMavicAIRの価格・携帯性とPhantom4Proのカメラを持つドローン

一言で言うとこれですね。

まだ実際にドローンを手にしたわけではありませんが、

スペック上はMavicAIRの大きさをしたPhantom4Proクラスのカメラを積載したドローンという印象です。

正直10万円以下でこのスペックは驚異的ですね。

『ANAFI』とDJIドローンの価格を比較

  • ANAFI:89802円
  • MavicAIR:104000円
  • Phantom4ProV2:204000円
ふじこ

一番安い♫

大方、購入の比較対象になるであろうスペックのドローンの価格を並べてみました。

DJIの新型ドローンMavicAIRは手のひらサイズのコンパクトサイズでありながら、カメラ性能も最低限のスペックを備えており、価格も10万円台で購入できるということで大変話題になりました。

しかし、今回発表された『ANAFI』に関しては、それをさらに下回る価格になっております。

では次にカメラスペックなど詳細に比較して行きましょう!

『ANAFI』とDJIドローンのカメラスペックを比較

静止画の画素数を比較

画素数 映像 センサー ズーム ジンバル 特殊機能
ANAFI 2100万 4K30fps 1/2.4CMOS 可能 3軸 180度チルト
Phantom4Pro 2000万 4K60fps 1CMOS 不可 3軸 5方向障害物センサー
MavicAIR 1200万 4K30fps 1/2.3 不可 3軸 スロー撮影可能
MavicPRO 1200万 4K30fps 1/2.3 不可 3軸
てつや

価格の割にカメラスペックがかなりいいな

なんと一番価格の安い『ANAFI』が一番画素数が高いカメラスペックを誇っております。

まあ画素数がよければいい写真や映像を撮影できるわけではないのですが、

単純なカメラスペックのみで比較すると

Phantom4Pro > ANAFI > MavicAIR

といった感じですね。

カメラのセンサーサイズの違いや映像でできる『fps』の違いなどは、空撮業務を行う上でPhantom4Proのカメラは相当に優秀だと思います。

しかし、ANAFIの優秀なところはそれだけではありません。

ANAFIにしかない機能があるのです。

ANAFIでしかできない180度ジンバルと2.8倍ズーム機能

Parrotの新型ドローン『ANFFI』のカメラスペックが驚異的!2100万画素の2.8倍ズーム、真上撮影可能

画像出典:Parrotより

今まで一般ユーザー向けのDJIのドローンでできなかった、

  • カメラをドローンの上に向けること
  • ズーム機能で撮影できること

この2点は今までのドローンユーザーを大きく驚かせてくれました。

吉武

DJIのInspire2やマトリスシリーズに積載できるズームカメラやカメラを上に配置することなどはできます。しかし如何せん一般ユーザーには手に届かない価格設定

空撮用ドローンの魅力は360度好きなところにカメラを置いて撮影できること

現在、これだけドローンが普及するようになった背景には、

  • 高機能な安全性能
  • 10万円程度でも4K撮影可能なカメラの搭載

そのため、旅先などでの絶景を『今までにないアングルから撮影できる』

これは本当にすごい魅力です。

今までになかった撮影アングルの幅の広がりが映像や写真に新しい世界を作ってくれたのです。

その中でもさらにドローンユーザーの中で欲しかった2つの機能が

  • カメラをドローンの上に向けること
  • ズーム機能で撮影できること

この機能があることで、ANAFIというかドローン空撮においてさらに撮影の幅を大きく広げてくれることになります。

私自身もたくさんの場所で絶景を撮影し、映像編集をしてきて、欲しいアングルは

  • 真上にカメラを向けて撮影するカット
  • 被写体の接写したカット

この2つが加わるだけで、さらに面白い映像作りができると思っております。

まとめ|ANAFIの魅力を一言で書くと

MavicAIRを超えるカメラを持ち、民生機では今までなかった『ズーム撮影・真上撮影』を持ち、Phantom4Proの半分以下の10万円以下で購入できるすごいドローン

吉武

です!

てつや

無理やり一言にまとめすぎだろ!

吉武

今までずっとドローンに関わってきた方なら、こんな解説なくても相当すごいポテンシャルを持ったドローンだと思っていただけると思います。

これからドローンを購入しようと思っている方にとっては非常に『買い』なドローンじゃないかと思います。

余談|DJIはこのまま黙っているのか?近いうちに新作の発表がある??

Phantom4Pro V2.0登場!ファントム4プロからパワーアップした部分はこの2点!

parrotが使用しているカメラは『SONY』製です。

DJIも同じく『SONY』のカメラを積載しております。

ということは技術的に『DJI』が同一性能以上のカメラを持っていてもおかしくありません。

これまで散々、『MavicPRO2』や『Phantom5』の発表が期待されてましたが、ずっと待ちぼうけている状態が続いているのが現状です。

パロットも驚異的な価格、性能の新型ドローン『ANAFI』を発表した以上、DJIからも新型が出ることが期待できます。

というか個人的には『Parrot』がDJIが新型ドローンを出す前に先に発表して、なんとか先に主導権を握ろうとしているような気がしてなりません。

てつや

ドローン業界は戦場や!

吉武

個人的にはDJI一強のドローン市場はあまり良くないと思うので、別会社から革新的なアイデアや性能のドローンがどんどん出て欲しいですね。



スポンサーリンク






ANAFIはMavicAIRの携帯性とPhantomのカメラを備えた9万円で購入できるドローン

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。