日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローンの空撮映像をHDMI端子を通じて外部モニターに出力する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローンの空撮映像を外部モニターに出力する方法

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は、普段タブレッドやスマホなどで見ているドローンの空撮映像を、同時に外部モニターに出力する方法をご紹介します。

外部モニターに出力するとどうなるの??

ドローンの空撮映像を外部モニターに出力する方法

ずばりこんな感じになります。

てつや

どんな感じや。

例えば、ディスプレイなどの大画面にリアルタイムのドローンのカメラが捉えた映像が出力されます。

ドローンのプロポから『HDMI出力端子』を通じて、外部モニターに接続することでいろんな画面で映像を確認できます。

外部モニターに繋げるメリット

ずばり他の方と映像共有ができることです。

例えば、空撮業務においてドローンパイロットがいる場合、自前のタブレットのみでは映像を確認できる人数が限られてしまいます。

しかし、横に外部モニターを設置することで、ディレクターなどにも直接視覚的に映像を確認してもらうことで、指示などを受けやすくなります。

また先日紹介したブラザーのヘッドマウントディスプレーなどもこの外部出力に当たります。

ヘッドマウントディスプレーの特徴は

  • ドローンを目視しながらもモニター画面も確認できるため映像クオリティが高まる
  • ドローンの目視飛行が基本となるので、墜落・衝突リスクが軽減できる

といったメリットがあります。

空撮業務を本業にしている方は、『CrystalSky』などの外部モニターが必要になってくるのです。

ドローンの空撮映像を外部モニターに出力する方法

外部モニターへの出力に対応しているのは、Phantomシリーズ以上のドローン

ここで注意点は、『HDMI端子』を通じて外部出力できるのは、Phantomシリーズ以上のドローンになります。

つまりMavicシリーズには対応していないということです。

残念ながらMavicのプロポはUSBポートしかなく、HDMI端子はついていません。

また通常のPhantom4Pro(ファントム4プロ)も別端子を購入する必要があります。

ドローンの空撮映像を外部モニターに出力する方法

モニター付きのPhantom4Proプラスは初めから『HDMI端子』がついてますが、通常のPhantom4Proにはついていないので、出力端子を変える必要があります。

こんなのですね。

13000円くらいしたので、結構痛い出費でしたσ(^_^;)

で交換するために必要な六角レンチも異常に小さいサイズなので、買いに行く手間もありました。

ドローンの空撮映像を外部モニターに出力する方法

サイズは上の写真を参考にしてください。

ドローンの空撮映像を外部モニターに出力する方法

取り換えもちょい面倒ですので、ご注意ください。

HDMI端子はこれ!

ブラザーのエアスカウターもHDMI出力することで使用可能になります。

プロドローンパイロット御用達!ブラザーのAiRScouter(エアスカウター)を使ってみた!

ブラザー工業から販売されているエアスカウターも小型ですが、ヘッドマウント型のディスプレーになります。

こちらもかなり便利ですので、よかったらご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



Comment

  1. Student1024 より:

    PHANTOM4(ADVANCED)をHDMIでPC上に映像を出力しようとしている者です。
    HDMI出力についてネットで調べると「遅延が発生する」という記事を見かけます。
    その問題は現在アップデート等で解消されていますでしょうか?
    また、遅延時間がどのくらいか分かれば教えていただきたいです。

    • Student1024さま コメントありがとうございます!

      私もそこまで詳しくはないのですが、HDMI出力は遅延が起こりにくいと思います。

      今回別記事でエアスカウターをHDMI出力で使用しましたが、iPadなど通常のモニター使用では、遅延が発生するような環境でも全く問題なく映像の出力ができました。

      空撮を専門で行なっている方は、わざわざHDMI出力で外部モニターにして現場監督などにも見てもらいやすい環境を作っていたりします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.