消防防災活動に特化した焼津市の救助用ドローンInspire2(インスパイア2)を紹介

消防防災活動に特化した焼津市の救助用ドローンInspire2(インスパイア2)を紹介

ジャパンドローン2018で焼津市で防災活用されている事例を聞きました。

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

先月ジャパンドローン2018に参加した際、焼津市消防でドローンを実践活用した事例を聞く機会がありました。

講演内容についてはまた記事で紹介する予定ですが、今回は焼津市で使用されている救助用ドローンのInspire2(インスパイア2)についてご紹介します。

BLUE SEAGULLSの救助用ドローン|Inspire2(インスパイア2)

消防防災活動に特化した焼津市の救助用ドローンInspire2(インスパイア2)を紹介

まずは一言!

超かっこいいですね。

国際救助色でもある『オレンジ』にしたカラーリングがいい感じ!

通常のInspire2(インスパイア2)もかなりカッコいいですが、それを上回る装備とカスタマイズ。

ドローンに携行品を装備させるのは、重量的にもかなり制約があるので、徹底的に考えた上でこのカスタムになっていると思われます。

カッコいいはかなり重要

消防防災活動に特化した焼津市の救助用ドローンInspire2(インスパイア2)を紹介

カッコいいというと災害活動を主に置く上では、無粋に感じるかもしれませんが、結構重要だと思います。

私自身が元々消防職員でしたので、よくわかりますが、消防士になる人は救助隊である通称『オレンジ』に憧れている人がとても多いです。

吉武

私は別に憧れてませんでしたがσ(^_^;)

てつや

訓練についていけなかっただけだろ。

ただ大人になって消防士や救助隊になりたい!

と思う人って、子供の頃からずっとカッコいい!なりたい!

と思っているものなんですよね。

今新しい仕事でドローンパイロットというジャンルも登場し始めていますが、大人も子供もカッコいいと思えるデザインって実はかなり大切なんだと思います。

さて話は少し脱線しましたが、このカスタムされたInspire2(インスパイア2)の解説をしていきます。

なぜDJI社のInspire2(インスパイア2)なのか?

元々Phantom3プロフェッショナルから機材導入した焼津市ですが、Inspire2が登場した時、すぐにその機能と性能に注目したそうです。

消防・防災活動で重視した機能は以下の通りになります

  • フェールセーフなど充実した安全性能
  • 2名操縦 カメラ
  • 画像伝送距離4km
  • デュアルバッテリー
  • 操縦者用前方カメラ

フェールセーフなど充実した安全性能

リターントゥーホームや障害物探知機能など安全機能を備えております。

2名操縦体制

ドローンそのものの操縦とカメラ操作を別個で実施できるのもInspireシリーズの特徴になります。

ドローンの操縦は集中力を使いますので、操縦の負担を2名体制以上にすることで捜索活動においても見落としは少なくなります。

通常の空撮業務でも相当に神経を使いますが、災害現場活動では言うまでもないでしょう。

基本消防隊は1車両に3〜4名乗車し、一つの小隊になっております。

もしドローンチームで小隊を組むなら

  • 小隊長:安全管理員
  • 機関員:ドローンの操縦
  • 隊員1:カメラオペレーター

といった具合になって活動するイメージですかね。

焼津市の救助用ドローンでは以下のカスタムが施してあります。

消防防災活動に特化した焼津市の救助用ドローンInspire2(インスパイア2)を紹介
  • 3倍ズームレンズ(14mm〜42mm)
  • オレンジ全塗装:国際救助色
  • LED照明
  • 物件投下用アーム

上記の装備品がドローンにカスタムしてあります。

Inspire2(インスパイア2)の意外な機能が救助活動に役にたった

Inspire2(インスパイア2)には撮影する上で、プロペラが映りこまないように撮影時はランディングギアを変形させることができます。

この変形機能が意外な形で救助活動に役に立つそうです。

水難救助活動において、海などに要救助者に対して浮き輪を届ける場合、近くまでドローンを変形させずにフライトさせます。

浮き輪を投下する際にInspire2のランディングギアを変形させることで、浮き輪を投下できる仕組みになっています。

消防防災活動に特化した焼津市の救助用ドローンInspire2(インスパイア2)を紹介

ギアの変形機能を活用した救助仕様のカスタム

民生機であるDJIのドローンでもプロフェッショナルの現場で通じる

DJIのドローンは元々空撮業務に特化したドローンですが、

  • 民生機ならではの価格的な導入のしやすさ
  • 機体の安全性性能
  • 撮影機能の高さによる情報収集能力と共有能力

など十分に使える要素を兼ね備えております。

というかまだまだ地方自治体では、現在販売されているドローンの性能やポテンシャルの高さを知らないケースが多いんですよね。

正しくドローンの性能を理解し、運用できるようになることでこれから様々な分野で活躍が期待されます。



スポンサーリンク






消防防災活動に特化した焼津市の救助用ドローンInspire2(インスパイア2)を紹介

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。