Apple本社にドローンが墜落!原因は何だ!?

Apple本社にドローンが墜落!原因は何だろう??

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

ネットサーフィンしてたらとても興味深い動画を見つけました。

こちらです。

DRONE CRASH at APPLE PARK Caught on Camera

内容は映像の通りですが、ドローンが墜落して、Appleの本社の屋根部分に落ちたとのこと。

動画を投稿しているのは、Matthew Robertsさんという方でこの方はドローンを墜落させた方ではなく、連絡を受けてその後、Phantom4Proで探索して映像を編集したみたいですね。

ことの顛末はこちら

Apple本社にドローンが墜落!原因は何だ!?

週末に無人機がApple Parkにクラッシュ。

操縦したドローンパイロットは事故直後に私と連絡をとり、私が墜落したドローンを見つけるのに手を貸して欲しいと依頼を受けた。

私はPhantom 4 Proでそれを検索し、ソーラーパネルで墜落したドローンを発見。

アップルと連絡をとり、ドローンの墜落について知らせてくれた。

墜落したドローンがAppleから返却するかどうかはまだ分かっていない。

とのこと。

墜落までの動画は『DJI GO4』のアプリに記録した映像であって、ドローン本体のSDカードを取り出したものではないみたいですね。

確かに画質もよくないし、途中のノイズも拾いまくってます。

屋根の上に墜落している映像についてはMatthew Robertsさんの所有しているPhantom4Proで撮影したものなので、映像は綺麗です。

墜落した原因は何だろう?

映像の途中で、急にドローンの姿勢バランスを崩して墜落に至ってます。

ドローンには『姿勢制御角』というものがあって、一定の角度までならバランスを保ってくれるのですが、あまりにも角度が傾きすぎると姿勢を維持できなくなります。

墜落したドローンはPhantom3シリーズっぽい

Apple本社にドローンが墜落!原因は何だ!?

先のソーラパネルの写真やDJIのアプリと言っている以上、Phantomシリーズなのは間違いなさそうです。

墜落直前、ドローンがバランスを崩してますが、瞬間的にドローンのアームが見えてます。

機種はどうもPhantom3シリーズっぽいですね。

Apple本社にドローンが墜落!原因は何だ!?

Phantom3professional

発売から長期間経過しており、現在は生産を中止しているドローンです。

ジンバルの調子もよくなさそう

Apple本社にドローンが墜落!原因は何だ!?

エルロン移動とともにジンバルが傾きすぎてる

映像の初期にジンバルの調子もあまり良くなさそうなことが伺えますね。

プロペラの老朽化が問題?

プロペラのうち1枚に不具合が起きて墜落した可能性もありますね。

風も雰囲気的にそこまで強そうには見えない

雲があれば一つの指標になりますが、今回は雲がほとんどありません。

そのため風の強さまで見抜けませんが、正直そこまで風が吹き荒れているようにも見えないですね。

まとめ

ここで原因を断定することもできないのですが、古い機種のドローンでメンテナンスを怠っていると急な墜落も想定しておかねばいかないという教訓になりますね。

ドローンは空を飛ぶため、常に墜落のリスクはありますね。

それにしてもAppleの本社ってドローンを飛ばしても大丈夫なんですね。

まずそこに驚きました。



スポンサーリンク






よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。