日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローン空撮&映像編集の基本を学ぶなら『ビデオSALON』が役に立つ

 
動画の編集や映像の基本を学ぶなら『ビデオSALON』が役に立つ
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

只今映像編集勉強中です!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

ドローンにもいろいろジャンルはありますが、多くのドローンユーザーさんはDJIの空撮用ドローンをお持ちだと思います。

ドローンは絶景を撮影するための新しい強力な撮影機材になりますが、ただ操縦が上手いだけでは、いい写真や映像は撮影できません。

このブログでも度々お伝えしていますが、

  • ドローンの操縦が上手い
  • センスのある空撮写真を撮影できる
  • かっこいい空撮映像を編集できる

はそれぞれイコールではないのです。

ドローンはこれから始めれば仕事になりそう!?

と思って、メジャーな民間資格を取っても仕事にならないのは当たり前の話で、ただ操縦できるくらいでは、仕事が入ってきません。

ドローンの操縦技術の上に、

  • 空撮するための撮影テクニック
  • 映像編集のスキル

などさらにその先にプロとして学ぶべきことはたくさんあります。

映像制作専門の会社があるように、その先の編集もとても奥が深いのです。

吉武

とまあ偉そうに語りましたが、私自身もドローンを始めた時はそんなことわからずとりあえずドローンを飛ばせればなんか仕事になるんじゃないかと思ってました。

というわけで、ドローンの操縦スキルや空撮スキルもしっかり学びながら『映像の世界』もしっかり学ぶ必要があります。

そこで役に立つのが『ビデオSALON』という雑誌です。

ビデオサロンはドローンも熱い!!

ビデオサロンのいいところは、ドローンをあくまで当たり前の撮影機材として扱っているところです。

私のようにドローンを専門にしていると、どうしても『ドローン!ドローン!』し過ぎてしまいがちなのですが、映像の世界の新しい表現としてドローンも当たり前だよね!くらいのスタンスなんです。

吉武

言われてみれば当たり前なんですが、DJIの空撮ドローンって空飛ぶカメラに過ぎないんですよね。

また様々な撮影手法やカメラの性能、映像編集の方法もライトかつマニアックに書かれているので、勉強になることがとても多い!

実際に雑誌の中では、ドローンのことについても『前略空からお邪魔します』のコラムが連載されております。

プロのドローン操縦士『ヘキサメディア野々村 巧さん』が担当しており、本当に勉強になります。

てつや

超有名人!編集長とはレベルが違うな。

吉武

(^_^;)

ビデオサロンさんはYouTubeで動画もアップしてくれてますが、ドローンについてもカメラの性能について詳しく触れてくれてとても勉強になります。

DJI Phantom 4 Pro画質・機能検証

【ビデオSALON】ドローン 空撮テクニック 3D空間演出能力 サーフィン

まとめ|ドローンと言っても学ぶことは多い

動画の編集や映像の基本を学ぶなら『ビデオSALON』が役に立つ

仕事にせよ、趣味にせよ、ドローンという一つのジャンルから様々な専門分野と関わる要素がとても多いです。

特に『空撮』というジャンルは多くの人がとても興味を持っており、そこで抜きん出るには人よりもさらに深く『勉強』する必要があります。

雑誌などは手軽に知識を吸収することができますので、ぜひ積極的に活用してみることをオススメします。

キンドルアンリミテッドなどにもなってますので、加入者は無料で読むことができるのでお得です。

ドローンにおすすめな本ならこちらもどうぞ!

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.