日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

DJI GO4の説明書|空撮ドローンを購入したら、設定したい7つのおすすめ初期設定

 
DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

DJI GO4のアプリの使い方を紹介します

DJI GO4の説明書|空撮ドローンを購入したら、設定したい7つのおすすめ初期設定

今回はDJI社の空撮用ドローンを操縦するに当たって、非常に重要な『DJI GO4』アプリのご紹介をします。

私自身、『Phantom4Pro・MavicPRO・MavicAIR』とたくさんのドローンを同時に使用しておりますが、一度このアプリの使い方を覚えてしまえば、基本の設定方法は同じですのでとても便利です。

吉武

共通の便利なアプリを使えることは非常に便利ですね。

上記写真のアプリ画面になりますが、とても便利で実際にドローンを運用している時のカメラからの景色や様々な設定方法を確認することができます。

  1. ホームボタン
  2. 機体ステータス:GPS・プロポ・バッテリー状態
  3. カメラ設定:ISO、シャッタースピードなど設定項目
  4. 障害物センサー:障害物との距離感、近づくと赤くなる
  5. フライトモード:アクティブトラックなどさまざまなモードを選択
  6. 地図:現在地をマップで表示
  7. 現在地の距離:離陸ポイントを記憶し、そこから高さや距離を算出

DJIの空撮ドローンを購入したら設定すべき7つの項目

続いてはDJI社のドローンを購入したら設定しておきたい7つの設定項目についてご紹介いたします。

この記事でわかること
  1. グリッドの設定
  2. カメラのジンバルピッチの調整
  3. ショートカットキーの設定
  4. 映像の設定
  5. Jpeg + RAW
  6. カラーの設定
  7. リターントゥーホームの設定

おすすめ設定①|カメラグリッドの設定

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

まずおすすめしたいのは『カメラグリッド』の設定です。

空撮写真を撮影する時には、『構図』がとても重要な役割を示します。

特に基本である『3分割構図』『対角線構図』など1つの写真の中に、被写体をどこに配置して撮影するかはとても重要です。

初期設定では、何も『グリッド』は表示されていないため、設定しておくことをおすすめします。

設定方法

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

選べるグリッドは3種類、自分の好みに合わせて設定しておきましょう。

写真の構図取りにおすすめの記事

おすすめ設定②|カメラのジンバルピッチの調整

次に設定しておきたのが『カメラのジンバルピッチ』の設定になります。

ドローンのカメラは縦方向に動かすことができますが、初期設定では結構早く動いてしまいます。

実際に空撮映像を撮影する際は、『できるだけ滑らか』にカメラが動く方が美しい映像を撮影することができます。

実際のジンバルピッチの比較動画はこちら

上記動画のようにジンバルピッチが早すぎると、ドローンを操縦しながらカメラを動かす時に滑らかなカメラワークができません。

そのため、事前に設定を変更しておくことをおすすめします。

吉武

個人的におすすめは『10以下』に設定しておくことです。

設定方法

カメラジンバルのピッチを調整しよう

カメラジンバルのピッチを調整しよう

カメラジンバルのピッチを調整しよう

設定は上記の画面から変更をすることができます。

こちらは確実に設定しておきたい項目になります。

おすすめ設定③|ショートカットボタンの設定

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

Phantom4Proには2種類ショートカットボタンがある

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

次は『ショートカットボタン』の設定です。

ドローンのプロポの種類によって異なりますが、プロポ裏にある『ショートカット』ボタンを設定しておきましょう。

設定方法

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

おすすめは『カメラの前方・下』になります。

先の設定②でジンバルピッチを緩やかにしていますので、ボタン一つでカメラを上下に移動できるようにしておくと余計な時間を使わずに済みます。

いずれにしろ、自分好みのカスタム設定をしておくとよいでしょう。

おすすめ設定④|映像の設定

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

DJIのドローンは綺麗な空撮映像が撮影できます。

映像は4K・2.7K・HD

フレームは24fps・30fps・48fps・60fps

とドローンによって設定を選ぶことができます。

こちらも好みに合わせて設定をしておきましょう!

吉武

SNSに公開する程度であれば、HD30fpsあたりでいいと思います。

私自身は、『4K30fps』を基本にしております。

おすすめ設定⑤|Jpeg+RAW

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

空撮写真を撮影する時に、初期設定では『jpeg』で写真が撮影されるようになっています。

『RAW』撮影もできるように設定しておくと、撮影後により本格的に『現像』をすることができます。

海外のクリエイターは当たり前のように『現像処理』をしていますが、日本ではまだまだな現状。

ここはぜひ『RAW撮影』『現像処理』に挑戦していただきたいです。

設定方法

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

おすすめ設定⑥|カラーの設定

DJIのドローンには専用の『カラー』が用意してあります。

映像を撮影後、本格的なカラーグレーディングに挑戦したいときは『D-LOG』がおすすめです。

またいろいろなカラーがありますので、事前にお気に入りのものを見つけておくと、映像に『世界観』を作ることができます。

設定方法

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

カラーは14種類あります。お気にりのカラーを見つけておきましょう。

おすすめ設定⑦|リターントゥーホームの高さ設定

リターントゥーホームとは、いざという時に離陸ポイントまで自動で戻ってきてくれる便利な機能になります。

DJIには3種類RTHがあって、

  • スマート:ボタン一つで戻ってくる
  • ローバッテリー:一定のバッテリー残量以下になると戻ってくる
  • ノーコン:ドローンとプロポの電波が切れたら、10秒後に戻ってくる

この時に、事前に戻ってくるときの高さを設定しておく必要があります。

初期設定は『30m』になっております。

多くの方はこの設定で問題ないと思いますが、ドローンを運用する場所によって周囲に30m以上の建物や障害物があるときは注意が必要になります。

そのため、「いざという時はリターントゥーホームがあるからいいや」ではなく、その設定にまで気を配るようにしておきましょう!

設定方法

DJI社の空撮ドローンを購入したら、設定しておきたい7つのおすすめ初期設定

まとめ|細かい機能まで使いこなしましょう!

というわけでおすすめの初期設定のご紹介をさせていただきました。

他にもいろんな設定がありますので、ぜひぜひ細かい部分まで設定できるように使いこなしてみてください。

さらに今回紹介しきれなかった『カメラの詳細設定』については以下の記事で解説しております。

ぜひチェックしてみてください。

おすすめのDJIドローンはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.