Mavic

メリットいっぱい!新型ドローンMavic AIR(マビックエア)をハンドキャッチする方法

MavicAIR(マビックエア)をハンドキャッチする方法

Mavic AIR(マビックエア)の着陸をハンドキャッチしてみよう!

吉武編集長
吉武編集長

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

昨日、無事にDJIの新型ドローンであるMavicAIR(マビックエア)が到着しました。

早速開封レポートもしましたが、昨日はあいにくの雨で存分に飛ばすことができませんでした。

というわけで、本日は無事に時間を見つけてMavicAIRを飛ばすことができました。

まずは撮影した空撮映像をご覧ください。

Mavic AIRを使って海で空撮してきた

吉武編集長
吉武編集長
さくさく〜と撮影したのをつなぎ合わせてみました。

途中いくつか新機能の『スマートキャプチャー』を使って撮影をしています。(自撮りっぽいやつ)

MavicPROよりさらにコンパクトかつスマートでどこへでも飛ばしたくなるお手軽さでした。

『スマートキャプチャー』などの機能については、また別記事でご紹介していきます。

『MavicAIR』のドローン概要

発売DJI
製品名MavicAIR:マビックエア
価格
  • 単品:104,000円
  • コンボ:129,000円
重量430g
最高時速時速68.4km
飛行時間最大21分
映像
  • 4K30fps
  • 1080p/120fps
静止画1200万画素・HDR(ハイダイナミック)写真
特徴8GB内部ストレージ
公式サイトhttps://store.dji.com/jp/product/mavic-air

公式サイトDJI楽天ストア

吉武編集長
吉武編集長

MavicAIRの性能に関しては別記事を参考ください。

Mavic AIR|新型ドローンを開封から初飛行まで徹底的に解説するぞっ!
『Mavic AIR(マビックエア)』開封から初飛行まで徹底的解説!https://drone-aerial-corps.com/2018/01/16/mavic-air/http...

MavicAIRでハンドキャッチをする方法

期待されるDJIドローンの新型MavicAIR!ついに登場!!

というわけで今回のテーマでもあるMavicAIRのハンドキャッチの方法をご紹介します。

ふじこ
ふじこ
ハンドキャッチってなに??
吉武編集長
吉武編集長
ドローンが着陸する際、自分の手に直接着陸させる方法になります。

手でキャッチすることによって、路面状況が悪い場所でもドローンを汚すことがなくなります。

ハンドキャッチのメリットとして

  • 砂浜などで着陸時に砂を巻き上げて機体に被らない。
  • 地面が泥の場合、汚さなくて済む
  • 船などからドローンを離陸させた場合は、地面に着陸させるより手でキャッチできたほうが安全

などなどいくつかメリットがあります。

ドローンを離陸させるときは、狭いスペースや安全な場所から離陸できますが、着陸はなかなかピンポイントでできないですよね。

MavicAIRはいろんな場所に持っていけますので、ぜひハンドキャッチも覚えてみましょう!

吉武編集長
吉武編集長
コツを掴めば結構簡単です!
てつや
てつや
プロペラは凶器だ。俺のようにな。

Mavic AIRをハンドキャッチしている映像

指でつまむ場所

MavicAIR(マビックエア)をハンドキャッチする方法

こんな感じでつまみます

MavicAIR(マビックエア)をハンドキャッチする方法

プロペラが届かない範囲

MavicAIR(マビックエア)をハンドキャッチする方法

極端な話、こんな感じでも

MavicAIR(マビックエア)をハンドキャッチする方法
てつや
てつや
良い子は真似すんなよ!

センサーはここ

MavicAIR(マビックエア)をハンドキャッチする方法

センサーが反応するとドローンは上昇してしまいます。

うまく避けて掴みましょう!

まとめ

というわけでハンドキャッチのご紹介でした。

できるようになるといろんな場所でドローンを飛ばせるようになるメリットがありますので、ぜひ挑戦してみてください。

くれぐれもプロペラには接触しないよう十分に注意してくださいませ。

その他MavicAIRの記事

おすすめDJIドローンの選び方はこちら

DJI『空撮 ドローン』おすすめランキングベスト8【2019年版】
【2019年版】全て操縦して比較!DJIドローンおすすめベスト9の性能紹介【2019年版】人気のDJIドローンを購入する上で大切な価格と性能を徹底比較するぞ![blogcard url=...
ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。