DJI空撮ドローン入門はMavic AIR(マビックエア)がおすすめな4つの理由

そろそろDJIの空撮ドローンを買ってみたい!でもどれを選べばいいの?

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

最近になってDJI社から立て続きに新作が発表されました。

  • Tello:200g未満のトイドローン
  • MavicAIR:MavicPROのコンパクト型

などなど魅力的なラインナップです。

すでに何年もドローンを行なっている方はすでに自分なりのドローンの購入基準というものが定まっていることでしょう。

しかし、今からドローンを始めたい方はどれがいいかわからないと思います。

そこで2018年1月現在、超ざっくりですが、おすすめドローンをご紹介します。

めっちゃ詳しく書いた内容は以下の記事にまとめてますので、そちらをご覧ください。

なぜ空撮入門機にMavicシリーズがおすすめなのか?

ズバリ空撮するために絶対必要な

  1. 高いカメラ機能
  2. コンパクトさ
  3. 低価格
  4. ドローンそのもの安定性

と4拍子揃っているからです。

入門者におすすめな理由①|高いカメラ機能

MavicPROとAIRそのものは

  • 1200万画素
  • 1/2.3インチセンサーサイズ
  • 3軸ジンバル
  • 24mmの広角レンズ
  • 4K30fpsの映像撮影可能
  • スロモーション撮影可能(AIRのみ)

という素晴らしいカメラ性能を誇るためです。

実際にMavicシリーズで撮影した動画や空撮写真はこちらになります。

MavicAIRで撮影した空撮写真

MavicAIRで撮影した空撮写真 MavicAIRで撮影した空撮写真 MavicAIRで撮影した空撮写真

画像引用:DJI

上記は2018年1月24日に発表があったMavicAIRで撮影した空撮写真になります。

素晴らしい空撮写真ですよね。

このように初めてドローンを購入する方にとっても、すでに空撮をしている方にとっても素晴らしい写真を撮影することができます。

MavicPROで撮影した空撮動画

こちらは実際にMavicPROで空撮した映像になります。

多くのテレビ局はPhantom4ProかInspire2(インスパイア2)などの上位機種を使って空撮しております。

しかし、Mavicシリーズでも十分に素晴らしい映像を撮影することができます。

とりわけYouTubeやVimeoにアップするくらいならよほど画質を気にしなければ遜色はありません。

入門者におすすめな理由②|どこにでも行けるコンパクトさ

これはMavicシリーズの象徴とも言えるポイントです。

Mavicシリーズはとにかくコンパクト!

どこへ持っていくのにもほとんど苦になりません。

旅先、特に飛行機移動をするときは、カバンひとつにすっぽり入るMavicシリーズは超絶便利です。

さらに上記で紹介した素晴らしい映像や写真を撮影できてしまう。

正直この2つだけでも言うことないですよね。

でも違うんです。

まだまだあります。

入門者におすすめな理由③|15万円以内の低価格

Mavicシリーズのおすすめポイントは価格にもあります。

あれだけ高性能なカメラ機能とコンパクトさを兼ね備えていながら、価格は

  • MavicAIR:104000円
  • MavicPRO:129800円
  • Mavic Platinum:144800円

とどれも15万円以下で購入が可能です。

実際にはバッテリーなども必要になりますが、AIRであれば15万円以内の予算で必要十分なセットを購入できます。

15万円という価格が高いと思うか安いと思うかは人それぞれです。

私自身、ドローンを仕事にしようとPhantom4を初めて購入したときは204000円でした。

それでもこの価格でこれだけのことができるんだと感動しました。

そして2週間で水没させてしまいましたが・・・

人それぞれドローンを始める目的は異なりますが、地上で一眼レフなどの撮影もしていると

レンズ1本10万円を平気で超えてくる世界ですので、これだけのカメラ機能を備えておきながら安定した飛行性能も抜群。

360度自由に配置できるカメラと思っても相当に優秀です。

私はSONYのミラーレスを持ってますが、ドローン並みに金がかかって困ってます笑

入門者におすすめな理由④|安定性と安全性

初めてドローンを始める方にとって一番気になるのは、安全性ではないでしょうか?

せっかく10万円以上のドローンを購入しても、いきなり墜落させてしまうのではないか?

とか不安は尽きないものです。(私はやらかしましたが)

そこで抜群の安定性を誇るDJIのドローンは自信を持ってお勧めできます。

  • 障害物センサー
  • 高いホバリング機能
  • リターンホーム機能

など初めてドローンを始める上で安全な機能が揃っております。

海外の検証動画|これでも墜落しないとか凄すぎる!

じゃあMavicPROとMavicAIRどっちを選んだらいいの?

旅に最強ドローンMavicAIR|SPARKをコンパクトにMavicの性能を大幅強化!

ズバリMavic AIRでいいと思います。

前の記事であれこれ性能やら価格やら重量やら長いうんちく垂れながら比較してみてますが、ぶっちゃけ『新しい方がいい』ですよね。

もし私がドローンをこれから始めると考えると、一番最新型でDJIドローンでもっとも優秀な評価をされている『Mavicシリーズ』の新型です。

これはどう考えても最新型のドローンで空撮デビューしたいはずです。

かつて20万円以上のお金で購入したPhantom4のカメラ機能をこれだけコンパクトなサイズで実現してしまったのは、本当にすごいことです。

しかも価格が半分!

もう買うしかないですよね。

ここでPhantom4Pro以上のモデルに触れていないのは、まず10万円程度で購入できる

『Mavic AIR』で空撮デビューしてから、そこからもう一歩二歩先の映像を追求したいときに考えればいいと思っているからです。

また業界のモデルチェンジは早いので、MavicAIRで空撮を堪能しているうちに、Phantom5など新シリーズが登場することが十分に考えられます。

またMavic AIRもそのコンパクトさとカメラ機能で空撮業務のサブ機として活躍できますので、持っておいて損はしません。

もっとあっさり記事を書くつもりでしたが、いつのまにかタイピングする手が止まらなくなってしまいました。

というわけで以上です!

購入レポートはこちらになります。

ちなみに200g未満のトイドローンから始めたい方は以下の記事たちを参考ください。



スポンサーリンク






よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。