Mavicpro・air

DJIドローンPhantomにNDフィルターを装着する方法と撮影動画を比較してみた。

DJIドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法と撮影動画を比較してみた。

ドローンの空撮映像にはNDフィルターが必要な理由とは?

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

ドローンを運用する場面の多くは、『晴天の屋外』ですよね。

しかし、DJIの空撮ドローンなどをそのまま運用していると画像が

『白とびしてしまった』

なんてことはありませんか?

そこで活躍するのが『NDフィルター』になります。

今回は『NDフィルター』についてのご紹介です。

NDフィルターとは?

NDフィルターとは、ニュートラル・デンシティー(Neutral Density)フィルターの略で、直訳すると『中立な濃度のフィルター』と言う意味になります。

目で見える範囲の光を均等に吸収するよう設計されており、発色に影響を与えることなく、光量のみを少なくします。

NDフィルターの”ND”の後に続く番号は、入射する光の量を何分の1に減らすことができるか、を示します。

ND2なら光量を2分の1に、ND4なら光量を4分の1に、それぞれ減少させることができる、ということを表しています。
出典:NDフィルターとは?| ケンコー・トキナーより引用

Phantom4ProのNDフィルター

ドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法

今回DJI社Phantom4Pro純正のフィルターを購入しましたが、以下の3種類があります。

  • ND4:光量を1/4に抑える。露出を2ストップ減少。
  • ND8:光量を1/8に抑える。露出を3ストップ減少。
  • ND8:光量を1/16に抑える。露出を4ストップ減少。

ドローン空撮におけるNDフィルターの必要性

はっきり言ってしまうと、ドローンにおける映像撮影で『NDフィルター』は必須道具になります。

動画は簡単に言うと『シャッタースピード優先が基本』となります。

写真と違って、必要以上にシャッタースピードをあげてしまうと1コマ1コマがパラパラ漫画のようになってしまいます。

映像は適度なブレがあってこそ滑らかな映像になります。

ドローンは撮影ポイントが、海・山などアウトドアな環境がとても多いです。

特に海などでは、光の反射が激しいため、 NDフィルターを使用することで、光の反射を抑えることができます。

また一度に取り込まれる夏場の日中などは光の量が多いため、それを低減させるためにNDフィルターの装着は重要になってきます。

MavicPRO・AIRはF値固定なので、ますますNDフィルターが必要になる

Phantom4Proの場合、F値を調整することはできますが、Mavicシリーズの場合はF値が低い数値で固定されてしまってます。

  • MavicPRO:F値2.2
  • MavicAIR:F値2.8

そのため、非常に光を取り込みやすく、明るさを調節するには『ISO』の数値を下げるしかないのですが、それにも限界があります。

取り込む光の量を調節して、シャッタースピードを下げるためには『NDフィルター』はほぼ確実に必要だといえるでしょう。

Phantom4ProにNDフィルターを装着する方法

ドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法

まずは元から装着されている『レンズカバー』を外します。

ドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法
吉武編集長
吉武編集長
ちょっと硬いですが、『ねじ式』にカバーがついてるので、回せば外せます。

NDフィルター8を装着する

ドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法
吉武編集長
吉武編集長
あとはねじ式にフィルターをはめれば装着完了です。

実際にNDフィルターを装着して空撮してみた。

まだND8のフィルターとしか比較はできませんが、確実に光量が抑えられていることが確認できます。

写真で比較

NDフィルターなし

ドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法

ND8フィルターあり

ドローンPhantom4ProにNDフィルターを装着する方法

まとめ

ドローンの操縦に慣れたらぜひ環境に合わせてフィルターの選定もしてみてください。

特にMavicPROは F値の設定ができないので、その必要性が一層高まります。

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。