DJI社

インスタ映えするドローンセルフィー7つの撮影方法を紹介します。

インスタ映えするドローンセルフィーの7つの撮影方法をご紹介

ドローンで『インスタ映え』するセルフィーを撮影してみようじゃないか!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

2017年の流行語は『インスタ映え』でしたね。

SNSの普及とカメラ機能の進化とともに、写真専用SNSの『Instagram』が大流行しました。

吉武編集長
吉武編集長
もちろん私もやってます。

ふじこ
ふじこ
私もやってるよ♪

てつや
てつや
お前もやってたんかい。
吉武編集長
吉武編集長
このキャラ設定のためだけに専用のアカウント開設しました(^_^;)

そもそもインスタ映えとは??

一言でいうとInstagramでお洒落でセンスがよく、たくさんの『いいね』や『コメント』がもらえそうな写真のことです。

フォロワー(ファン)の多いインスタグラマーは1枚の写真だけで、フォロワーに対して大きな訴求力があり、『インフルエンサー』と呼ばれていたりします。

吉武編集長
吉武編集長
渡辺直美さんなんかがいい例ですよね。

吉武編集長
吉武編集長
今の時代影響力の大きいインスタグラマーはそれだけで仕事になってたりします。
ふじこ
ふじこ
インフルエンサーになって荒稼ぎしたい♪
吉武編集長
吉武編集長
そこで今回はドローンで撮影できるセルフィーでインスタ映えする空撮写真の撮影方法を紹介します。

インスタ映えするドローンセルフィーの撮影方法|7つのコツ

コツ①|俯瞰構図で撮影する。

ドローン最大の魅力は『低空でもカメラを真下(俯瞰)』して写真撮影ができることです。

この特徴を活かして、家族や仲間たちとの集合写真をより特別に撮影しましょう!

撮影時の注意点|ドローンの墜落リスクを避けよう

てつや
てつや
ドローンは墜落するリスクがあるので注意が必要。特に全く関係ない第三者の上空は厳禁な!

人の上から集合写真を撮影する場合、強風下のような場合などを避けるようにしましょう。

吉武編集長
吉武編集長
少し斜めから撮影して後で切り抜いたりすれば大丈夫です。またプロペラガードを装着しておくと良いでしょう

コツ②|みんなで面白いポーズをする

吉武編集長
吉武編集長
せっかく空中から撮影するので、面白いポーズで撮影してみましょう!

てつや
てつや
一文字みたいなこともできそうだな。

コツ③|地形の特徴を活かす

吉武編集長
吉武編集長
人だけを主役にするのではなく、その周囲の地形も活かして撮影してみても面白いです。

吉武編集長
吉武編集長
普通の草原もドローンだと、えっ?ここどこで撮影したの?と言われるような写真になります。

コツ④|3分割構図など構図を意識する。

吉武編集長
吉武編集長
ドローンセルフィするときは『人』と『地形』が主役になるので、点となる『人』をどこに配置するかも重要

写真の一般的構図でお馴染みの『3分割構図』を意識して、地形と人を撮影すると美しい構図になります。

インスタ映えするドローンセルフィーの撮影方法グリッド線の交点に配置するとバランスがよくなります。
てつや
てつや
被写体が編集長だと美しくないな。
吉武編集長
吉武編集長
(^_^;)

コツ⑤|カラーグレーディングを使う

吉武編集長
吉武編集長
DJIのドローンには初めから特徴的なカラーが揃ってます。元データから特徴的なグレーディングを選択しておけば加工段階で無闇に画質を落とさずに済みます。
てつや
てつや
Instagramの編集はどうしても荒くなるからな。

コツ⑥|映像として撮影する

ドローンは写真だけでなく、もちろん映像としても撮影できます。

映像として残すことでより一層印象的になるでしょう。

ふじこ
ふじこ
2018年はムービージェニックが流行の予感♪

吉武編集長
吉武編集長
このようにドローンの運動機能を活かして面白い映像を撮影してもおすすめです。

コツ⑦|ドローンと一緒に撮影する

吉武編集長
吉武編集長
最後はドローンそのものをインスタ映えするアイテムとして一緒に撮影してみましょう!
てつや
てつや
もはや空撮ではないな。

吉武編集長
吉武編集長
常に撮影する側のドローンもたまには一緒に撮影してあげましょう。

ふじこ
ふじこ
私も一緒に撮影したよ♪

まとめ|ドローン撮影でもっと写真と映像の可能性は広がる!

というわけで今流行の『Instagram』とドローンの撮影方法の紹介でした。

ドローンも使うことでもっと面白い写真が撮影できるといいですね。

インスタ映えするドローンの選び方はこちら

DRONE WALKERの使用機材|Phantom4Pro & MavicPRO

ドローンを取り巻く法律やルール、飛行場所の探し方

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。