日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

DJIトイドローン『Tello(テロー)』レビュー!性能を初心者向けに解説します

 
DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

DJIから新作『Tello(テロー)』発表!今度は200g未満のトイドローンだ!

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

2018年上半期ドローンのシェア率70パーセント以上『DJI社』から新型のドローンが発表されました。

それは『Tello』『MavicAIR』

今回は『 Tello』のご紹介です。

Telloの読み方は『テロー』

吉武

Telloと書いて『テロー』と読むみたいです。

『テッロ』と読んでいる人もいます。

DJI Tello(テロー)のプロモーション動画

吉武

Telloのプロモーションビデオです。

てつや

今回はDJI公式じゃなくて、製作した『Ryze Robotics』から動画があがってるな。

『Tello』は『インテル』の技術が搭載されている

今回は純粋に『DJI社』が開発したドローンではなく、『インテル』との共同開発により『Ryze社』から開発されております。

『インテル』と言えば、『平昌オリンピック開会式』で1218台のドローンをプログラミング飛行させたことで非常に話題になりましたよね。

『DJI』は空撮用ドローンで有名でしたが、今回は200g未満かつ、全く新しい技術が搭載されております。

『Tello』5つの魅力とは?

まずはその魅力からお伝えします。

  1. 価格が1万円台前半で購入できるため、入手しやすい
  2. 機体重量200g未満であるため、飛ばす場所を探しやすい
  3. 飛行の安定性に非常に優れ、『Mambo』よりも優秀
  4.  SNS映えな空撮写真と動画の撮影が可能
  5. ドローンを活用したプログラミング教育にも有効

箇条書きにするとこんな感じですね。

これから

  • ドローンを始めてみたい!
  • ゆくは壮大な自然を空撮してみたい!

という方のための『ドローンの入門機として最高』のモデルになっております。

今回は『Tello』そのもののスペックについてご紹介していきますが、実際の開封レビューを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

実際の開封記事とTelloの扱い方はこちら!

Telloのスペック

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

  • 価格:12800円
  • 重量:80g
  • 飛行時間:13分
  • 画質:HD720P
  • 画素数:500万画素
  • 最大伝送距離:100m
  • 手振れ補正:あり ➡︎ ジンバルではなく『電子手振れ補正』
吉武

スペック・価格的にこれからドローンを始めてみたい方でも手にしやすいです。

初期セット

DJIの新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

  • 本体:1機
  • バッテリー:1個
  • プロペラ:8枚
  • ペラガード:1セット
吉武

SPARKと同じでプロポはついてないので、別売りみたいですね。

てつや

プロポやバッテリーがいくらくらいの価格か気になるところだぜ!

ふじこ

80gって今まででもっとも小さいね♪

吉武

200g未満なので、『航空法の規制対象外』ですね。

Tello(テロー)の外観

正面図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

真上図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

真横図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

斜め図

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

ふじこ

ぱっと見SPARKに見えるね♪

最大の特徴はDJI初の200g未満で航空法規制対象外であること

これまで『DJI』は空撮用ドローンの販売を中心にしてきましたが、ここに来て『200g未満』のトイドローンを出して来ました。

日本でドローンを運用する際は『200g未満』『200g以上』かで『航空法』という法律が適用されるか否かのラインになります。

詳しくは以下の記事を参考ください。

Telloはカメラジンバルなし?

DJIから200g未満『Tello』登場12800円80gで航空法対象外

写真の通り、カメラは備えつけられておりますが、ジンバルはありません。

てつや

電子手ブレ補正機能はついてるみたいだな。

また映像は4Kとまではいきませんがそれなりの画質で撮影できそうです。

吉武

今いろんなメーカーから200g未満でそこそこいい映像が撮影できるドローンも出始めています。DJIがここに切り込んでくると映像にも期待ができそうですね。

飛行時間は13分

吉武

ホビードローンの飛行時間が13分って今までの中でもかなりの長時間飛行ですね。

色は選べる3種類

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

吉武

色は3種類あります。

ふじこ

私は黄色♪

Telloの機能

手のひらからキャッチ&リリース

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

吉武

手のひらからハンドリリースどころか、投げてもそのまま飛行できるみたいです。

別売りコントローラー

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

スマホとリンクさせて操縦できるコントローラーもあります。

ホームページを見る限り、別売りで販売しそうですね。

てつや

プロポくらい初めから付けといてくれや!

FPVゴーグル

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

DJIゴーグルとはまた別のゴーグルが登場しております。

こちらも価格など気になるところです。

てつや

というか画面を見る限り、スマホをVR化しているだけなので、純正品でなくても大丈夫そうだな。

プログラミング

DJI新作『Tello』登場!12800円80gで航空法対象外!

コンピューターで組んだプログラミングに合わせてドローンの操縦が可能です。

吉武

ドローン&プログラミング教室にも使えそうです。

てつや

プログラミングも結構流行ってるし、なかなかいいな。

価格12800円でターゲットはMambo潰し!?

200g以下parrot Mambo FPVでドローンレースパイロットの入門をしよう!

吉武

parrotのmamboよりもやすくてコスパかなり高いかも

てつや

完全にmamboを潰しにきてるな。

吉武

さすがにライバル会社の後発機なので、mamboの性能と価格を熟知した上で商品設計&価格設定してそうですね。

DJI telloは最強の自撮りドローン

子供(小学生)のプレゼントにおすすめなトイドローンベスト3と注意点

実際に『Tello』で空撮した写真。これならインスタ映えも狙えそう。

この価格でそこそこいい感じで撮影できたら、ある意味自撮りドローンとして最強かもですね。

またFPVも楽しめそうなので、自宅内で『tinywhoop』のようにドローンレースが楽しめそうですね。

ふじこ

自宅内が巨大なアトラクションになるね♪

Telloを屋外で空撮してみた

子供(小学生)のプレゼントにおすすめなトイドローンベスト3と注意点

ちょっとした風でも安定して飛行が可能。

今後とも追記していきます。

1月8日発表されたばかりの内容で記事を書いてますので、今後わかった情報があり次第どんどん追記していきますね。

吉武

多分買うと思います。

てつや

ドローンの体験イベントにも使えそうだしな。

DJIのおすすめドローンはこちらの記事を参考にしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2018 All Rights Reserved.