DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

DJI社

【まとめ】ドローンの空撮写真がもっと上達する5つのコツ

【まとめ】ドローンの空撮写真がもっと上達する5つのコツ

ドローン空撮写真上達術|少しの工夫であなたの写真はもっとよくなる!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

すでに何回かに分けて紹介してきた『ドローンの空撮写真が上達するコツシリーズ』ですが、ここはそのまとめページになります。

気になる写真や内容があれば、ご覧いただけると幸いです。

撮影機材&編集環境

DRONE WALKER(ドローン ウォーカー)では以下の機材や編集ソフトを使用しております。

  • 撮影機材:Phantom4Pro・Mavic PRO

  • 写真はJPEG&RAW撮影で撮影しておく
  • 現像はLightroomやPhotoshop

人によっては好みが分かれる画像の編集を前提としておりますので、ご了承ください。

空撮写真上達のコツ1|RAW現像で撮影してみよう!

ドローン空撮写真上達のコツ4|初心者ほどRAW撮影がおすすめ

デジカメ然りドローン然り、基本設定は『JPEG』で撮影されますが、ここは『RAW』データも合わせて設定してみましょう!

撮影後の『現像(編集)』も含めて空撮と捉えると、一層ドローンの空撮が面白くなります。

一枚の写真でも現像とあなた自身のイメージで最高の1枚に仕上げることが可能です。

空撮写真上達のコツその2|ドローンならではの俯瞰構図は探しましょう

ドローン空撮写真上達のコツ3|美しい俯瞰構図を見つけよう

ドローン空撮写真上達のコツ3|美しい俯瞰構図を見つけよう

ドローン空撮写真上達のコツ3|美しい俯瞰構図を見つけよう

ドローン空撮写真上達のコツ3|美しい俯瞰構図を見つけよう

ドローン空撮写真上達のコツ3|美しい俯瞰構図を見つけよう

ドローン空撮の新しい魅力は低空でも『俯瞰(真上)』から写真が撮影できることです。

これは今までの地上撮影やセスナなどでの航空写真では実現できなかったことです。

この新しい『俯瞰構図』というものはドローンから始まったのです。

そのため、積極的に面白い俯瞰構図を探し出して写真に収めてみましょう。

特徴的な地形や建築物、さらに大自然と人が作り出した人工物の組み合わせもとても魅力的に撮影することができます。

空撮写真上達のコツ3|基本の『3分割構図』を意識する

ドローンの空撮写真が上達するコツ5|構図はまず『3分割法』を押さえよう

地上、空撮に問わず、センスのいい写真構図の基本は『3分割法』がベースとなっている場合がほとんどです。

この基本構図を身につけることで、いろいろと応用が効くようになります。

構図の知識といろいろな環境で撮影を重ねることで、あなた自身いろんな環境下でとっさに引き出せるように経験を積んでおきましょう。

空撮写真上達のコツ4|対角線構図を意識する

ドローン空撮写真上達のコツ2|対角線構図を意識する

ドローンで撮影できる絶景は、主に海や山など大自然のロケーションが多いですが、その自然に道路や橋などの人工物が加わることで魅力的な写真が撮影できます。

そんな時に役に立つのが『対角線構図』

これは地上撮影では一般的な構図ですが、空撮写真においてもとても使いやすい構図になります。

ドローン空撮写真上達のコツ2|対角線構図を意識する

空撮写真上達のコツその5|無意識に感じる不自然さを調整する

ドローン空撮写真上達のコツ1|撮影後の構図調整のバランス

ドローンの空撮は今までになかった新しい視点からの撮影を可能にしました。

空中に自由にカメラを固定して撮影できる。

それは写真撮影に全く新しい魅力になります。

しかし、同時に空中から地上を見下ろして撮影すると、馴染みのない多くの人にとっては気づかないレベル、すなわち無意識に不自然と感じてしまうポイントもあるのです。

  • ひとつは『上から下へ収束していく構図』
  • もう一つは『上空から撮影による被写体の潰れ』
    になります。

地上から見た感動と上空からの感動を一致させるために、『現像』段階で少しの工夫すると多くの人により自然に受け入れられる魅力的な空撮写真になります。

まとめ|空撮写真上達術は追加されていきます。

空撮カメラマンに地上写真もやるべき3つの理由

今後、いろいろなロケーションでの撮影方法や、構図の取り方、写真の現像方法などをご紹介していきます。

このページはそのまとめページになりますので、コンテンツも追加していきますのでよろしくお願いします。

空撮カメラマンに地上写真もやるべき3つの理由

ドローンでロッククライミング風のセルフィー(自撮り)を撮影してみた。 ドローンでロッククライミング風のセルフィー(自撮り)を撮影してみた。

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!
2017年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2・SPARKなどの最新機種を解説! 「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

スポンサーリンク

オリジナルグッズ販売中

Tシャツをはじめ、マグカップ・ステッカーなどDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)オリジナルグッズも取り扱ってます。 シンプルなロゴで普段使いにぴったりです。 よかったらみてくださいね。
オリジナルグッズ販売中

コメントする。

*
*
* (公開されません)

DRONE WALKER