日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローンでロッククライミング風のセルフィー(自撮り)を撮影してみた。

 
ドローンでロッククライミング風のセルフィー(自撮り)を撮影してみた。
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローンで撮影できる変わったセルフィー(自撮り)

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今Instagramの流行で写真が流行しておりますが、ドローンを活用することで面白い写真を撮影することができます。

一見するとロッククライミングをしているように見ますが・・・

ドローンでロッククライミング風のセルフィー(自撮り)を撮影してみた。

上の写真は一見頂上を目指してロッククライミングをしている男性のように見えますが、、、

ドローンでロッククライミング風のセルフィー(自撮り)を撮影してみた。

ドローンで撮影した空撮写真になります。

映像で地上から上空まで上がる様子を撮影しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

ドローンで空撮したセルフィー〜ロッククライミング風〜

地表から上空150m付近まで上昇するときに新しい景色と広がりはやはり素晴らしいものがあります。

初めの写真からでは想像もできないような景色に連れて行ってくれるのがドローンの魅力と言えるでしょう。

倒れている人にしか見えないと言われたら元も子もない(^_^;)ですが、写真のセンスやクオリティにこだわれば、もっといい写真を撮影できることは容易に想像できると思います。

飛行機では撮影できないドローンの魅力とは?

ドローン空撮の魅力は『人との距離感の近さ』です。

数年前まで空撮は『セスナ』などの航空機が主流でしたが、ドローンの登場とりわけカメラ性能とジンバル機能の向上に伴って空撮というものはより身近になりました。

その中でドローンの大きな魅力のひとつを紹介すると、人との距離感です。

通常人の手を離れたものが上空100m以上上昇するなんて考えられないことでしたが、それを可能にしたドローン。

そうすることで『一文字』やまるで『トリックアート』のような『人と周囲の環境』を活かした新しい写真の構図が誕生したのです。

皆さんの中でドローンを使った面白い写真があればぜひご紹介くださいませ。

ドローンに関して諸々規制があるので、これから始めて見たい方はこちらの記事など参考にください。

DRONE WALKERでは以下の機材を使用しております。

  • 撮影機材:Phantom4Pro
  • 編集:Lightroom

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.