日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローン空撮の現場をちょっとだけ紹介するよ!

 
ドローン空撮の現場をちょっとだけ紹介するよ!
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

長野県で空撮の仕事をしました!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は少しだけ空撮現場の紹介をします。

いつも行なっている空撮現場よりも特殊でしたので、参考になれば幸いです。

朝5時に集合!

ドローン空撮の現場をちょっとだけ紹介するよ!

とにかく朝一の撮影だったため、集合はとても早かったです。

霧がすごすぎ!

ドローン空撮の現場をちょっとだけ紹介するよ!

続いては霧!

結構高知でのロケでしたので、霧が発生して大変でした。

おまけに強風!

とんびがいっぱい!

続いてはとんびです。

とにかくトンビやらカラスやらがいっぱいいました。

個人の空撮であれば、多少出て来ても自分の力量でなんとかコントロールできるんですが、今回は時間も限られた中、また霧が発生していたため、ドローンを飛ばす時間も限られているため、むやみに飛ばして彼らを刺激することは避けねばなりません。

交通誘導員も雇っての撮影

ドローン空撮の現場をちょっとだけ紹介するよ!

今回、車を撮影するために道路の使用許可を出し、さらに交通誘導員を3名雇っての現場でした。(雇っているのは私ではなく、クライアント様になります。私も雇われた側です)

さらに車もレンタカーを使用しました。

初めて尽くしの現場でした。

というわけで、

  • 超早朝
  • トンビ
  • 濃霧
  • 強風
  • 大掛かりなスタッフ

と今までにない形で撮影をさせていただきました。

まあ撮影そのものは無事に終了!

霧などの影響で短期決戦だったので、飛行時間はとても短くすみました。

空撮は現場経験がとても大切!

ドローン空撮の現場をちょっとだけ紹介するよ!

というわけで非常に貴重な経験をさせていただいたことに感謝しております。

私のサイトでかなり多い問い合わせが、

『どこのドローンスクールで学ぶのが一番いいんですか?』

というもの。

正直私自身がどこのスクールにも通わずに、完全に独学でドローンの操縦やら、撮影の勉強をしてきたので、どこがいいやらよくわかりません。

強いて言うなら、JUIDAとかの資格に囚われずに『この人のような空撮や映像を作りたい!』と思う方から学ぶのがいいのではないでしょうか?

私自身、基本となる操縦訓練を10時間程度積んだら、あとはひたすらいろんな環境でドローンを飛ばすことで、操縦技術や撮影技術、映像の編集技術が高くなりました。

まあここら辺は語り出すと止まらなくなりそうなので、また別記事で紹介したいと思います。

それにしても私自身、仕事を通じて、スキルアップさせてくれるのは本当に恵まれていますね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.