日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

【神速】ドローンMavicPROのジンバル故障!DJIへ修理依頼。1週間で戻ってきた。

 
Mavic PROのジンバルが故障したので、DJIアフターサービスセンターへ修理に出しました。
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

MavicPROのドローンのジンバルが故障しました。

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

タイトルのとおり、Mavic PROのジンバルが故障しました。

故障の原因はある日突然!

明確に墜落させたとか、障害物に接触したとか、そんなことはなくて、ドローンの電源を入れた時のジンバルのカクカク音がとにかく凄まじい(^_^;)

動画をみてもらえると、わかりますが、マジでカクカク動いてます。

Mavic PROジンバルの不具合の動画

モニターには、『ジンバルが妨げられております』のエラー表示が!

モニターには、『ジンバルが妨げられております』のエラー表示が!

吉武

このカクカクの動き見る限り、妨げれれているというよりはガンガン動きすぎな感じもしますが・・・(^_^;)

とりあえず再起動をしてみる。

これまでも不具合といっていいかわからないような、モニター画面に接続できなかったりといった小さなトラブルは正直ありました。

しかし、電源入れ直してたりしてたら、なんか治る場合も多かったんですよね。

というわけで、再起動を繰り返してみるも全く復活せず。

ジンバルキャリブーレションを実施するも・・・

ジンバルキャリブーレションを実施するも・・・

今度は、モニター操作よりジンバルキャリブレーションを実施してみます。

しかし『5パーセント』で完全フリーズ!

う〜ん、どうしようもない。

というわけでDJIアフターサポートセンターに問い合わせてみた。

というわけでDJIアフターサポートセンターに問い合わせてみた。

DJIのホームページに『サポート』ページがありますので、そこから普通に問い合わせをしてみました。

DJIのホームページに『サポート』ページがありますので、そこから普通に問い合わせをしてみました。

ここのメッセージ欄に症状なんかを記載してメール送りました。

その日の内に返信あり!

本当にちゃんとメッセージ送れたか心配でしたが、メール送ったら、すぐに『受付メール』が届き、数時間後にサポートから『直接メール』も来ました。

メールの内容は以下の通りです。

吉武穂高 様

お問い合わせ頂きありがとうございます。
ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。

「ジンバルが妨げられています」のメッセージに関しまして、ジンバルクランプ(固定具)を外しているにもかかわらず
問題が発生している場合、弊社での製品の点検をさせて頂きます。

ご確認のため下記お教えていただけますでしょうか

・製品ご購入先:DJIオンラインショップ
・製品受取日:
・製品機種:Mavic
・オーダーナンバー:※弊社オンラインストアよりご購入の場合
・墜落や破損、水没などの有無:

何卒宜しくお願い致します。

DJI JAPANアフターサポート

そこでもう少し具体的に症状を聞かれましたので、以下の通りに回答。

水没や墜落はこれまで一度もしておりません。
フライト前にジンバルの作動音が明らかにおかしかったことと、モニターにも「ジンバルが妨げられています」とのメッセージがあり、何度再起動させても正常に戻りませんでした。
またジンバルキャリブレーションを実施しても最後まで作動しませんでした。
正確な受取日は覚えてませんが、確か1月23日頃になります。

なんてやり取りをして、とりあえず修理サポートを受けることにしました。

このままではどうしようもないですしね(^_^;)

という感じで以下の通りの案内を受けました。

吉武穂高 様

お世話になっております。

ご連絡ありがとうございます。
症状確認のため、お手数ですが下記方法にて弊社へ発送をお願い致します。

●注意点
※墜落痕や改造痕、外部衝撃、破損や異物混入などが確認できる場合、ご連絡の上、無償にて対応できない場合がございます。
※症状確認の結果、製品異常ではない場合(設定やファームウェア等にて改善)は製品そのまま返送となります
※対応後、最新アップデート、各種キャリブレーション、動作確認を行います。
弊社到着より点検確認、対応、動作確認、発送まで:約5~10営業日

下記の書類を「同封」の上、製品を弊社までご発送下さい。
_________________________________
①、無償サポート依頼書 (添付ファイル ※リンクアドレス表示となっている場合がございます)
※症状に関しまして、できるだけ詳細に記入いただけますと幸いです
_________________________________
なお、弊社までの送料は弊社が負担させて頂きます。
お手数ですが発送方法は、必ず「佐川急便・着払い」にてご発送くださいませ。
※佐川以外での配達になりますと受け取れない可能性がございます。

何卒よろしくお願い致します。

DJI JAPANアフターサポート

紙ベースで『DJI無償サポート依頼書』を記載し、それを添付して『佐川急便』にて発送いたしました。

送料は、着払いのため、こちらは全く負担しておりません。

Mavic PROのジンバルが故障したので、DJIアフターサービスセンターへ修理に出しました。

こんな感じで購入時の箱に戻して、送付しました。

ちなみに『DRONEWRAPS』も貼ってあったのですが、修理時には剥がしておきました。

ないとは思いますが、『DRONEWRAPS』とかの付属品を改造とみなされても困りますので、できるだけ初期の状態に戻しておきました。(戸出社長ごめんない!!(^_^;)無事もどってきたら 、買い直します!)

というわけで、これからしばらく日数はかかると思いますが、ちゃんと修理されて無事にMavic PROが帰ってくることを祈ります。

また修理の進捗や帰って来たらここに追記しようと思いますので、よろしくお願いします!

故障かな!?と思ったら、すぐに問い合わせしてみて!

DJIのアフターサポートを受けるのは初めてでしたが、思いの外返信も早くて対応もよかったです!

というわけで、もしドローンの調子が悪いと思ったら、迷ってないで直接DJIのホームページに問い合わせしてみることをオススメします!

追伸|無償修理になりました。

発送後、数日後にメールがありました。

吉武穂高 様

平素、DJI製品をご愛用頂き誠にありがとう御座います。

吉武穂高 様より修理のご依頼がありました製品Mavic Proですが、弊社にて検査を行った結果、無償修理サービスでの対応を行わさせて頂くことになりました。

製品対応を行い、弊社よりお客様へ発送させていただくまでのお時間は約5~10営業日以内となっております。

※室外飛行点検時の天候等により、上記予定よりお時間をいただく場合が御座います。

製品発送次第、再度ご連絡させていただきますので、今暫くお待ち下さいませ。
今後とも、弊社をよろしくお願い申し上げます。
見積請求書
お客様氏名吉武穂高 様ケースナンバーCAS-1061245-V8J6W6
見積日10-03-17
備考無償対応ジンバルカバー破損、アームに大きな傷があるため取り扱いの問題によりジンバルが故障している可能性が高いですが今回は無償対応致します。取り扱いにはご注意下さい。ジンバルカバーと機体とカメラの交換対応となります。
ItemQuantityUnit Price(JPY)Total Price(JPY)
Mavic Pro Aircraft & Gimbal (Excluding remote controller, Battery, Battery Charger, Propellers, SD Card, and AC Cable)183520.0083520.00
送料0.00
割引-83520.00
総額(税込み)0.00
消費税(8%)0.00
DJI JAPAN
アフターサービスセンター

人によっては有償修理の場合も

無償か有償かの判断基準は正直よくわかりませんが、今回はありがたいことに無償で修理してくれることになりました。

というか、機体そのものを交換してくれる対応みたいです。

なんでも一説によると、修理に1時間以上かかる場合は、機体丸ごと交換してしまうという説もあるみたいです(^_^;)

ここら辺は中国系の勢いを感じますね。

Mavic PRO無事修理完了!帰ってきました。

Mavic PRO無事修理完了!帰ってきました。

送ったのは先週の土曜日で、帰ってきたのは翌週金曜なので1週間かかってない計算になります。

時と場合により、1ヶ月近く待ってもなかなか帰ってこないケースもあるみたいなので、なんともいえませんが、1週間で修理完了で手元に届いたのはかなり早い対応だったと思います。

余談|早く対応してもらえたコツ!こちらからメールを送ること!

Mavic PRO無事修理完了!帰ってきました。

DJIのアフターサポートはメールのレスポンスがかなりいいです。

なので、Mavic PROを発送して到着した頃のタイミングを見計らって、

『発送しました。確認できましたか?』のメールを送りました。

これに対しても返信してくれたので、その後の対応が早くなったのかもしれません。

修理といっても、ジンバルが不調で修理に手間取るようなら全交換なので、時間がそんなにかかるとは思えませんしね。

こっちから先手打ってメール打つことで、向こうに認識されやすくちょっと優先して作業してもらえるかもしれません。

まあコツなのかどうかわかりませんが、連絡のやりとりができる相手とはたとえ顔が見えなくてもコミュニケーションを取っていくことはとても重要なのかと思います。

まとめ

今回、Mavic PROの故障を通じていろいろメーカーさんと直接やりとりをすることができました。

合間合間でちょっとしたコツが活きたのか迅速かつサポートも無償で受けることができました。

もしドローンが故障してしまった時に参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.