DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

空撮テクニック

ドローン空撮写真のためのカメラの基礎知識|ISOとシャッタースピード

ドローン空撮写真のためのカメラの基礎知識|ISOとシャッタースピード

ドローン空撮写真のためのカメラの基礎知識

ドローンで一歩上の空撮ができるようになりたい!

しかし、カメラの基礎知識が全くわからない!

という方もいると思います。

そこで今回は、ドローンで空撮写真を撮影するために必要なカメラの基礎知識についてご紹介していきます。

ISOとはなんぞや??

ドローンの右上ダイヤルでも調整できる「ISO」

ISOとは国際標準化機構で定められた銀塩フィルムの感度表示方法になります。

フィルムがどれくらいの明るさできちんとした画像を写すことができるかを表示するための指標になります。

ISO感度の数字が大きいほど、少ない光で写真を撮影することができ、ISO感度の数字が小さいほど光の量が多く必要になります。

ISO感度の数字が大きいことを「高感度」、小さいものを「低感度」と言います。

ISO感度と画質の関係性について

暗い場所でもISOの数字を上げることで明るい写真を撮影することは可能になります。

しかし、数字を上げすぎると、「ノイズが目立つ」ようになってしまいます。

そのため、むやみにISOの数字を上げすぎないように注意することが重要です。

シャッタースピード

シャッタースピードとは、「絞り」と同じようにフィルムに届く光の量を調整するために操作をします。

レンズとシャッターはフィルムの間に配置されており、これが開くことで光がフィルムに届くことになります。

シャッタースピードとは、この「シャッターが開いている時間」のことを言います。

このシャッタースピードを調整することで、フィルム面に当たる光の時間が変わり、取り込まれる光の量が変わります。

レンズに入ってくる光の量が同じで絞り値も同じである場合、

  • シャッタースピードが早ければ早いほど、取り込まれる光の量は少なくなり、
  • シャッタースピードが遅ければ遅いほど、取り込まれる光の量は多くなります。

手ブレはなぜ起きるのか??

シャッタースピードが遅くなるということはそれだけフィルムに光を当てる時間が長くなります。それはすなわち、その間にカメラを動かしてしまうと、画像がブレてしまうことにつながります。

画像全体にピントがなく、ぼんやりとした写真になってしまい、これが「手ブレ」と呼ばれるものです。

そのため、シャッタースピードを遅くして撮影する場合などは、「三脚」などを使用してカメラをしっかりと固定して撮影することが重要になります。

動く被写体を撮影する場合のシャッタースピードの使いわけ

スポーツ選手や不規則な動きをする動物、自動車などを撮影する場合、「シャッタースピードを速く」して撮影することが基本で、動きの一瞬を切り取ったような写真が撮影できます。

逆に動いている被写体を撮影する場合、シャッタースピードをあえて遅くして撮影すると、被写体はブレが生じ、「躍動感」のある写真を撮影する方法もあります。

それぞれの特性と関係性を理解して、自分の思うような写真を撮影しよう

絞り・ISO感度・シャッタースピードそれぞれの要素が写真にどのように影響を与えるのか?

それらを理解して、

ISO感度、シャッタースピードなどの理屈を理解して撮影できるようになると複雑なライティングでも自分の思うような撮影ができるようになります。

知人のアーティスト|YOGI RYUICHI

ドローン空撮写真のためのカメラの基礎知識|ISOとシャッタースピード

ドローンと関係ないですね(^_^;)

 

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!
2017年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2・SPARKなどの最新機種を解説! 「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

スポンサーリンク

オリジナルグッズ販売中

Tシャツをはじめ、マグカップ・ステッカーなどDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)オリジナルグッズも取り扱ってます。 シンプルなロゴで普段使いにぴったりです。 よかったらみてくださいね。
オリジナルグッズ販売中

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 質問です。Phantom4Pro はシャッタースピード、絞り、ISO を手動で調節できるのでしょうか? 出来るとすればどのような操作をするのでしょうか? またシャッタースピードはどの範囲(1/10秒~1/2000秒とか)で調整できるでしょうか? このサイトの趣旨と異なるかもしれませんが、案内いただけると有り難いです。

    • ISOとF値、シャッタースピードは手動で調整できますよ〜!

      変更方法はプロポ右上に付いているダイヤルを回すか、スマホ・タブレットの画面上からも変更操作をすることができます。

      またDJIのサイトからの転用になりますが、Phantom4Proのカメラ性能はこんな感じです。

      センサー 1 CMOS、有効画素数:2000万画素
      レンズ 視野角:84°、8.8mm / 24mm(35mm判換算)、f / 2.8〜f / 11オートフォーカス(1m〜∞)
      ISOレンス 動画:100〜3200(自動)、100〜6400(手動)
      静止画:100〜3200(自動)、100〜12800(手動)

  2. ISO、f値、シャッタースピードが手動で調整できるんですね? 
    かなり自由のきくカメラのようです。楽しみです。
    有難うございました。

コメントする。

*
*
* (公開されません)

DRONE WALKER