DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

ネット共有

顔出しYouTuberはもはや過激なチキンレース状態|2017年YouTubeの問題点

顔出しYouTuberはもはや過激なチキンレース状態|2017年YouTubeの問題点

YouTubeは再生回数を伸ばすことで収益が得られる。

まあほとんどの方が知っていることですが、YouTuberの収益は動画の前や途中に入る「広告」が表示されることで収益が得られる仕組みになっております。

正確な収益額は公表されておりませんし、個人差があるみたいですが、だいたい1再生あたり0.1円と言われております。(再生回数は非常に多い人はそれ以上あるみたいですが・・・)

さらに人気のYouTuberになればそれだけメディアとしての影響力も増しますので、企業さんなどから自社の商品をレビューしてほしいなどの依頼もあり、かなり高単価な収益になるようです。

ヒカキンさんがつい最近アップした動画はすでに200万再生越え。
(UUUUMは最近上場してるし、一体いくら稼いでるんだろう??(^_^;))

そのため多くのYouTuberさんは1回でも多く動画が再生されることを目標としているわけです。(単純に目立ちたい!人気者になりたい!という方もいると思いますが)

顔出し系のYouTuberはほとんどチキンレース状態になっている。

正直YouTubeの企画や動画を見ていると下手なテレビ番組よりよっぽど面白かったりします。

なぜなら通常のテレビ企画では絶対にできないような内容を平気で行ったり、芸人顔負けの体の張り方でいろんな無茶企画にチャレンジしたりできるからです。

しかし、金髪起業家のヒカルさんがVALUの事件で無期限の活動停止を発表したり、最近では警察官の前でわざと白い粉(実際は砂糖だか小麦粉だか)を落として大騒動になったりと歯止めが効かない状態になっている気がします。

個人的にはたとえやり方や手段を誤ったとして、2度と立ち直れなくなるほど周囲が打ちのめすのはどうかと思っております。(個人でここまでなしあがってくることはもはや異能者だと思います。)

再生回数を伸ばしたり、トップを目指すためにギリギリのチキンレースをやっていくのは見ていて苦しいな〜という感じがしますね。

顔出しせずにYouTubeで月10万円稼ぐ方法

少し話は脱線しますが、よく動画の前に出てくる広告に出てくる

「顔を出さずにYouTubeで月10万円稼ぐ方法!」みたいなビジネスモデルは至極単純で

  • 人気のバラエティ番組・アニメなどを少し加工して公開する(なんか周囲に別のフレームつけて加工するなど)
  • ネット記事の芸能ネタなどをドラムロールの文字に変換してBGMつけて公開する
  • ネットで話題のネタ写真を貼り付けて公開する

なんかを行い、再生回数を伸ばして稼いでいるのだと思います。(やったことないのでわからないですが、実際の再生回数やパクリバラエティ動画の広告などに楽して稼ぐ方法が出てきたりするので一目瞭然かと(^_^;))

こういったパクリ系の動画も抜け道的なものなので、そのうち淘汰される気がしております。

テレビ局などもどうせパクられるなら、その番組放送権を持っているところが自らYouTubeに公開すれば、そこからもかなりの収益を得られ、かつパクリ動画も一層できる気がします。

2017年盛り上がるYouTube市場の問題点

  • YouTube自体が上記であげたようなコンテンツの丸パクリでも稼げてしまう現状。
  • 匿名で好き勝手書き込みができ、コメント欄などが簡単に荒れてしまう
  • 顔出しYouTuberの過激化
  • 投稿者も視聴者もマナーもモラルもあったもんじゃない状態

ブログやサイト運営なども一時期、人のコピペみたいなコンテンツでもキーワードさえ盛り込んで荒れば、検索上位に表示させることができ収益を上げることができる時代もありました。

しかし今ではgoogleの進化でコピーや程度の低いコンテンツは評価されないようになってきております。

YouTubeもいずれコピーコンテンツは通用しなくなる時代も来るでしょう。

夢もあるけど、相応のリスクもある。

話はズレましたが、いずれにせよ自らの顔を出していろんな番組づくりをするYouTuberさんは撮影にネタをつくるアイデア、時間、お金などさまざまな労力を振り絞っております。

 

日々活動していく中で、どんどん危険な行為に歯止めが効かなくなることもしばしば。

振り返って客観視できれば、どう考えてもアウトなネタでも一心不乱に行っていると自分が見えなくなることってありますよね。

自分自身も気をつけねばと思ってしまいました。

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!
2017年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2・SPARKなどの最新機種を解説! 「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

スポンサーリンク

オリジナルグッズ販売中

Tシャツをはじめ、マグカップ・ステッカーなどDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)オリジナルグッズも取り扱ってます。 シンプルなロゴで普段使いにぴったりです。 よかったらみてくださいね。
オリジナルグッズ販売中

コメントする。

*
*
* (公開されません)

DRONE WALKER