ドローン空撮テクニック|ドローンとカメラチルトの操縦を同時に行おう!

ドローン空撮テクニック|ドローンとカメラチルトの操縦を同時に行おう!

ドローン空撮テクニック|移動+カメラチルトの変化

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はドローンの空撮技術のご紹介です。

ドローンの操縦だけでなく、カメラの操作もおこなってみよう!

どういうことかというと、ドローンを始めたばかりの方のほとんどはドローンの操縦のみに気を取られてしまいがちです。

しかし、空撮する上で意識したいのはカメラワークになります。

またひとつのロケーションをいろんなアングルから切り取り、変化をつけることでより魅力的な映像になります。

そこでドローンの移動だけでなく、カメラの角度なども変化をつけながら操縦してみることをおすすめします。

上昇+チルトダウン

こちらはドローンを上昇させながら、カメラの角度を下に変化させております。

木や橋など被写体を追いかけ続けるのに有効な撮影方法です。

下降+チルトアップ2

先ほどの逆バージョンですね。

ドローンの下降と同時に対象となる被写体の正面図を明らかにすること。

さらにその被写体と周囲の景観を綺麗に撮影することがポイントになります。

俯瞰移動+チルトアップ

こちらは以前にもお伝えしましたが、スタートとゴールの構図に大きなギャップを生み出すことでより魅力的な撮影をおこなうことができます。

まとめ|カメラも意識して操縦できるようになるとますます面白くなる!

というわけでドローンの操縦とカメラチルトに変化をつけるとどんな映像が撮影できるか紹介させていただきました。

いろんなパターンの空撮方法をしっておくだけでも、現場でいろんな方法でためしてみようという気持ちになりますよ。

ぜひ試してみてくださいね〜!

空撮上達に役立つ記事





スポンサーリンク






ドローン空撮テクニック|ドローンとカメラチルトの操縦を同時に行おう!

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。