DRONE WALKER

日本一わかりやすいドローン専門メディア

空撮テクニック

ドローン空撮テクニック|障害物通過で空撮映像にスリルと迫力をつけよう!

ドローン空撮テクニック|障害物通過で空撮映像にスリルと迫力をつけよう!

ドローン空撮テクニック|障害物通過

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はドローンを活用した空撮テクニック〜障害物通過〜のご紹介です。

障害物通過とは!?

ところどころ気の抜けるような動画ですが、まずはこちらをご覧ください。

映像の編集がところどころ失敗してますが、あまり気にしないでください(^_^;)

障害物通過とは文字通り、木々や岩の間をドローンで通り抜けていく様子を撮影することです。

ドローン空撮テクニック|障害物に接近して空撮映像に迫力をつけよう!

普通に撮影してもそれなりに迫力のある映像を撮影することができるのがドローンの魅力ですが、それ一辺倒ではどうしても映像にバリエーションが増えません。

視聴者を一瞬でも「ドキッ!」とさせるような演出するには、障害物の通過などの映像を挟み込むと一気に迫力が加わります。

前回ご紹介したスタートとゴールの2転換の構図にギャップをつけることも工夫のひとつですね。

障害物通過の注意点|リスクと魅力の悪魔の薬

当然ですが、通過する対象物に対してドローンが近づけば近づくほど、迫力のある映像を撮影することができます。

しかし、それは同時に接触のリスクを大きく高めてしまうことにも繋がります。

まさに諸刃の剣ですね(^_^;)

恐ろしいことにドローンの操縦に慣れてくると自然と攻めの映像を撮影したくなるのが怖いところです。

スリルを求め始めるんですよね(^_^;)

本当に「安全第一」を心に肝に命じておきたいですね(^_^;)

はじめは低空&衝突しても大丈夫な障害物を用意して練習しよう!

ドローン空撮テクニック|障害物に接近して空撮映像に迫力をつけよう!

いきなり海や山などのロケーションで障害物通過など接触の危険性が高くなることに挑戦することがとても危険です。

ドローンの墜落によって海に水没、山の場合は回収困難な事態になりかねません。

そのため、はじめは必ず「低空」「衝突しても大丈夫な障害物」などを用意して練習するようにしましょう!

墜落時の破損のリスクをさけるためです。

そこまで近づかなくても結構近づいてる感は出せる。

ドローンを実際に使っている人はなんとなく体感されていると思いますが、「モニター上」から見た映像ではかなり接近しているように見えても、実際にドローンと被写体の距離を見てみると思った以上に離れている場合ってありませんか?

そうなんです!

そこまで近づき過ぎなくても、ドローンで撮影すると映像では結構迫力のある映像になっていることはとても多いものです。

そのため、まだ慣れないうちはそこまで攻めて接近しようとしなくても、それなりに迫力のある映像を撮影することは十分に可能です。(実際上記の動画はけっこう余裕のあるスペースで撮影しています。)

障害物通過あるある|通り抜けた瞬間急に速くなる法則

実際上記の動画でもそうなってしまってますが、障害物に接近すると一瞬ドローンの速度が遅くなって、安全に通過できた直後に速くなってしまいます(^_^;)

まあ心理的に仕方ないのですが、それならば初めから超ゆっくりでいいのでずっと一定に通過した方がいいかもしれませんね。

映像編集で速度はごまかせますので(^_^;)

まとめ|いずれにせよリスクはあるのでご注意を

繰り返しになりますが、障害物などを通過していく撮影方法はそれなりのリスクを伴います。

そのため飛行や周囲の状況、さらに最悪の場合も事前に想定した上で行うようにしましょう!

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2017年最新のDJI社のドローンがわかる!
2017年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2・SPARKなどの最新機種を解説! 「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

スポンサーリンク

オリジナルグッズ販売中

Tシャツをはじめ、マグカップ・ステッカーなどDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)オリジナルグッズも取り扱ってます。 シンプルなロゴで普段使いにぴったりです。 よかったらみてくださいね。
オリジナルグッズ販売中

コメントする。

*
*
* (公開されません)

DRONE WALKER