日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

8の字飛行は重要。しかしそれだけでドローン空撮は上達しない。

 
ドローン操縦テクニック|8の字飛行ができても空撮はうまくならない
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローンの基本操縦訓練で重要な8の字飛行

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はドローンの基本操縦についてご紹介します。

ドローンを購入したら、まずはしっかりと操縦の基本を身に付けたいですよね。

以前、航空法での飛行承認の基準ともなる10時間以上の訓練に必要な練習方法をお伝えしました。

今回は8の字飛行について触れていきたいと思います。

まずは動画で8の字飛行をご紹介!

動画|地上からみた8の字飛行

動画|上から見た8の字飛行

8の字飛行ができるくらい操縦に慣れることが「目的」

文字通りドローンを8の字を描くように飛行させる操縦方法になります。

ドローンはカメラの方向を正面と捉え、カメラの向きを変えて操縦することで一気に難易度が上昇します。

ここで大切なことはドローンを一定のレベルまで自由自在に操縦できるようになることです。

8の字飛行訓練をしても「空撮」をうまくならない

ただ注意するべきことは8の字飛行はドローンを自由自在に操縦するためには非常に重要な訓練となりますが、しかしこれができれば上手な空撮映像を撮影できるというわけでもありません。

実際に様々なロケーションで空撮をする場合、そのロケーションの魅力を一層引き出せるような構図で撮影する必要があります。

またそういう場面でも8の字飛行のような複雑な操縦は必要ではありません。

というか8の字飛行をしながら撮影した映像ってカメラがブレブレで何を撮影したいのかよくわからないです。

割とやりがちなことですが、

ドローンの「操縦に熟達」することを「目的」としてしまっている方が多いということです。

それがもともとの目的であれば全然いいのですが、多くの方はその先にある「空撮」や「業務活用」などがあると思います。

いくら「8の字飛行」をやり込んでも、GPSを切った「ATTI」モードの練習をやり込んでもセンスの良い空撮映像は撮影できないのです。

ドローンの操縦自慢に限って「空撮映像を見ても全然面白くない!センスのかけらも感じない!」ということが意外なほどあるものです。

同じドローンの操縦のはずなので、ここは分けて考えるべきなんですね。

基本の操縦訓練もいろんな場所で空撮することも両方大切にしてほしい。

紛らわしい矛盾したような話をしてしまいましたが、言いたいことはこれです。

ドローンを一定レベルまで自由自在に操縦できるような基本訓練は大切!

しかし、「空撮」する上でのセンスや経験は実際の現場を繰り返し、動画の編集もしなければ身につかない。

両方のバランスを大切にしていくことが重要なのです。

他にもこんな記事が参考になります。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.