日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう

 
ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローンで綺麗な絶景を撮影するコツ

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はドローンで綺麗な映像を撮影するコツのひとつをご紹介します。

スタートとゴール2つの構図をイメージしておこう!

これはどういうことかというとドローンの特性上、空を飛び、あっという間にドローンをフライトさせた位置から遠くの位置まで移動することができます。

例えばドローンのカメラを真下(俯瞰状態)にさせた場合。

スタート

ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう

はじめは人しか映ってなかった構図から

ゴール

ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう

実は150m近い上空まで上がると、画面いっぱいに広がる美しい茶畑が現れます。。

というように、地上からスタートし、狭い視点でしかなかった状態から上昇していくことで、周囲の風景を魅せることができます。

言ってみれば、「スタートの構図」と「ゴールの構図」は全く別の風景を視聴者に魅せることができるのです。

これがドローンでの映像の大きな魅力と言えるでしょう。

他にも例をあげると

スタート

ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう

ゴール

ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう

スタート地点では何かわからない場所や状態もゴールでその正体を露わにする。

俯瞰状態+チルトアップ

スタート

ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう

スタートは低空の稲を写した状態

ゴール

ドローン空撮テクニック|スタートとゴール2つの構図をイメージしよう

ドローンを後進しながら、カメラのチルトを上げていくことでゴールの映像はまた別の景色が広がります。

スタートとゴールのギャップを演出するとより魅力的な映像を撮影することができる。

そのため、ドローン空撮する上で、いく先々でのロケーションを撮影する際、闇雲にドローンを飛ばすのではなく、1カット一連の動きの中で

  • スタートの構図
  • ゴールの構図

を頭の中でイメージし、どういう構図で切り取るとよりそのロケーションを魅力的に引き出すことができるのか考えて実行する力が必要になります。

これは単純にドローンを自由に操縦できればいいというわけではなく、元からのセンスやいろんな環境で空撮をすることで少しずつ磨かれてくる部分になります。

空撮が上手な人と初心者の大きな違いのひとつ

またドローン空撮が上手な人と初心者の方の決定的な差は、1回のフライトの中でひとつのロケーションをいろんな構図で切り取ることができ、無駄なく撮影する力があるか否かです。

正直、空撮する場所が絶景であれば、どんな初心者の方でもあっと驚く映像を撮影することができるのがドローンの魅力です。

しかし、そこから+α 抜きん出るためには、それだけではなく構図の意外な切り取り方や見る人を引き付けるようなギャップを生み出す必要があるのです。

そのため、自分が撮影したいと思うような構図を「スタート」「ゴール」さらにいうとその「中間過程」も頭の中でイメージし、それを実現できるような操縦技術が必要になるのです。

空撮上達に役に立つ記事

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.