DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

DJI Mavic PRO(マビックプロ)のデュアルコントロール機能のご紹介

今回はDJIMavic PROのデュアルコントロール機能、すなわちプロポ(送信機)が二つでも操縦できる方法をご紹介します。

この機能を使えば、例えば全くのドローン初心者の方とインストラクターの方が一緒にドローンを操縦することでより安全にドローンの運行やレクチャーを行うことができます。

マスターとスレープ送信機の2種類に分かれる

まずデュアルコントローラーといっても、マスターとスレープ2つに分かれます。

名前からしてなんとなくわかると思いますが、

  • マスター:操縦優先度の高い送信機(プロポ)
  • スレープ:マスターと比べると自由度の低い送信機

になります。

マスター送信機のコマンドは、スレーブ送信機の機能よりも優先的に操縦されます。

そしてマスター送信機の方がより多くの機能を使うことができます。

イメージ的には、インストラクターの方がマスターで、初心者の方がスレープの送信機を操縦するといいですね。

デュアル送信機のリンク方法

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

まずはふたつのプロポをドローン本体とリンクする必要があります。

1:マスター送信機のリンク方法

送信機とドローンの電源を入れて、DJI GO4のアプリを開きます。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

カメラビュー画面より「送信機」アイコンをタップします。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

送信機タイプの「送信機リンク」をタップします。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

そこから「マスター送信機」のリンクを行います。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

画面の指示に従って、ドローン本体のリンクボタンを押します。(細いピンが必要)

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法 DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

この画面が出れば設定完了です。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

 

2:スレーブ送信機のリンク方法

 

スレーブ送信機の電源を入れ、DJI GO4のアプリを起動します。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

そこからマスターのリンク方法と同様に、

カメラビュー画面 → 送信機アイコン → 送信機リンク とタップしていき、今度はマスター送信機ではなく「スレーブ送信機」を選択して、ドローン本体とリンクをするよう設定します。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

今度はスレーブ送信機をタップ!

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

マスター送信機と同じく、再びドローン本体のリンクボタンを押す必要があります。

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

これで二つの送信機(プロポ)でひとつのドローンを共有して操縦することが可能になります。

マスターとスレーブ送信機の相違点

1:ジンバルダイアル

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

マスターもスレーブも同じようにジンバル操作を行うことができますが、操縦優先度はマスターの方が高いため、マスターがジンバルを操縦している間は、スレーブ送信機の方でジンバル操作ができなくなります。

2:コントロールスティック

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

ジンバルダイアルと同様に、マスターが操縦している間はスレーブの方でコントロールスティックの操縦が無効になります。

スレーブ送信機でコントロールできるのは、マスターが操縦を停止して2秒後に操縦が可能になります。

3:フライトモードスイッチ

DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

マスター送信機では「スポーツモード」に切り替え可能ですが、スレーブ送信機では、フライトモードの変更をすることができません。

まとめ

ドローン初心者の方は思うようにドローンのコントロールを行えず、不意なトラブルなどに対処できません。

その時、デュアルコントロール機能を使っていれば、すぐに操縦熟練者がサポートに入り、トラブルに対処できるようになりますね。

 

 

 

 

 

 



スポンサーリンク






DJI Mavic PROを二つの送信機(プロポ)で操縦する方法

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。