日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

沖縄ドローン空撮|海中道路をPhantom4Pro・Mavic PROで空撮してみた。

 
沖縄ドローン空撮|海中道路をPhantom4Pro・Mavic PROで空撮してみた。
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

沖縄空中散歩シリーズ

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回も沖縄空撮シリーズをお届けします。

沖縄 うるま市の海中道路まで行ってきました。

沖縄ドローン空撮|海中道路をPhantom4Pro・Mavic PROで空撮してみた。

海中道路とは?

海中道路(かいちゅうどうろ)は沖縄県うるま市にある道路。沖縄県道10号伊計平良川線の一部分であり、勝連半島(与勝半島)から平安座島を結ぶ5.2 kmの道路である。沖縄本島と離島との間に横たわる海のなかを、橋ではなく堤防上の道路として造られており、船舶航行のための橋1か所と潮流確保のための水路2か所が設けられている。中央分離帯のある4車線の道路で、線形もほとんど直線である。当初は産業道路として建設された道路であるが、近年はレジャースポットとしても人気がある沖縄を代表するシンボルロードとなっている。(引用:Wikipediaより)

海中道路|場所はこちら

撮影にあたって、市と管理土木事務所に一報を入れております。

事前報告書の提出も必要でした。

厳密に言えば、許可は不要なのですが、いつ飛ばしたかなど把握しておきたいそうです。

沖縄海中道路でドローン空撮してみた。

やはり沖縄の海は綺麗ですね。

上空からでも水が透き通って見えます。

そして橋など対象物と合間って綺麗な景色を収めることができました。

古宇利大橋やワルミ大橋も同じですが、美しい橋と美しい海の組み合わせは本当にいいものですね。

撮影機材|Phantom4Pro

空撮はPhantomとMavic PRO(マビックプロ)を状況に応じて使いわけております。

個人的にMavic PRO(マビックプロ)の方が操縦はしやすくて精密な動きが必要な時に重宝してます。

またPhantomは画質が綺麗でまたレンズも広角なので、壮大な自然を撮影する時に便利です。

今回はPhantom4Proのみを使用しました。

Phantom4Pro

その他おすすめドローン

撮影裏話

本当はもっといろんなアングルから撮影していたんですが、データを外付けHDDに写したと思って消してしまいました(^_^;)

なので、カットも残ったものをそれっぽくつなぎ合わせて作りました。

今思うと、OSMO MOBILE(オズモモバイル)などで地上の映像ももっと撮影しておけばよかったです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.