世界を飛び回るドローントラベラーの旅の7つ道具

世界を飛び回るドローントラベラーの7つ道具

ドローンを持って旅に出よう!旅の荷物を紹介します。

ドローンを持って旅に出よう

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

先日、沖縄へ出張する旨の記事を書きました。

そこで今回はドローンを持って旅に出るときの荷物をご紹介します。

これがドローントラベラー、旅のグッズ一覧だ!

世界を飛び回るドローントラベラー|旅の荷物を紹介します。
  • Phantom4Pro
  • Mavic PRO(マビックプロ)
  • OSMO MOBILE(オズモモバイル)
  • MacbookPro15.4インチ
  • MacBookAIR13インチ
  • SONY α7Ⅱ
  • Go pro HERO6
  • 着替え3日分
  • モバイルバッテリー2個
  • 常備薬

など他にも細かいグッズはありますが、ざっとこんなになります。

7つ道具その1|ドローン

ノマド起業術|ドローン2台パソコン2台で仕事ができるようになった理由

当たり前ですが、ドローントラベラーの必需品はドローンです。

Mavic PRO(マビックプロ)だけ持ってこうか迷いましたが、今回はPhantom4Proも加えることにしました。

Phantom4Proの方が本格的な映像撮影ができますので、旅先でどこまでドローンを盛り込むかで持っていくかどうか決めます。

Mavic PROはカメラバッグに収納

世界を飛び回るドローントラベラー5つの必需品|旅の荷物を紹介します。

Mavic PRO専用の純正のカバンもあるのですが、使い勝手が悪いので、こちらのカバンを使ってます。

バッテリー3つ入って、SDカードなどの小物も入れられるのでかなりお気に入りです。

Phantom4Proは購入時についていたバッグをそのまま利用してます。

世界を飛び回るドローントラベラー5つの必需品|旅の荷物を紹介します。

正直、別で専用バッグを買わなくてもこれで十分軽くて頑丈です。

バッテリーも3個入りますしね。

7つ道具その2|地上撮影機材OSMO MOBILE

世界を飛び回るドローントラベラー5つの必需品|旅の荷物を紹介します。

撮影といっても空撮だけでは物足りません。

地上からの写真でも素晴らしい光景に出会うのが旅の醍醐味です。

そのため一丸レフとOSMO MOBILE(オズモモバイル)はいつも携帯しております。

一丸レフで写真を撮影し、OSMO MOBILE(オズモモバイル)で動画を撮影する。

これだけあれば十分にいろんなアングルから撮影することができます。

またスマホに専用の広角レンズをつけるとGOProのような風景写真を撮影することができるのです。

7つ道具その3|パソコン

世界を飛び回るドローントラベラー5つの必需品|旅の荷物を紹介します。

ドローンと同じくらい必要なのはパソコンです。

私自身、このパソコンのみで完結できるように仕事をしておりますので、これは確実に必需品です。

ドローンとパソコンでどこでも仕事ができます。

今回は多めにMacBookProとAIR2台持っていきます。

7つ道具その4|SONY α7Ⅱ(ミラーレス一眼レフ)

SONY α7Ⅱ(ミラーレス一眼レフ)

旅先では空撮だけでなく、地上撮影も行います。

私は広角が好きなので、広角レンズと人を撮影できるよう85mmの単焦点レンズを持っていきます。

それにしてもSONYのレンズは高い!笑

撮影した風景や人物

SONY α7Ⅱ東京駅 SONY α7Ⅱ広角ポートレート
  • 撮影カメラ:SONY α 7Ⅱ
  • 使用レンズ:Vario-Tessar T* FE 16-35mm
  • SEL85F18
  • ストロボ使用
  • 編集:Lightroom

7つ道具その5|GO PRO HERO6

GOpro6

GO PRO HERO6を持っていきます。

ドローンの空撮映像と地上の GO PROの映像の組み合わせは相性抜群です。

前述のOSMO MOBILEと使い分けが悩むところですが、どちらにも長短あります。

とりわけ水中でも撮影できるのは強みですね。

7つ道具その6|モバイルバッテリー&マイクロSDカード

世界を飛び回るドローントラベラー5つの必需品|旅の荷物を紹介します。

いつでも万全な状態になるよう充電環境

7つ道具その7|日用品着替えは3日分くらい

世界に広がるDRONE WALKER オリジナルグッズ

まああとは着替えと常備薬などの日用品といった所になります。

もちろんTシャツはDRONE WALKERオリジナルTシャツです!!

まとめ|荷物は意外と少なくてすむ!

Phantom4Proがなければバックパック一つで十分おさまります。

余計な荷物は減らして必要最低限で手軽に旅に出ることがオススメです。

かの高城剛さんは10リットルのリュックで世界中飛び回っているので、私も全然まだまだですね。

これからいろんな場所・環境で撮影していく中で自分が理想とする撮影スタイルと荷物をどんどん変化させていければと思います。

ドローンを持って世界一周の旅に出たあの超有名夫婦の荷物を知りたい方はこちらの記事もチェック!



スポンサーリンク






世界を飛び回るドローントラベラーの7つ道具

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。