ブログ・起業

普通の空撮動画をFinal Cut Pro Xでファンタジーの世界にしてみた。

普通の空撮動画をFinal Cut Pro Xでファンタジーの世界にしてみた。

普通の空撮動画じゃつまらない!?

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今までいくつか空撮動画を紹介してきました。

ただ普通の空撮動画って今ではYouTubeでもSNS上でもあふれていますよね。

空撮のカットや撮影、編集方法も当然上手い下手はあります。

しかし、何を持って動画のクオリティが高いかって見る人それぞれによって異なる部分があるんですよね。

そこで今回はちょっと動画の切り取り方を変え、思い切って画像そのものを編集してみました。

元の空撮動画はこちら

以前、伊吹山で撮影したものですね。 すでに見ていただいた方もいると思います。

空撮動画をFinal Cut Pro Xで画像編集してみました。

かなり動画の雰囲気が変わったと思いませんか?

もともと色合いが強かった山の緑をさらに特徴的に際立ててみました。

加工前

普通の空撮動画をFinal Cut Pro Xでファンタジーの世界にしてみた。

加工後

普通の空撮動画をFinal Cut Pro Xでファンタジーの世界にしてみた。

加工前

普通の空撮動画をFinal Cut Pro Xでファンタジーの世界にしてみた。

加工後

普通の空撮動画をFinal Cut Pro Xでファンタジーの世界にしてみた。

ちょっとやりすぎたかもですね( ゚д゚)

編集も特別難しいことはやってません。

普通の空撮動画をFinal Cut Pro Xでファンタジーの世界にしてみた。

動画編集ソフトによって方法は変わると思いますが、少し写真の露出やカラーの色合いを変えてみただけです。

なので、ちょっと一手間加えるだけで誰でもできてしまいます。

面白いのは、空撮もちょっと本格的な動画編集も今では個人で安価にできてしまうということ!

ここで面白いと思えるのは、ドローンによる空撮もクオリティの高い動画も、動画の編集も今ではそこまでお金をかけなくてもできるということです。

ドローンの技術進歩も日々高まり、価格もどんどん安くなりました。

インターネットの発達で今では誰でもメディアになれる時代です。

これって当たり前といえば当たり前なんですが、この当たり前のツールを駆使することで、日々の生活も仕事の方法もどんどん変わってくるということです。

いやはや現代はまるで魔法のようなツールでありふれているので、本当に面白いですね。

ABOUT ME
アバター
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。