日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローン操縦上達方法3|いろんなロケーションで撮影をしよう。

 
岐阜県ドローン空撮|日本一美しい村天空の茶畑をPhantom4Proで空撮しました。
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

ドローン操縦上達方法シリーズその3|ドローンを離れた場所で操縦しよう!

岐阜県ドローン空撮|日本一美しい村天空の茶畑をPhantom4Proで空撮しました。

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回はドローン操縦上達のための練習方法をご紹介いたします。

これまでのシリーズはこちら


その1でもご紹介しましたが、ドローンの操縦上達にはドローンのカメラワークを意識した基本となる動作をいちいち頭で考えることなく、思ったように操縦できるまで訓練する必要があります。

ドローンの操縦の基本が身につくのはおおむね10時間

広がる緑の大地!三重県多度町「花ひろば」はドローンの操縦上達に最高の鍛錬場

訓練その1で紹介した

  • スクエア
  • サークル
  • 8の字移動

などカメラワークやドローンの向きなどを意識して上記の練習をある程度自然にこなせるようになるにはだいたい10時間くらいかかります。

そのため国土交通省が定めた改正航空法の実機練習時間10時間以上というのもあながちいい感じの設定値だと思います。

事業用に練習を積むためには、どんなに少なくても30時間以上は操縦訓練を積むべし!

三重県四日市牧場でphantom4Pro&Mavic PROでドローン空撮しました。

これは以前、お邪魔させていただいた「ドローン大学校」の名倉理事長も仰っておりましたが、ドローンを活用して事業に活かしたい場合は、さらに練習を積む必要があります。

上記の10時間では、あくまで基本の操縦が身につく程度になりますので、さらなる修練が必要です。

それにはドローンの基本操縦を踏まえた上で、

いろんなロケーションで空撮してみると良いでしょう。

など自然を対象に、さらにいろんなロケーションや条件で撮影を繰り返すこと。

場合によって、航空法の縛りがない海外に行ってみるのもありだと思います。

DRONE WALKERのプロモーションビデオ|いろんな環境でドローンを飛ばしています。

さらにその中でもどんな風にその被写体を捉えたらもっと素晴らしい映像やクオリティに仕上がるのか?

そんなことを意識しながら、ひたすらにいろんな環境下でドローンを飛ばしてみてください。

はじめは全く思うような映像が撮れないと思います。

後で映像を見直してみて、

  • なんでここでドローンを動かしてしまったの?
  • なぜあのアングルで撮影しなかったのか?
  • もう一歩攻めてドローンを操縦すればよかった。

などなど

自分の撮影した映像にがっかりすることでしょう。

しかし、そんな試行錯誤を繰り返していくことで確実にドローンの操縦技術は向上していきます。

さらに今ではとても便利なことに、youtubeでいろんなドローン空撮の映像を見ることができるため、それらを参考にすると

こんな撮影方法があったのか?
これはすごい技術だ!

などなど

自分では思いもよらないテクニックやアングルで撮影している映像と出会うことができるでしょう。

そうして自分自身のスキルと知恵を持ってどんどん経験を積むとさらに操縦技術は向上します。

空撮写真の上達はこちらを

映像撮影のスキルは以下の記事をご覧ください

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.