記事一覧

ドローンも体力トレーニングも『アウトドア』と心得よ!

ドローンも体力トレーニングも『アウトドア』と心得よ!

久しぶりに外でトレーニングをしました。

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回、ドローンとは関係ない個人的な話になりますが、久しぶりに外で筋力トレーニングを行いました。

プロフィールにも書いてありますが、私自身30歳まで地元で消防職員を行っておりました。

その時から定期的にトレーニングをする習慣があるのです。

こんな本とサイトも運営しております。

もともと体格には恵まれなかったので、トレーニングは死ぬほどやりました。

身長161cmでかつ幼少期は全くの運動音痴かつ体質的にも弱かったので、後天的にかなり努力しました。

というかコンプレックスをはねのけることがバネとなって努力できたんですね(⌒-⌒; )

久しぶりに外でトレーニングを実施!!

自転車 ✖️ 加圧トレーニングドローンも体力トレーニングも『アウトドア』と心得よ!

いまではご存知の方も多い加圧ベルトを足に巻いて、自宅から10分ほどの距離にある「刈谷市総合運動公園」まで行ってきました。

加圧ベルトを足に巻くと、自転車を漕ぐことが非常にきつくなりますが、足周りの血流を一時的に制限することにより、爆発的に成長ホルモンを出すことができます。

加圧トレーニングについて気になる方はこちらの本をお読みください。

懸垂は何と言っても超オススメ!ドローンも体力トレーニングも『アウトドア』と心得よ!

私がトレーニングを行ってきた中でも特にこだわったのが、この懸垂です。

消防士は「引く力」が重要ですし、自重トレーニングの中でも懸垂が最強だと思っています。

今回は

懸垂10回 ✖️ 5セット を行いました。

現役時代、最高で連続45回以上できたのすが、今では連続20回できるか不安な状態です(⌒-⌒; )

20回を越えるとほんましんどいです(⌒-⌒; )

肩と胸を鍛えたければディップスがおすすめ!

ドローンも体力トレーニングも『アウトドア』と心得よ!

こちらの器具もかなりオススメです。

自分の体重を使用して、効率的に肩と胸を鍛え上げることができます。

持論ですが、自重トレは「反動」を使うことをオススメします。

トレーニングの目的の違いなのですが、諸説ある「反動を使ってよいか?」には、

消防士のような現場で動ける体づくりのためには、単純な一部分の筋力を大きく強くするためのトレーニングではなく、全身の連動をはかるように、反動をガンガンつけてトレーニングすることをオススメしています。

単純な筋トレではなく、全身の筋力・神経系・骨格・腱を連動するように懸垂や腕立て伏せを行うのです。

ドローンもトレーニングもアウトドアと心得よ!オランダのドキュメンタリー映画プロジェクトにドローン空撮を担当。1日10フライト超のハードな現場でした。

さてさて適当にブログを書こうと思ってましたが、トレーニングの話をすると止まらなくなりそうなので、このあたりにしておきます(⌒-⌒; )

ここで無理やりドローンにこじつけますが(笑)、ドローンって最新のテクノロジーで最新のガジェットでありながら、実際に扱う現場って大自然!

すなわちアウトドアなんですよね。

私は主に東海三県を中心にドローンを飛ばしてますが、ドローンを飛ばすようになってから今までとは比べ物にならないほど、自然の魅力やいろんな地域の特色を感じるようになりました。

同じような草原でも、県や地域によって緑の濃さが違ったり、海の青さが違ったりと非常に感動を覚えるばかりです。

そんな魅力ある地域の魅力をドローンでも発信できればと思いました。

おまけ|トレーニングはもちろんDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)Tシャツドローンも体力トレーニングも『アウトドア』と心得よ!

実はオリジナルでこんなTシャツも作りました。

普段着によく着ております(⌒-⌒; )

他にもこんな種類を作ってしまいました

防災王|全くドローンと関係ない編集長の個人ブログはこちら!

消防士向けのトレーニング方法が書いてあります。

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。