Mavicpro・air

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。

Mavic PRO(マビック プロ)開封の儀

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)編集長の吉武穂高です。

今回は今更ですが、Mavic PRO(マビック プロ)の購入動機と開封レポートをしたいと思います。

すでに様々なメディアやyoutubeなどで紹介されていると思いますが、ぜひぜひ私にも語らせてくださいませ。

Mavic PRO(マビック プロ)購入の動機

ずばりこの3点です!!

  1. 超コンパクト
  2. カメラが高性能
  3. 低価格

本当にコストパフォーマンスに優れております。

2016年11月に、phantom4をマレーシアまで持って行きましたが、その時は本当に大変でした。

マレーシア空中散歩|マヌカン島にてドローン空撮とOsmo Mobileで島内を散策してみた。【マレーシア空中散歩】

大きめのリュックサックに無理やりphantomを詰め込みました。

さらにカメラ機材を入れるとそれなりの重量になってしまいました。

これには本当に苦労しました。

常に荷物の重たさと、なによりも荷物がかさばりまくりで常にドローンに対して気を使いました。

次に海外にドローンを持って行く時は、絶対にMavic PRO(マビック プロ)のようなドローンを持っていくべきだとつくづく実感したものです。

ちなみに荷物の総重量が20kg近くあったにもかかわらず、LCCの手荷物制限7kgを突破したという不思議なエピソードがあります。

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。 マレーシア空中散歩|マヌカン島にてドローン空撮とOsmo Mobileで島内を散策してみた。【マレーシア空中散歩】

楽しそうに見える海外の旅も、常にドローンのことばかり気になっていました(⌒-⌒; )

私自身、日本のみならず世界中いろんな場所でドローン空撮を楽しみたいと思っていますので、Mavic PRO(マビック プロ)の性能とコンパクトさはちょうど良いのです。

Mavic PRO(マビック プロ)開封の儀

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。

というわけで早速Mavic PRO(マビック プロ)の中身をご紹介してまいります。

箱を開けるとこんな感じ。

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。

入っている中身は

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。
  • Mavic PRO(マビック プロ)本体
  • プロポ(コントローラー)
  • 充電器
  • 予備プロペラ1式
  • 各種配線
  • 説明書
  • 保険の案内

といったところになります。

保険はインターネット上から自ら入力して申し込まなければ受け付けられないので、購入したらすぐに申し込むことをお勧めします!!

詳しい手続きの方法はこちらの記事をご覧ください。

購入したらすぐにバッテリーの充電をオススメします。

https://drone-aerial-corps.com/2016/07/05/post-338/

1個充電するのに小1時間かかりますので、時間があるとき充電しておくことをオススメします。

また忘れがちなのがプロポの充電ですね。

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。

これも忘れずに行っておきましょう。

https://drone-aerial-corps.com/2016/07/05/post-338/

どうでもいいけど写真がブレて集中線みたいになりました。

どうでもいいですね(⌒-⌒; )

せっかくなので、phantom4と大きさを比較してみた。

https://drone-aerial-corps.com/2016/07/05/post-338/

まあ実際に並べて比べてみるとその大きさは歴然ですよね。

特にドローン本体の高さがあるため、かなりの差になります。

https://drone-aerial-corps.com/2016/07/05/post-338/

phantomシリーズは、この基底部ハンドル部分があるおかげで多少離発着の足場が悪くても、問題ありませんし、ハンドキャッチもしやすいので、便利ですね。

Mavic PRO(マビック プロ)はこの点が弱点と言えるでしょう。

一応高さを稼ぐためにこんなグッズも売っていますので、これは購入しておこうと思います。

DJI Mavic Pro 用ランディングギアガード 高さアップグレード プロテクター

プロポの大きさもだいぶ違う。

 DJI Mavic Pro 用ランディングギアガード 高さアップグレード プロテクター

これは多くの方にとって盲点となりやすいですが、プロポの大きさを比べてもかなりの差になります。

phantomのプロポは大きすぎて、ドローン並みにかさばる荷物になってしまいます。

Mavic PRO(マビック プロ)のプロポの大きさは本当に魅力的ですね。

バッテリーの価格も1万円程度違う。

https://drone-aerial-corps.com/2016/07/05/post-338/

バッテリーに関しては、どんな人でも最低1個以上は予備が欲しいもの!

言ってみれば必需品になります。

ここも価格差が結構ありまして、

phantomのバッテリーは約2万円に対して、Mavic PRO(マビック プロ)のそれは1万円と約2倍の差があります。

この差はかなり大きな差になることでしょう。

まとめ

Mavic PRO(マビックプロ)開封の儀|購入動機とphantom4と比較してみた。

というわけでMavic PRO(マビック プロ)の購入動機と開封レポートをお届けしました。

まあ何と言っても早く空撮映像を撮りたくてしかたなく、この週末にでも旅に出ようと考えています。

その他DJI製品については以下の記事をご覧ください。

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。