Osmoに失望した方朗報!Zenmuse M1ジンバルがあればOsmo Mobileに早変わり!

Osmo(オズモ)に失望した人に朗報!Osmo - Zenmuse M1ジンバルがあればもっと手軽に

オズモって使い勝手悪くないですか?

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

今回はDJI社のジンバルOsmo(オズモ)についてお話しします。

私自身Osmo Mobile(オズモ モバイル)を使用しているのですが、これが本当に便利です。

そして購入前はOsmo(オズモ)にしようかでとても悩みました。

dji Osmo半年間使用レビュー!ここがダメだよdji Osmo

しかし、gyueen徳川さんの動画レビューで通常のオズモはやめにしようと決意しました。

もうディスりまくりで超笑いました。

この方の動画はどれをみても面白いですね。

さて徳川さんが指摘しているように、オズモにはいろいろ問題点がありますが、

私にとってとりわけ

  • 使用時間が30分程度
  • セッティングに時間がかかりすぎる
  • Osmo Mobile(オズモ モバイル)と比較して価格がずっと高い

というのは、致命的な欠点でした。

しかし、すでに購入してお悩みの方に対して、DJI社が新しい製品を出してくれました。

それがこちら!!

Zenmuse M1

Osmo(オズモ)に失望した人に朗報!Osmo - Zenmuse M1ジンバルがあればもっと手軽に

Zenmuse M1は「Osmo、Osmo+、Osmo Pro、Osmo Raw」のハンドルに取り付けることができます。

これによって、お手持ちのオズモがOsmo Mobile(オズモ モバイル)に早変わりすることができるのです。

これは非常に便利になるかと思います。

っていうとそもそもオズモを買わなければいいじゃん!とDJI社が認めたみたいな感じですが、Osmo Mobile(オズモ モバイル)の弱点は他の取り替えハンドルと交換できない点ですので、オズモはオズモで重要な役割を持っているのかなと思います。

これによってさまざまなスマートフォンを装着でき、スマートフォンでブレのない写真や滑らかで安定した動画を撮影できます。

今までオズモを使用していた人にとっては、格段に使い勝手が良くなるように感じるはずです。

オズモ自体はさまざまな専用のアクセサリーと組み合わせることで、映像の質をぐっと上げることができますが、日常ちょっとした場面の動画をZenmuse M1に取り替えて撮影することで、気軽にちょっと本格的な映像が撮影することができます。

Zenmuse M1のDJI社:http://click.dji.com/AJNVdZRFqrF5XWFcavPf?pm=custom

参考までにOsmo Mobile(オズモ モバイル)で撮影した映像をご紹介

Osmo Mobile(オズモ モバイル)でマレーシア キナバル山までの道中を車から撮影

Osmo Mobile(オズモ モバイル)で静岡県三嶋大社を歩いて撮影してみた。

Osmo Mobile(オズモ モバイル)でマレーシア マヌカン島を2.5mの高さから擬似空撮



スポンサーリンク






Osmo(オズモ)に失望した人に朗報!Osmo - Zenmuse M1ジンバルがあればもっと手軽に

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。