記事一覧

まさに一生物!履けば履くほど味が出る!10年物のレッドウイングアイリッシュセッターをご紹介。

履けば履くほど味が出る!10年物のレッドウイングアイリッシュセッターをご紹介【一生物の宝物シリーズ1】

編集長の趣味のコーナー

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

このサイトでは、ドローンをはじめとしたOsmo Mobile(オズモ モバイル)やGO PROなんかの紹介記事が多いのですが、たまにはレトロ?なアイテムのご紹介をします。

というか、私自身の個人的な趣味になります・・・(⌒-⌒; )

あまりドローンとは関係ないので、好きな人だけ見ていただければと思います。

10年物のレッドウイングアイリッシュセッター

履けば履くほど味が出る!10年物のレッドウイングアイリッシュセッターをご紹介【一生物の宝物シリーズ1】

私自身唯一持っているブーツがこちらになります。

ブーツが好きな人であれば、知っている方もいると思います。

このブーツを購入したのは、私が社会人1年目、消防署に入った年の秋のボーナスで購入しました。

当時の私は、少しファッションなんかに興味を持ち、とにかく「リーバイス」をはじめとした「古き良きアメリカ」みたいな物に強烈な憧れを抱いておりました。

その中でも、とにかく「一生物」となるアイテム、いや「相棒」が欲しいと思っていました。

フリー&イージーなんかの雑誌を毎月熟読していました。

ラルフローレン氏なんかみたいなとにかくかっこいいオヤジに憧れていました。

そしてブーツを購入しようとあれこれ調べてみると、真っ先に出てくるのが、この「レッドウイングのアイリッシュセッター」

もうこのデザインを見て、一目惚れしてしまいました。

シンプルで無骨なデザインに加え、この赤茶色とブーツの紐とのコントラストがとにかくカッコよかった!

そしてこの手のアイテムが好きな人にありがちな商品の歴史的な背景なんかも調べまくっていました。

レッドウイング アイリッシュセッター

赤茶色の「オロラセット」という革が、経年変化によって犬種の「アイリッシュセッター」の毛色を思わせる色に変化することから、そう呼ばれるようになったそうです。

ブーツをガンガン履き込むことで味が出てきますので、履けば履くほどかっこ良くなるのがこのブーツ最大の魅力になります。

オイルを塗りこんで皮の手入れをすることで、一生モノとして活躍してくれます。

登山などのアウトドアシーンでも活躍

履けば履くほど味が出る!10年物のレッドウイングアイリッシュセッターをご紹介【一生物の宝物シリーズ1】

街使いに履いてもかっこいい!!

履けば履くほど味が出る!10年物のレッドウイングアイリッシュセッターをご紹介【一生物の宝物シリーズ1】

この靴の成長に負けないようになりたい。

履けば履くほど味が出る!10年物のレッドウイングアイリッシュセッターをご紹介【一生物の宝物シリーズ1】

というわけで、全くドローンとは関係ありませんが、一生物の宝物をご紹介させていただきました。

この手の記事は息抜きになりますので、またマニアックな物をご紹介できればと思います。

ABOUT ME
吉武 穂高
DRONE WALKER 編集長 1984年生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。