空中散歩|日本一わかりやすいドローン専門メディア

日本一わかりやすいドローン専門メディア

DJI社

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力|ファントム4と徹底比較してみた!

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力|ファントム4と徹底比較してみた!

Inspire2(インスパイア2)とMavic PRO(マーヴィック プロ)に引き続き、Phantom4Proも発売されました。

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

今回もDJI社新製品のご紹介になります。

2016年下半期はまさにドローンラッシュの年ですが、前回紹介したInspire2(インスパイア2)と以前に紹介したMavic PRO(マーヴィック プロ)に引き続き、Phantom4のパワーアップ版の発表がされました。


DJI社のホームページは英語でしか解説されていない。

正直、これまでのPhantom4何が違うのか分かりにくいと思いますので、解説していきたいと思います。

まだ情報不足の部分もありますので、わかったことがあり次第情報は追記していく形を取りますのでよろしくお願いします!!^_^

Phantom4のプロモーションビデオ

とりあえずPVは載せておきます。

英語なので何を言ってるかわかりません(⌒-⌒; )

見ている限り、Phantom4よりも映像性能も良くなってますね。

見た目は今までのPhantom4と変わらない。

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力とは?ファントム4とも徹底比較してみた!

これがPhantom4Proになります。

見た目はこれまでのPhantom4と全く変わらないですよね。

よく見るとここが違う!!

1:カメラが微妙に大きくなった。

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力とは?ファントム4とも徹底比較してみた!

まあ写真ではわかりにくいですが、カメラが少し大きくなってます。

2:両サイドに黒い点が!!

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力とは?ファントム4とも徹底比較してみた!
機能と安全性を強化したPhantom4proの実力とは?ファントム4とも徹底比較してみた!

これは赤外線センサーになります。

これで安全性がアップしてるみたいです。

4K映像を最大で60fpsで撮影が可能になっている。

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力とは?ファントム4とも徹底比較してみた!

プロポにタブレットが初めから付いている。

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力|ファントム4と徹底比較してみた!

これが一番大きな変化かもしれません。

これまでは、自前のスマホやタブレットを接続してましたが、Phantom4Proでは専用のタブレットが初めからプロポと一体になっているのです。

しかもこのタブレットは、太陽の光など、今までは見づらかった画面も見やすいように作られているみたいです。

これは非常にありがたいですね。

新しいモード『ドロー』はタップフライの進化版!!

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力とは?ファントム4とも徹底比較してみた!

画面上に指で線を引くだけで、その導線上をドローンが飛行してくれる。

まさにタップフライの進化版と言えるでしょう!

ジェスチャーモード

機能と安全性を強化したPhantom4proの実力とは?ファントム4とも徹底比較してみた!

これはMavic PRO(マーヴィック プロ)から搭載された機能です。

何かと言うと、「被写体」が特定のポーズをとると自動的に撮影してくれる機能になります。

あまり使わないかもしれませんが、考えてみると凄い機能ですよね。

リターン・トゥー・ホーム機能も進化

自動着陸する時にその真下に障害物がある場合は自動で避けて着陸してくれる機能が追加されました。

これ今までPhantom4を使用していて意外と気になる部分でした。

発信地点に戻ってきてくれるといっても、完全に元の地点に戻ってきてくれるわけではありません。

そのちょっとずれた地点に障害物があると、当然激突してしまいます。

そのため、私自身、着陸ポイントに気になる障害物や電線などがある場合は、ある程度の地点まで戻ってきたら、RTH機能を解除して手動で着陸させるようにしてました。

安全性がさらに強化されてますね。

Phantom4と比較してどっちが買いなのか?

まずは価格で比べてみますね。

  • Phantom4:146722円
  • Phantom4Pro:189000円

要するに、phantom4Proにこの価格差「約40000円」の価値があるか否かが重要になります。

一番ありがたいのは、専用タブレットがついた点

目に見えてありがたいのは、この専用タブレットがついた点ですね。

普通にタブレットを購入すると最低でも1万円以上の価格がしてしまいます。

また私の場合は手持ちのiPhoneを使用していたのですが、画面は小さいことがたまに傷なのと、さらにドローンを飛行させている場面を撮影したいと思っても、スマホをプロポにしているため、撮影できなかったのです。

これ地味に解決したいと思っていたポイントでした。

カメラ機能

基本は同じ4Kですが、phantom4Proでは『4K映像を60fps』で撮影が可能になります。

そのため、さらに高画質での撮影が可能になります。

上にアップしたphantom4ProのPVに画質の差がアップされていますので、それを参考にされるといいと思います。

最大フライト時間が3分アップ!!しかも以前のバッテリーも使用可能!

今までのphantom4の最大フライト時間は「27分」でしたが、Proでは最大「30分」のフライトが可能になりました。

また今までのphantom4のバッテリーはそのまま使用できます。

細かい機能がパワーアップ

先に解説しましたが、

  • ・ドロー機能:タップフライの進化版
    ・ジェスチャー:Mavic PRO(マーヴィック プロ)にも搭載されている特定のポーズをとると自動撮影してくれる機能。
    ・障害物探知機能の前後方向に搭載し、安全性が向上
    ・リターン・トゥー・ホーム機能でも安全性が向上

これらの点を踏まえて、phantom4と比べて買いかどうかになります。

正直、この価格差でこの機能差はなんとも迷うところです(⌒-⌒; )

まあ個人の好みや判断によるところじゃないでしょうか??

個人的に、phantom4を買うなら、「価格」と「コンパクトさ」でMavic PRO(マーヴィック プロ)にしますが(⌒-⌒; )

ドローン女子さんによるDJI社の体験レポート|Phantom4ProとInspire2(インスパイア2)の解説をしてくれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ざっと今分かっているPhantom4との違いを列挙してみました。

  • 全方向にセンサーが搭載されることで安全性能が上がった。
  • プロポに備え付きのモニターが搭載された。
  • 飛行時間が3分伸びた。

大まかにまとめると

1インチカメラの搭載で、より鮮明な画質で映像を撮ることができるようになった。

これまでのPhantom4はドローンの撮影角度によっては、「プロペラが写り込む」ことがあったのですが、Phantom4Proになって解消されたかどうかが気になるポイントです。

こちらはわかり次第、また情報を掲載しますのでよろしくお願いします!!^_^

追記:phantom4Proの製品発表会の映像がありました。

これ見た方がわかりやすいですね(⌒-⌒; )

にしてもまだ情報不足!!

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

東海空中散歩オンラインショップ|購入したドローンの予備バッテリーを1個プレゼント

東海空中散歩オンラインショップはDJI正規販売代理店です。 ただいまキャンペーン中で、ご購入のドローンに専用バッテリー1個をプレゼントさせていただいています。 Mavic PROは10584円相当の専用バッテリーを、phantom4Proであれば、20000円相当の大容量バッテリーをプレゼント!! 他にも、東海空中散歩ならではのサービスあり!
東海空中散歩オンラインショップ|購入したドローンの予備バッテリーを1個プレゼント

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

コメントする。

*
*
* (公開されません)