日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

【悲劇】phantom4(ドローン)のカメラジンバルが故障した映像がヒドイ!

 
【悲劇】phantom4のジンバルが不調になると映像はこうなってしまう!!
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

悲劇!!phantom4のジンバルが正常に機能してくれない!!

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)の吉武穂高です。

以前、ドローンの墜落記事をご紹介しました。

あれからカメラ機能までは回復したのですが、どうにもこうにも『ジンバルの機能だけは故障』した状態になっております。

ドローンの『カメラジンバル』が故障するとどうなるの??

ずばり写真を撮影する分ならなんとかなるのですが、これが映像・動画になると一目了然になります。

ドローンは空を飛び、旋回や上昇・下降など様々なアクションを行います。

そのため、カメラ位置を常に調整する「ジンバル機能」はとても重要になるのです。

故障したジンバルで空撮した映像

映像はマレーシア・コタキナバルにある町並みを一望できる丘からの映像になります。

ご覧の通り、カメラがブレブレな様子が分かると思います。

カメラ自体はドローンに固定しており、動かないようにしているのですが、いかんせんドローン自体も動きがあり、同時に風などの影響を受けることになります。

そのため、微振動などでもかなりカメラが揺れてしまっています。

ドローンの撮影においていかに「ジンバル」の機能が重要になるかが理解できると思います。

通常の故障であれば、DJIに修理依頼すべし!

のちに登場した『MavicPRO』も途中、カメラジンバルが故障したのですが、DJIの修理サポートでなんと無償でカメラを交換してくれました。

『水没』など『全損扱い』になる場合は無理ですが、場合によっては無償対応になる場合もあるみたいです。

まとめ

私ごとなので非常に恥ずかしいのですが、恥を忍んで公開しました(⌒-⌒; )

ドローンはすべての機能が整ってこそ最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

故障などがないように注意して使っていきましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



Comment

  1. イヨテツ より:

    こんにちは

    僕のPHANTOM4も落としていないのに同じ状況です。 ちなみに修

    理は部品交換で済んだかカメラ全取っ替えかわかれば教えてくださ

    い。

    あとできたら値段も教えていただけると助かります。

  2. イヨテツ より:

    こんにちは 

    私の機体も同じ状況なのですが修理代はどれぐらいかかりましたか

    またカメラ全取っ替えですか?

    教えていただけましたら助かります。

    • イヨテツさま コメントありがとうございます!!

      私の場合は水没なので=全損扱いでした。

      そのため、修理はせずに練習用モデルとして使用しております。

      イヨテツさんの場合、水没ではないのでDJIストアでカメラ部分のパーツを購入して替えればよいかと思われます。

  3. イヨテツ より:

    すいません ありがとうございました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2016 All Rights Reserved.