日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

 
潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

今回は、空中ではなく「水中」です。

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

もう4年ほど前のことになりますが、私が消防職員時代に、スキューバダイビングのCライセンスの資格を取りに行った時の話です。

潜水士になれ!と上司から言われたので・・・

当時消防職員だった私は、上司から「潜水士」になれと言われたので、消防の研修で「潜水士」の資格を取りに行きました。

潜水士の資格自体はなぜか「筆記試験」のみなので、試験自体はそこそこ難しくてもしっかり勉強さえしてしまえばなんとか取得できる資格です。

しかし、問題はその後です。

潜水士になると、「水難救助」の現場に行かねばなりません。

また月に1度は招集されて、「潜水訓練」にも参加しなければいけません。

もうこれが正直怖かった!

以前、サイパンに旅行に行った時に、スキューバダイビングの体験をしていたのですが、そこで

「まともに呼吸することができず」

二度とやりたくないと思っていたからです。

しかし、そんなことを言っても始まりません。

であれば、消防の訓練で地獄を見る前に、自ら本格的に「スキューバダイビング」を好きになってやろうと、思ったことが沖縄でCライセンス取得をしようと思ったことがきっかけです。

ちなみに、「潜水訓練」の最中に「水没車両」を発見してしまい、引き上げたことがあります。

その時の様子がこちら

沖縄水中散歩|潜水士になるのが嫌すぎて、スキューバダイビングのCライセンスを取りに行きました。

場所を特定したのち、レッカーにて引き上げた時の様子

さて前置きが長くなりましたが、沖縄でのダイビング体験の様子をご紹介していきます。

まずはダイビングスクールのご紹介

なんとなくネットで探し当てたダイビングスクールだったのですが、

「WITH ME DIVE」というスクールに通うことにしました。

ホームページはこちらです。

With Me Dive:http://www.withmedive.com/

数年前のことなので若干うろ覚えなのですが、少しでもCライセンス取得を短期間で行うために、事前に学習した上で沖縄まで行きました。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

なぜか空港で自撮りをしたわけのわからない1枚(⌒-⌒; )

そして到着と同時に学科試験をしました。

せっかく沖縄なので、宿にこもって勉強する時間を短くするために、そして海に出ている時間を長く取りたいのでPADIの学科講習では事前学習制とのこと

このへんの写真はないのですが、一緒にCライセンスを受けるメンバーは私の他にちょうど新婚旅行で沖縄にきていたご夫婦でした。

次の日からは、3日間の水中訓練です。

初日はプールにて基本の動作訓練。

沖縄水中散歩|潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。

沖縄水中散歩|潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。

沖縄水中散歩|潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。

とにかく、「口呼吸」に慣れないと初めは本当に苦しいです。

水中という状況とうまく呼吸ができないの二重苦で結構苦しみます。

またゴーグルに水を入れて、そこから水を抜く作業があるのですが、これもまた超パニック!

この時だけ、「鼻」から息を出して、ゴーグル内の水を抜くのですが、やり方を間違えると、水を吸ってしまいますし、さらに水が目に入ってきてパニックになります。

そしていつまでも水が抜けないとさらにパニックになります。

どんだけパニックになるんだ(⌒-⌒; )

これは今でも本当に嫌です。

今はプールなのでまだいいですが、これを最終的に15mの水深で行うことを考えるとぞっとします。

そんなこんなで、午前中は終了。

午後からは、海へ行きます。

その前にお昼ということで、オーナーに沖縄でもうまいと言われる沖縄そばを食べに行きました。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

店構えはこんな感じ。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

まあソーキそばなので、ド派手な「ウオ〜!うっめ〜!」というほどではないですが、
確かに美味かったです。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

では実際に海へ

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

とこんな感じで潜りました。

比較的浅瀬で、とりあえず潜ってみようという感じでしたので、結構楽しかったです。

夜はバーベキュー

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

新婚夫婦のお祝いもしました。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

そんなこんなで1日目は終了!

本当に沖縄はいいところだと実感しました。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

2日目は1日中海でダイビング!

2日目は沖縄の「慶良間諸島」でダイビング。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

世界でも有数のダイビングスポットだそうです。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

海がとにかく青くて綺麗でした。

本当に青い海というのは心を奪われますね。

珊瑚礁です。

ちなみに珊瑚礁は天然記念物なので触れてはいけません。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

二日目になるとさすがに口呼吸にも慣れてきます。

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

本当は「海亀」や「マンタ」なんかも見れたら良かったんですが、残念ながら遭遇できず。

実技試験ということで、海中で試験をこなしていきます。

まとめ|無事合格!!

潜水士になるのが嫌すぎて、沖縄までスキューバダイビングCライセンスを取りに行きました。【沖縄水中散歩】

というわけで実技試験にも合格し、無事にCライセンスを取得することができました。

どうでもいいですが、私の目がすごいことになってますね。

次回は沖縄の陸路の冒険を紹介していきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2016 All Rights Reserved.