日本一わかりやすいドローン専門メディア

2018年ドローン入門最強5ステップ

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

 
ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。
この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。

私の旅の荷物を紹介します。

どうもDRONE WALKER(ドローン ウォーカー)の吉武穂高です。

10月30日から1週間ほどマレーシアへ出張に行きますので、ドローンを持った状態でどこまでリュックサックに収まるのか?

どんな機材を持っていけば、どんなことができて、どれくらいの量の荷物になるのか試してみました。

他にもどんな道具にどんな意味があるのか。

私なりに厳選した持ち物を紹介します。

よかったら参考にしてみてください。

今はManfrotto(マンフロット)のキャリーに詰め込んでます。 (2018年3月16日追記)

カメラ・ドローン機材の収納に悩みまくって、マンフロットのキャリーバッグ(27L)を選択しました。

  • SONYα7Ⅱ+レンズ
  • MavicAIR(バッテリー3個)
  • MavicPRO(バッテリー3個)
  • MacBook Pro
  • OSMOMOBILE
  • GoProHERO6
  • 各種充電ケーブル
  • 予備プロペラ

これドローン専用ではないですが、上記のもの全て収納できます。

そしてPhantom4Pro(ファントム4プロ)に関しては、純正ケースを活かす形で搬送することにしました。

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

ガジェット&撮影機材

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

  • iPhone6
  • MacBook Air
  • ポータブルHDD(バッファロー)
  • DJI社Phantom4
  • DJI社OSOMO MOBILE
  • 外付けHDD
  • 一眼レフカメラ Canon EOS KISS7
  • マイクロSDカード(32G+16G)

これだけあれば「空撮」+「動画撮影」+「写真撮影」全てが行えてしまいます。
凄い機能を備えておきながら、これだけコンパクトにまとまってしまう。

素晴らしい!

phantom4

これは新しい発見。

キャノンの一眼レフ

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

マイクロSDカード

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

ドローンやカメラ撮影に必要なマイクロSDカード

もっともコスパが良いのは現在これ!

ブログや動画など編集作業はMacBook Airを活用します。

旅に最適な外付けHDD

また、1TBのポータブルHDDを持って行きますので、撮影した写真や動画はその日のうちに、そちらへデータ移行させてしまいます。

こうすればもっとコンパクトにできる!

私はこれぐらい所持所持してませんが、以下のように
Phantom4 ➡︎ Mavic PRO(マヴィック プロ)
一眼レフCanon EOS KISS ➡︎ミラーレス一眼レフ SONY α
ポータブルHDD ➡︎ SDカード
に変えると、さらに荷物はコンパクトになります。

というわバックパック一つに収まってしまいます。
凄い時代ですね。

カバン類

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。
ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

  • リュックサック38リットル(swisswin)
  • 機材入れバック(無名)

基本バックパッカーなので、スーツケースは持ち歩かないです。

リュックサックは価格5000円で38リットルとそれなりの容量が入って、なおかつめちゃくちゃ頑丈な「SWISSWIN」

重たいのがたまに傷ですが、その分肉体トレーニングになります。

一眼レフや充電器など機材を入れるカバンは、物心ついた時からある謎のカバンです。

ちょうどいいサイズなので。

【SWISSWIN】重いのがたまに傷だが、頑丈さと収納に便利。パソコン用のポケットもあり!

服装

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

  • 白シャツ (BLUBLUE)
  • Tシャツ 3枚 (適当)
  • ウインドパーカー(GU)
  • スウェットデニム(ユニクロ)
  • 短パン(ワイルドシングス)
  • 水着 1着(ユニクロ)
  • 下着 3枚 (ユニクロ)

BLUE BLUEのヘンリーネックシャツ

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。
服装は基本ラフで動きやすいものを好みます。
空港やフォーマルな場所でも大丈夫なように「白シャツ」を1枚持って行き、あとは簡単な防寒・

防水用にビニール製のコンパクトなパーカーをチョイス。

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

ジーパンもユニクロから出ているスウェットのジーパンでとにかく動きやすさを重視。

下着などはユニクロの「 エアリズム」がコンパクトでさらに洗ってすぐ乾くので便利です。

Tシャツと下着は3枚持っていけば、1週間程度なら余裕で大丈夫です。

旅行中はだいたいこんな感じになります。

吉武穂高 東海空中散歩

携行品

ドローンを持って海外旅行!バックパックに全て収めてみた。

  • 財布 2種類
  • マネークリップ
  • ウエストポーチ

財布は本財布と予備財布を2種類。

そして使いやすくてコンパクトなマネークリップ。

基本マネークリップな私ですが、海外に行く時は複数持って行きます。

<iframe src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=bousaiou-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B002NO7Z0Y&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

一番大切な用具はお茶の袋に入れます。

「なぜ?」と思われるかもしれませんが、外国での盗難防止に「こんなんに絶対入ってないやろ!」というダミーのためのテクニックです。

まあ「高城剛」さんの書籍に書いてありましたので、実践しておきます。

あとがき

本当はPhantom4よりMavic PRO(マヴィック プロ)を持って行きたかったのですが、注文から

到着が間に合いそうにないので、断念。

冷静に考えてみると、Mavic PRO(マヴィック プロ)とOSOMOの組み合わせならどこでも気軽に本格的な映像製作ができてしまう。

しかもリュック一つで収まってしまう&機材費20万円以内という恐ろしいコスパと機能。

時代の進歩って凄まじいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© DRONE WALKER , 2016 All Rights Reserved.