東海空中散歩

愛知・三重・岐阜でドローン空撮

購入ガイダンス

擬似空撮ができるOsmo mobile VS オズモ+ 機能の差とユーザーの声を集めてみた。

擬似空撮ができるOsmo mobile VS オズモ+ 機能の差とユーザーの声を集めてみた。

Osmo mobile VS オズモ+

Osmo mobile VS オズモ+ 機能の差とユーザーの声を集めてみた。

どうも東海空中散歩空中の吉武穂高です。

これまでDJI社のPhantomやMavic PRO(マヴィック プロ)については散々このブログでも取り上げてきましたが、Osmo Mobile(オズモ モバイル)についても触れていこうと思います。

Osmo Mobile(オズモ モバイル)のプロモーションビデオ

これはやばいですよね。

手持ちのスマホでこれだけの映像が製作できてしまうとは!

何より手ぶれがしないだけで映像のクオリティがぐっと上がっております。

またOsmoシリーズはDJI社の製品で、Phantomなどのジンバルの技術がふんだんに使われております。

一言で言えば、Osmo Mobile(オズモ モバイル)を使用することで、まるで映画撮影に近い本格的な動画や映像が簡単に撮影できてしまいます。

また別売りのステッィクを延長して使用することで、+1mの高さで撮影することができます。

擬似空撮ができる。Osmo mobile VS オズモ+ 機能の差とユーザーの声を集めてみた。

それはすなわち、擬似空撮のような動画が撮れてしまうということを意味します。

DJI Osmoで擬似空撮

私自身、はじめ 「Osmo」 には何の興味もなかったのですが、この動画を見て欲しくなってしまいました。

これはドローンの飛行制限が厳しい地域でも、使い方次第で新しい視点の映像を撮ることができてしまいます。

Osmo Mobile(オズモ モバイル) VS OSMO(オズモ) どっちがいいの?

まずは数字上のスペックを比較します。

Osmo mobile VS オズモ+ 機能の差とユーザーの声を集めてみた。

Osmo Mobile(オズモ モバイル)

  • 価格:34,992円
    バッテリー時間:4時間30分
    BLUETOOTHで素早い接続
    カメラ機能は、スマホの性能に左右される。
    アクティブトラック機能

Osmo+(オズモ)

  • 価格:77,112円
    バッテリー時間:最大1時間
    4Kカメラ付き
    セッティングに時間がかかる

といった形になります。

まあ初めからカメラがついてるかついてないかで、倍近い価格差になってるんですが、果たしてそれだけの価値がOsmo+(オズモ+)にはあるのでしょうか?

こちらの動画でかなり詳しいスペックの差がわかります。

この動画でも解説がされておりますが、

Osmo Mobile(オズモ モバイル)の特徴としては、

スマホをジンバルの代わりに使うことができる。

➡︎つまり画質や映像の質はお手持ちのスマホに大きく依存することになる。

カメラは「DJI GO」のアプリを使用することになる。

➡︎また通常のカメラ機能でも撮影は可能。

アクティブトラック機能

➡︎追跡対象を設定すれば、自動的に対象をカメラが追ってくれる機能。
Phantom4の技術を応用している。

バッテリー時間が大幅に長くなった。

➡︎通常のOsmoではカメラに大量の電力を奪われていたが、それが解消された。

カメラそのもののモーター音が大幅に軽減した。

セッティングの時間が大幅に短縮された。

従来のオズモはカメラの起動、スマホの接続、スマホとオズモの接続で時間がかかったが、大幅に短縮された

ざっとあげましたが、こんな感じになります。

聞けば聞くほど、現段階では、断然Osmo Mobile(オズモ モバイル)の方が絶対にいいと思います。

実際に半年Osmoを使用した方の意見|ディスりまくってます(⌒-⌒; )

とにかく気軽に使うことができない。

起動に時間がかかりすぎるということが、本当に問題だったみたいです。

見た目使い勝手が良さそうなので、こういう微妙な手間が現場でさっと撮影する気が無くなってしまうみたいですね。

やはり利便性を考えても、Osmo Mobile(オズモ モバイル)の方が断然良さそうです。

カメラ機能は、スマホの質が上がれば、自動的にアップデートできますしね。

まとめ

Osmo Mobile(オズモ モバイル)かOsmoなら断然Osmo Mobile(オズモ モバイル)の方がオススメです。

DJI社から直接購入する場合はこちらから

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

コメントする。

*
*
* (公開されません)