東海空中散歩

愛知・三重・岐阜でドローン空撮

航空法・飛行許可申請

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

各都道府県のドローン飛行可能場所を探してみるシリーズ

今回は「大阪編」です。

ドローンは東京並みにドローンの肩身が狭い!

前回、「東京都」でドローン飛行可能場所を探してみたのですが、やはり大都市は、人口密度が多いためかほとんどがDID地域に当たってしまい、ドローンを飛ばせる場所を探すのは至難の技でした、

今回の大阪もまさに同じ。

早速「SORAPASS」で人口密集地域を見てみましょう。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

初めての方に簡単に説明しておくと、赤い部分と緑色の縁は、ドローンを飛ばすことができません。

赤い部分は、人口密度の高い人口密集地域、通称DID地域で、緑色の縁は空港や重要施設になります。

ちょっと拡大してみてみましょう。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

こちらは「八尾空港」

日本でも最大級に縁の半径が大きいです。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

こちらは大阪府庁

こちらも緑色の円形上ではドローンを飛行させることができません。

航空法の確認

ここで国土交通省の定める「航空法」を確認しましょう。

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

上記の図は国土交通省に記載されているドローンの飛行条件です。

まだ「航空法」についてわからない方はこちらの記事も参考にしてみてください。

大阪府では市内約980箇所のすべての公園で飛行が禁止されている。

さらに厳しいのが、大阪の市内はどこもドローンの飛行を全面的に禁止しているという点です。

まあどの県でも、気持ち良くドローンを飛ばしてくれる公園はないのですが、ここで厄介なのが

「200g以下のホビードローンも厳しい」ということ。

通常200g以下の重量のドローンは、いわゆるおもちゃ扱いドローン扱いされないという解釈なので、便宜上どこでもドローンを飛ばせることは可能でした。
(当然周囲への配慮は必要ですが。)

しかし大阪府での解釈は、「公園条例」により、ドローンを飛ばすことが禁止されています。

それはつまり、ドローンそのものが他人に迷惑をかける恐れがあるということ。

この部分の解釈は難しいですが、ホビードローンでもこの要件に当てはまってしまう解釈もできるので、公園でホビードローンの練習も避けた方がいいのかもしれません。
(完全な判断ではないので、気になる方は一度公園の管轄部署に確認してみてください。)

そんなわけでかなり飛行条件の厳しい大阪府。

ドローンの飛行場所を集約すると、

・海岸沿い
・山
・河川敷

になるのですが、DID地域の関係で、海岸沿いはほぼ全てドローンの飛行は禁止。

山も遠い。

河川敷も大部分が人口密集地域になっている。

しかし、そんなこと言っても始まらないので1箇所は見つけたいと思います。

GoogleマップとSORAPASSを活用して大阪の河川敷で飛行可能場所を見つける。

この方法の具体的なやり方はこちらをご覧ください。

さて大阪の河川敷で、DID地域を避けた部分をクローズしてみましょう。

大阪の都心部から「淀川」を北上してきます。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

といった形になります。

一応飛ばせそうな感じですが、気をつけるべきは、DID地域だけでなく、公園も避けるべきということ。

そう考えると人口密集地域でなくても、さらに飛行可能場所は限られてしまいます。

一応、どの条件にも当てはまらない場所はあるので、そこをGoogleマップで見ていきましょう。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

牧野パークゴルフ場の対岸を実際にストリートビューで歩いてみましょう。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

ドローン規制が厳しすぎる大阪府|飛行可能な場所をなんとか探してみた。

といった感じ。

ぱっと探したのですがなかなかいい感じの場所です。

もしドローンをここで飛ばす場合は念のため、本当に大丈夫か自分でもチェックしてみてください。

まとめ

大阪も東京に並ぶドローンの肩身が狭い地域ですが、なんとか飛行可能なエリアを探すことは可能です。

他にも探せばいっぱい見つかるはずなので、オススメの練習場所があれば是非教えてくださいね。

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

コメントする。

*
*
* (公開されません)