空中散歩|日本一わかりやすいドローン専門メディア

日本一わかりやすいドローン専門メディア

航空法・飛行許可申請

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

今回は、「ドローンの飛行可能な場所について」の「東京編」ということでお話ししていきます。

何かとドローン規制が厳しい東京都。

既にドローンを始めている方はつくづく実感していると思いますが、ドローンの飛行可能な場所を探すことは本当に大変です。

逆に初心者ではそれが全く分からず、探す場所に苦労したり、人によってはそんなことも分からずに勝手にドローンを飛行させてしまい、法律に違反してしまったり、最悪逮捕されてしまう場合もあります。

そんな中でもドローンの規制が特に厳しいのが「東京都」

こちらの記事にも書きましたが、ドローンを飛行させる上で以下の要件を満たす必要があります。

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

大変だけど、ドローンの飛行許可の申請を自力で取る方法【保存版】

・空港など重要施設から10km以上離れる
・地上から150m以下の空域
・人の私有地:所有者の許可が必要になります。
・ドローンで物を輸送したり、落としたりしないこと
・屋内:屋内であれば人口集中地でも航空法の規制対象外になります。
・ドローン飛行場:有料ですが存分に飛ばせます。
・プライバシーの侵害しない場所:人の顔や車のナンバーが映るような場所は避けた方が懸命です。

関連記事:結局ドローンってどこで飛ばせるの?初心者が誤解しがちな航空法と飛行場所を徹底解説!【2016年版】

東京都には「人口密集地域(DID地域)」が多すぎる。

まさにこれが東京でドローンを飛ばせる場所が少ない最大の理由になりますが、「航空法」では、人口密集地域では飛行許可ななくドローンを飛ばすことは禁止させられています。

また「飛行許可申請」を取得するにも、ドローンの操縦訓練を「10時間」以上する必要があるため、その練習すら行うことが困難なのです。

実際に東京都の人口密集地域を見てみよう。

人口密集地域の調べ方は簡単です。「SORAPASS」を使いましょう。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

上記が「SORAPASS」により、東京都を見た場合の地図です。

なんとなくわかると思いますが。この赤い部分が「人口密集地域」でドローンを飛ばすことができないエリアです。

東京都全域はほとんどドローンを飛ばせないということがわかりますね。

ちなみに、「円形の緑色」部分は「空港」や「自衛隊基地」を始めとする重要施設であり、このエリアでもドローンの飛行は禁止されております。

さて、「東京=ドローンを飛ばせない」で済ませても、意味がありませんので、なんとかドローンを飛ばせる場所を探していきます。

「SORAPASS」をよく見ると、多少赤くなってない部分があります。

これまで「ドローンの飛行可能な場所の探し方」でもお伝えしてきましたが、河川敷付近になりますね。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

さらに多摩市の付近を見てみましょう。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

「多摩川」の河川敷で、なんとか人口密集地域でない部分を発見しました。

ただこの地図上ではそこがどんな場所か分からないので、「Googleマップ」を活用して実際に見てみましょう。

Googleマップで南多摩駅を検索します。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

そこから「Googleストリートビュー」を活用して実際にその場所まで行ってみます。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

橋の上から、西側を眺めてみると

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

なんかいい感じの「河川敷」が見つかりました。

ここならドローンを飛ばせそうな感じですね。

ただし、この地図から見ている橋の部分は、人口密集地域にあたり、橋の下でドローンを飛ばすことは禁止されています。

また見えている風景もギリギリ境目となる部分なので、もう少し離れた場所でベストなポジションを見つけるといいのかもしれません。

もう一箇所くらい探してみます。

今度は「八王子エリア」を調べてみます。

「SORAPASS」で調べてみると「浅川の河川敷」もなんとかドローンを飛行できそうですね。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

実際にGoogleマップで見てみましょう。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

ドローン規制が厳しい東京都なんとか飛行可能な場所を探してみた。

なんとか飛ばせそうな場所を見つけることができました。

ただ「人口密集地域」ではないにしろ、「住宅街」っぽいので飛行させるにはそれなりに気を使うべきですし、あくまでドローンの基本練習程度と割り切って、高い位置にドローンを飛行させることは避けたほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京都は、ドローンにとって非常に肩身の狭い都市ですが、飛行できる場所を探すことはなんとか可能です。

今回は簡易的に、「SORAPASS」と「Googleマップ」を活用して、ドローンを飛ばせそうな場所を簡単にピックアップしただけですので、実際に飛ばそうと思った場合は、「人口密集地域」以外にも本当に「航空法」に抵触してないか事前に調査した上で、ドローンを飛ばしてくださいね。

場所によっては「公園」になっており、その公園を管轄している区の許可が必要だったりします。

あくまで「自己責任」であなただけのドローン練習ができる場所を見つけて見てください。

また、ドローンの操縦練習ならば、「航空法」の規制対象外である「200g以下のホビードローン」で練習することがおすすめです。

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

東海空中散歩オンラインショップ|購入したドローンの予備バッテリーを1個プレゼント

東海空中散歩オンラインショップはDJI正規販売代理店です。 ただいまキャンペーン中で、ご購入のドローンに専用バッテリー1個をプレゼントさせていただいています。 Mavic PROは10584円相当の専用バッテリーを、phantom4Proであれば、20000円相当の大容量バッテリーをプレゼント!! 他にも、東海空中散歩ならではのサービスあり!
東海空中散歩オンラインショップ|購入したドローンの予備バッテリーを1個プレゼント

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

コメントする。

*
*
* (公開されません)