世界中の空を共有する|ドローンビジネスの可能性【VR✖️ドローン】

世界中の空を共有する|ドローンビジネスの可能性【VR✖️ドローン】

ドローンビジネスの可能性【VR✖️ドローン】

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

今回は「今後のドローンの未来」について思いついたことがあったのでお話します。

以前にもお話しましたが、今後世界中で広がりを見せる事業として、「ドローン」「VR」「AI」の3つがあることをお伝えしました。

単体の技術だけでもそれぞれ、想像もできないような未来へ連れて行ってくる可能性がありますが、ドローンとVRが組み合わさることで、今まで体験できなかったことが可能になります。

つい先日、DJI社より「Mavic PRO」が発売されました。

Mavic proはPhantom4の性能そのままにコンパクトにした最強ドローン【旅のお供に最高】

その中でドローンとVRをつなぐ『DJI ゴーグル』というものも発表されました。

世界中の空を共有する|ドローンビジネスの可能性【VR✖️ドローン】

これにより、ドローンならではの、まさに鳥になったような気分「バードビューウォッチング」が楽しめます。

VRの技術の高さ

https://youtu.be/PLNLjffjTdU

プレイステーションVR|人は遂に仮想現実の中で遊ぶことができるようになった。

インターネットの延長線上にあるドローン

私がドローンを始めるきっかけになった高城剛さん曰く

「ドローンにはこれから大きく2種類分かれていくことになる。
それはインターネットの延長線上にあるか、そうでないか。」

ドローンは「空を飛ぶスマホ」

と比喩されるくらい、その内部構造は、「スマホ」に近いものがあります。

約10年前にはまさかポケットにこれだけこ型の「インターネット」を持ち歩くことなど考えてみなかったはずです。

それが今では空を飛ぶようになってしまった。

空中は、本来では人が気軽に足を運べない場所です。

それがドローンの進化で簡単に空中に足を運べるようになった。

VRの技術進化でまさか本当にそこに行ったような気分を体感できるようになった。

そこに現在の「インターネットの技術」が加わると、さらに加速する。

世界中に飛んでいるドローンの映像を、VRのゴーグルをかけてユーザーが自由にその景色を見ることができるようになったらすごいことではないか?

世界のどんな場所にいても、地球の反対側の景色を空を、まるで鳥になったような気分で体感することができるようになったら本当にすごいことだと思います。

すでに誰かが考え、実行に移しているであろうことでしょうが、時代はどんどん進んでいきます。

まだ誰も行ったことのない世界へ

世界中に広がる美しい景色が

https://youtu.be/TwsdI1z2ad4

ドローンとVRを使うことでまるで本当にそこに行ったような気分になる。

バリ島のドローン空撮

夫婦で世界一周をしながらドローン空撮

 

ドローンは「空」だけでなく、いろんな技術と組み合わさることで、今までみたことのない景色に連れて行ってくれるのかもしれません。



スポンサーリンク






世界中の空を共有する|ドローンビジネスの可能性【VR✖️ドローン】

よかったらシェアしてね〜!

DRONE WALKERおすすめのドローン

初心者ならまずは200g未満のドローンから始めましょう!

➡︎ドローン入門は200g未満の1万円前後がおすすめ!

空撮用ドローンは DJI社がおすすめ

➡︎大人気DJIおすすめドローンベスト5&3倍得する購入方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

DRONE WALKER 編集長 1984年3月28日生まれ。愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から日本の魅力を世界中に発信していきます。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。