空中散歩|日本一わかりやすいドローン専門メディア

日本一わかりやすいドローン専門メディア

Mavic pro

【ドローン入門】これからドローンを始めるならMavic PROを選ぶべし!【2016年版】

【ドローン入門】これからドローンを始めるならMavic PROを選ぶべし!【2016年版】

2016年10月ドローン元年|今買うべきドローンはこれだ!

【ドローン入門】これからドローンを始めるならMavic PROを選ぶべし!【2016年版】

どうも東海空中散歩の吉武穂高です。

今回は、『2016年10月現在、今からドローンを始めるならこれだ!』

をテーマにお話していきます。

何はともあれ、まずはホビードローンから始めるべし!

200g未満ドローン

まず大前提として、ちょっとした趣味のためでも、ゆくはドローンを仕事にしたい方でも、はじめは「200g以下のホビードローン」から始めたほうがいいです。

理由は、2つあって

1:ドローンに不慣れな状態で高価なドローンを飛ばすと墜落のリスクがある。
2:そもそもドローンがあなたに向いているかどうかわからない
3:ドローンに関する法律などを知らないため

ためです。

ドローンは「必ず墜落のリスク」があります。

ドローンに不慣れな状態で、いきなり高価なドローンを扱うと墜落のリスクは高まります。

またいきなり高価なドローンを購入しても、あなたが思っていたイメージと違ってすぐに飽きてしまう可能性もあります。

また、ドローンは国土交通省により定められて「航空法」の制限を受けるため、飛行場所は限られております。

そのため、初心者がいきなり、phantomやMavic PRO(マーヴィック プロ)などの機体を購入しても、「どこでドローンを飛ばしていいかわからない」また「航空法の存在を知らずに法律を違反してドローンを飛ばしてしまう。」といった事態になりかねないためです。

そのため、ドローン初心者はまずは、200g以下のホビードローンから選びましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ホビードローンに慣れたらいよいよ本格モデルに!

ドローンへっぽこ訓練日記 2016年7月20日

ではドローン1台目のホビードローンである程度感覚をつかんでくると、だんだん本格的なドローンが欲しくなってきます。

ドローン入門者にとってホビードローンははじめ、「うお〜、ドローンすげ〜!!まじで空飛ぶやん!」
と思いますが、すぐに物足りなくなってきます。

そしてその後、「phantom4」などの本格的なドローンを操縦すると、「ホビードローンはまじでホビーだったんだ。」と納得するくらい性能に差があります。

【2016年10月現在】性能・便利さ・コンパクト・価格全てにおいて群を抜いているのが、断然「Mavic PRO(マーヴィック プロ)」

Mavic PROのバッテリー価格はphantom4の半額|この差は大きい

ここ最近、Mavic PRO(マーヴィック プロ)の記事ばかり取り上げていますが、これ本当にオススメです!!

phantom4が15万円以下に値下がりした時点で、相当すごいと思ってましたが、このMavic PRO(マーヴィック プロ)はさらに凄い!

 

カメラ性能・バッテリーの持ちは「phantom4」とほぼ同じでありながら、価格はぐっと安く、500mlのペットボトルサイズに収まってしまいますので、もう本当に素晴らしいの一言です。

Mavic proはPhantom4の性能そのままにコンパクトにした最強ドローン【旅のお供に最高】

以前にも別記事に上げておりますが、2016年現在、どう考えてもこのMavic PRO(マーヴィック プロ)が全てにおいて群を抜いている素晴らしさなのです。

またドローンの必需品である「予備バッテリー」の価格もphantom4と比較すると半額ですので、ますますコスパの良いドローンと言えるでしょう。

GO PRO初の「KARMA」と比較して

GoPro初のドローンKarmaが発売。安全性でMavic proがおすすめかな。

また2016年10月中旬にはアクションカメラメーカーの「GO PRO」から初の専用ドローンである「KARMA(カルマ)」が販売されますが、それと比較しても、ダントツでMavic PRO(マーヴィック プロ)のほうがオススメです。

詳しくはこちらの記事にも書いてありますが、

機体の価格差として「KARMA」は「9万円」とMavic PRO(マーヴィック プロ)と比べると、約3万円の開きがありますが、ドローン初心者にとって必ず欲しい「安全性」の機能について不明点が多すぎます。

詳しくは上記の関連記事にも書いてありますが、

・リターントゥーホーム機能
・障害物自動回避機能
・高度なセンサー

などの安全性の面や機体の精密さで、現時点でどう考えても、ドローンの世界シェアナンバー1に太刀打ちができないためです。

唯一心揺さぶられる点は、ドローンとカメラを切り離して使用できる点。

これは本当に素晴らしいです。

「GO PRO」のカメラが絶対欲しい!からの延長上。

+4万円払うことによってドローンの機能もつけてもいいよ!ということから入れば十分に買う価値があるのかなと思います。

「KARMA」に関しては、今回あくまで初のドローンなので、ここから「GO PRO」のごとくモデルチェンジを繰り返していくことで、どんどん機能・性能が良くなっていくと思います。

アウトドアブランドらしく、「雨」などの悪天候でも飛行できるドローンなんか作ったら最高だと思います。

本当に事業用として使いたい場合は、Phantom4やインスパイア1も含めて検討したほうがいいかも

インスパイア1かphantom4でお悩みの方へ。数値には表れないスペックを徹底的比較してみた!【ドローン購入ガイド】

もう完全に「大人の趣味」としては、間違いなくMavic PRO(マーヴィック プロ)を選んで間違いない買い物ですが、もしドローンを「空撮業務」など本格的な事業用として使用したい場合は、もう一つランクが上の「Phantom4」や「インスパイア1」も含めて検討すべきです。

理由は「機体の安定性」

Mavic PRO(マーヴィック プロ)も高度なセンサーを搭載し、機体の安定性は全てのドローンの中でかなり高いレベルですが、懸念点は機体重量が約700gと軽すぎる点になります。

ドローンは本当に風の影響を受けやすく、ドローンを仕事として、確実な安定性を求めるのであれば、phantomやインスパイア1は視野に入れて検討しましょう。

phantom4とインスパイア1に関してはこちらで機能の差を比較していますので、参考にしてもらえればいいかと思います。

一言で言えば、

個人のみで解決出来る空撮業務であれば、phantom4

複数の人との関わりがあって、さらなる安全性・安定性を求めるならば、インスパイア1

といった感じになります。

もちろん、Mavic PRO(マーヴィック プロ)も事業用として使用するには十分すぎるドローンになります。

まとめ

これは斬新!parrotの新作「Swing」がスターウォーズのxウイングすぎる!

いかがでしたでしょうか?

私自身、はじめMavic PRO(マーヴィック プロ)が出たときは「ふ〜ん」とぐらいにしか思わなかったですが、その性能と利便性を考えれば考えるほど、どう考えてもMavic PRO(マーヴィック プロ)が2016年10月現時点で、最高の性能と利便性・コストパフォーマンスを誇っているとしか言えないのです。

今、Parrot社やGo PROなど各社から独自路線のドローンが販売されておりますが、ここ半年のドローン市場を見ても、どんどん機体の小型化・高性能化そして価格もどんどん安くなっています。

これからドローンに興味を持つ方がどんどん増えていくことが予測されますので、どんどん時代は加速していきますね〜!

これからもドローンから目が離せません。

The following two tabs change content below.
1984年3月28日生まれ 愛知県出身。静岡大学工学部卒業。 地元愛知県で消防職員として勤務し、30歳で独立。 「楽しいまちづくり」をモットーに防災事業・ドローン操縦士・カメラマン・ホームページ製作・ブロガー・作家として幅広い分野で活躍中。 作家として、速読技術を活用し年間200冊以上の本を読むことで幅広い分野に精通し、独自の視点から様々なジャンルの書籍を出版。 当サイトでは、ドローンの専門情報をメインに、最新テクノロジー(VR・AI・暗号通貨)や起業術(ネットマーケティング・ウェブライティング・メディア戦略)・Kindle書籍出版から東海地方の魅力ある情報発信などを行っております。 お仕事の依頼やお問い合わせは、「hodaka8866@gmail.com」もしくは「Facebookメッセージ」が一番早くて繋がりやすいです。

東海空中散歩オンラインショップ

東海空中散歩オンラインショップはDJI正規販売代理店です。 東海空中散歩ならではのサービスあり!
東海空中散歩オンラインショップ

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!

これからドローンを始める人必見!2016年下半期最新のDJI社のドローンがわかる!
2016年はドローンラッシュ! 最新のDJI社のドローンを解説しております。 Mavic PRO・Phantom4Pro・Inspire2などの最新機種を解説! 例のごとく「Kindleアンリミテッド登録者」なら「無料」で読むことができます。 12月12日17:00まで、無料でダウンロードできます。 この機会をお見逃しなく!!

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

電子書籍「ドローン起業術シリーズ」はAmazonにて好評販売中です。 第1巻と2巻に関しては、ドローンを仕事にする上で、必要な「知識」と「技術」「資格」を取得するための内容でした。 第3巻では、いよいよドローンを仕事にしていくための「ビジネスモデル構築術」について紹介しています。 第1巻と2巻の、大部分は「このサイト」の内容を追記・編集した内容になっていますが、第3巻に関して、大部分は、「電子書籍にしか」掲載されてない情報になっております。 月額980円のKindleアンリミテッドに登録の方であれば、「無料」でお読みいただくことができます。 ぜひドローンで「起業」したい方に読んでほしい1冊です。 特別に「魂」を込めて、書きあげました。

新しい時代、未来を切り開くのはいつだって気概を持った起業家の存在がある。

電子書籍にしか載せてない情報あり!Kindleアンリミテッド登録者なら「無料」で読むことができます。

コメントする。

*
*
* (公開されません)